fc2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

神原川本流 in 大分県竹田市

さて今回は 『 神原(こうばる)川本流 』 をお送りします。

ここは祖母山の北東面を流れる河川で,源流域にはアラト谷,神原本谷,マンリョウ谷などを沢登り対象の沢を抱えています。沢登りは上流部だけではないので,今回,車で通るたびに気になっていた中流域を遡行してきました。これが予想以上のものだったのです。ちなみに河川の読みについてですが,「原」と書いて「はる,ばる」と読むのは九州地方ならではです(前原,田原坂,西都原など)。国内の他地域ではほとんど見られません。

ではどうぞ。

P8040006j.jpg     P8040012j.jpg
左:車道をそれ川に降ります。のっけから泳ぎで始まります。今日もよろしくお願いします。

右:50m程泳ぎ河原へ。少し歩くと,

P8040013j.jpg     P8040014j.jpg
左:まるで石並川のようなゴルジュの登場。

右:泳いで突破したところから振り返ります。いきなり素晴らしい区間でした。

P8040015j.jpg     P8040016j.jpg
左:さらに上流へ進みます。

右:するとゴルジュのどん詰まりには4m斜滝。この水量でもこれは越えられそうにありません。側壁をよじ登って脱出します。

P8040024j.jpg     P8040027j.jpg
左:すると平和な平流へ。地底から地上へと抜ける感覚です。
右:凝灰岩を抉った水路が散在しています。

P8040030j.jpg     P8040037j.jpg
左:水浸食が進んだ結果,側壁は高くなります。
右:凝灰岩帯でよく見られる柱状節理も小規模ながら発達しています。

P8040040j.jpg     P8040044j.jpg
左:河原や
右:トロ場。どんどん進んでいきます。

P8040049j.jpg     P8040053j.jpg
左:川に架かっている小橋を越えると,
右:最終区間に入ります。

P8040055j.jpg     P8040059j.jpg
左:大きな支流が右から2m滝となって出合う。この辺りまで来ると水温が低くなるのがはっきりとわかります。

右:水もきれいになってきます。

P8040061j.jpg     P8040067j.jpg
左:そして最後の難所にさしかかります。この造形は純粋に凄いと思います。本家の石並川にも勝るとも劣らない。

右:50m程泳ぎましたが,最後の幅2mの水路部が越えられません。なので側壁をよじ登り脱出。すぐ上に道路があるので安心です。

P8040071j.jpg     P8040072j.jpg
左:大詰めは素晴らしい平流部。地底から地上へ・・・いや~何とも愉悦に溢れている区間です。

右:こんな広々としたナメ帯も出てきて,高揚感と同時に安寧をもたらしてくれます。やっぱり沢は最高です。

P8040079j.jpg     P8040083j.jpg
左:締めはどうしても今日行きたかった塩湯。

右:さっきまで山にいたのに,今は海を眺めながら湯に浸かります。山から海へ,この振れ幅が転地効果となって心身に良いのです。

という感じで今日の遡行も終了。また一つ新たな発見があり感謝です。

今日,遡行した印象ではここは「祖母の石並川」という感じで,泳ぎが頻繁に入るので,猛暑日などにはうってつけの沢だと思いました。今回は減水気味でしたので楽に水線を辿れましたが,増水した時などはさらに面白くなりそうな感じです。沢登りと聞くと,どうしても上へ上へと視線が行きがちですが,下の足元にも探せば興味深いものがあるものです。

お盆の南アルプス・赤石沢まであと1週間。18kgの荷物を担いで16km走るボッカランも無事終了し,いよいよ準備段階に入ります。今夏は天候も含め,いけそうな気がしているので,あと1回沢を登って調整していきたいと思います。予定では,赤石沢遡行後,聖岳~茶臼小屋経由で縦走をして下山する予定です。運がよければTJAR(トランスジャパンアルプスレース)に出ている後続の選手に会えるかもしれません。これを書いているそばからワクワクしてきました。

★次も沢をお送りします。

スポンサーサイト



沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |

蓑谷川 in 熊本県湯前町

さて今回は 『 蓑谷(みのたに)川 』 をお送りします。

この谷は,宮崎県との県境に位置する湯ノ原山の北西面を流れる谷になります。谷沿いに林道がない区間が長めなので,気になる谷でした。今回はどんな遡行になるのやら,期待が高まります。

ではどうぞ。

P7240002j.jpg     P7240005j.jpg
左:出だしは広い河原から。今日もよろしくお願いします。
右:明らかに増水しているので,楽しみです。

P7240006j.jpg     P7240011j.jpg
左:谷幅が狭まり右に曲がると,8m斜滝の登場。水量が多いので迫力あり。

右:中流域はこのような廊下帯が基調のようです。

P7240014j.jpg     P7240015j.jpg
左:10m緩滝。

右:そしてゴルジュ帯へ。巻くと大変なので泳いで中を突破していきます。

P7240029j.jpg     P7240033j.jpg
左:ゴーッという水音も慣れてくれば心地よく感じるようになってきます。

右:ゴルジュを抜けると滝場。まずは8m滝。

P7240036j.jpg     P7240039j.jpg
左:次に10m滝。

右:そして8m滝。飛沫を浴びながら水線を攻められるので面白い。

P7240043j.jpg     P7240044j.jpg
左:たまには見下ろしてみます。

右:最後は10m斜滝。この区間は水を浴びながらの,まさに夏の沢登りができました。

P7240046j.jpg     P7240048j.jpg
左:滝場の後の平流・・・これにはいつもやられます。
右:直線的な水路。印象深い造形でした。

P7240051j.jpg     P7240053j.jpg
左:徐々に源流域へ入っていきます。

右:この頃になると思考は停まり,勝手に手足が動くようになります。

P7240056j.jpg     P7240062j.jpg
左:いい感じの森を抜けて水が流れています。

右:そして林道へ。いや~面白い沢でした。ここからはお決まりの下山ラン。今日も10km以上は走れそうなので楽しみです。

P7240063j.jpg     P7240070j.jpg
左:林道を経て横谷峠へ。熊本県と宮崎県とを結ぶ,かつての峠道です。

右:約5.5kmで横谷トンネルへ下りる。そこからはいつも車で通る219号線を5km下り,さらに1.5km走れば帰着。今日は気温が28度程度でしたので,涼しく感じたランでした。

という感じでした。蓑谷川は河原,ゴルジュ,滝場,平流などなど沢の要素が程よくちりばめられており,飽きずに遡行ができました。これでまた一つ,未知だった沢を解明でき,それが何よりです。

さて,お盆の赤石沢が近づいてきました。残り2~3本の遡行と重荷でのボッカランをおこない,本番へ備えたいと思います。3年越しの悲願ですので,徐々に思いが強くなっています。

★次も沢をお送りします。

沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |

黒仁田谷 in 宮崎県日向市

さて今回は 『 黒仁田谷 』 をお送りします。

この谷は尾鈴山系の神陰山から北東に延びる尾根に食い込む谷の一つで,熊山の東面を流れる谷になります。どこも雲行きが怪しい中,日向市近辺はそこまで悪くはなさそうだったので遡行してきました。

ではどうぞ。

P7180001j.jpg     P7180010j.jpg
左:今日もよろしくお願いします。
右:河原からいきなりのゴルジュ状に。この豹変ぶりは期待できる。

P7180011j.jpg     P7180014j.jpg
左:7mY字斜滝。いい感じです。

右:10m斜滝と釜。ここは泳いで登ります。夏の沢は泳ぐに限ります。

P7180021j.jpg     P7180023j.jpg
左:今日は一日曇りの予報だったのに日が射してきました。ありがたいことです。

右:6m斜滝と大釜。ここも泳ぎ。尾鈴の沢は,斜滝+釜を泳いで取りつくパターンが特徴的です。

P7180026j.jpg     P7180029j.jpg
左:岩間に滝が見え始めました。

右:近寄って一枚。ちょうどよいタイミングで日が射し陰影をつけてくれます。2~30mの岩壁に囲まれた井戸底に降り注ぐ滝水。実に素晴らしい光景です。

P7180032j.jpg     P7180033j.jpg
左:この地形の出口は幅2mほどの水路のみ。閉塞感の高い井戸底です。

右:この滝を正面から。あまりの飛沫の多さにレンズが乾く暇がありません。

P7180039j.jpg     P7180042j.jpg
左:巻く前にもう一枚。いや~ここは実に興奮させられた滝でした。
右:滝上部の写真を撮るために右巻きで滝頭を目指します。

P7180045j.jpg     P7180047j.jpg
左:そして落口へ。結局,ここは36mの滝でした。もちろん黒仁田谷で最大の滝です。

右:滝上も泳ぎ場が続き,楽しませてくれます。

P7180058j.jpg     P7180059j.jpg
左:15m斜滝も釜を泳いで取りつきます。
右:滝で出合う二俣。左へ。

P7180061j.jpg     P7180066j.jpg
左:観賞用の6m斜段滝。

右:4mスダレ滝。上流でもこのようなスダレ系の滝が連続しているので飽きさせない。

P7180073j.jpg     P7180081j.jpg
左:源流域は急傾斜。トレーニングよろしくせっせと詰め上げます。

右:すると尾根へ。ここから右手の熊山を目指します。ここと熊山の位置関係を撮った写真があとから出てきます。

P7180082j.jpg     P7180087j.jpg
左:小コブを上下しながら熊山へ。
右:西隣のコブには中継塔あり。

P7180090j.jpg     P7180091j.jpg
左:中継塔からひと下りで七曲越へ。
右:帰りは林道ラン。

P7180097j.jpg     P7180100j.jpg
左:先ほどの詰め上げた場所と熊山の位置関係が見て取れる写真。楽しい沢をありがとう。

下山は黒仁田谷の右岸にある道を辿ろうと思っていましたが,上部からして凄い荒れようだったので,遠回りになりますが車道を使うことに決めます。

右:尾根を挟んで入渓地の反対側にある,冠岳登山口。

P7180101j.jpg     P7180104j.jpg
左:そして耳川沿いまで降りてくる。ここまで約11km。

右:さらに耳川を8kmほど走ればおしまいです。熊山の北尾根があんなに霞んでいますが,千里の道も一歩から,です。何十キロだろうと終わりのないランはない。

ということで今日も無事下山に感謝です。

黒仁田谷は予想以上の沢でした。大きな見せ場は少ないですが,小滝を泳いでシャワーで登るという尾鈴スタイルで楽しむことができました。核心の36m大滝も周囲の造形と相まって高さ以上の良さがあったと感じます。下山も予定外で19kmくらい走りましたが,良いトレーニングになりました。本来なら七曲越から百姓逃散の道を下れれば1時間ほどでしょうが,道がどうなっているかが不明ですので今回は見送りました。

沢もいよいよ夏本番,今後は泳ぎの沢も視野に入れていきたいと思います。

★次も沢をお送りします。

沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |

楮木川 in 熊本県球磨村

さて今回は 『 楮木(かじき)川 』 をお送りします。

ここは球磨川の右岸支流の一つで,球磨川との出合にある楮木集落から川名がついています。楮木とは「こうぞのき」のことで,春先に咲くミツマタなどと同じく和紙の原料の一つです。集落名もおそらく,こうぞの植生や栽培からの命名だと思われます。

好天のもと,新たな発見や気づきを求めて,流れを遡ります。

ではどうぞ。

P7100003j.jpg     P7100007j.jpg
左:ここからスタートです。2日前の雷を伴う局地的大雨の影響で,球磨川本流も各支流も増水しています。

右:今日もよろしくお願いします。

P7100009j.jpg     P7100016j.jpg
左:最初の河原を歩いていくと突然,川幅が収束し,「門」が現れる。
右:緩い流れですが,この水量では水線沿いにはいけません。

P7100020j.jpg     P7100021j.jpg
左:狭場を越えると川幅が一気に広がる。まるで東北の沢のような景観です。
右:いや~のっけからこれだとここは当たりかも。

P7100024j.jpg     P7100030j.jpg
左:雄大な河原歩きの後にはこれ。これまた急速に川幅が狭まり,ゴルジュ帯へ。この豹変さには驚きと喜びとが入り混じります。20m先の川辺ににたどり着くのに左の斜面を標高差で50mほど登り下りる。今度は水量が少ない時に,ゴルジュ通しで遡行してみたい。

右:ゴルジュはなかなか途切れることなく続きます。

P7100036j.jpg     P7100037j.jpg
左:少し進みやすくなったかと思えば,
右:また狭くなり通過困難に。

P7100040j.jpg     P7100047j.jpg
左:ゴルジュの奥にあった5m滝。水量が多くて釜が洗濯機状態。

右:長かったゴルジュからようやく解放されてきました。結局,このゴルジュは長さ約400mで増水時は水線沿いの遡行が困難になるものでした。ここだけでも今回の遡行は当たりです。これほどの長さのゴルジュはそうそうあるものではありません。

P7100055j.jpg     P7100056j.jpg
左:夏の暑い日には沢が一番です。

右:川が開けた場所で出会った子猪。せっかくなので意思疎通を図ります。日本語や英語で色々と話しかけますが,耳をそばだてて動じずに聞いています。次に得意のニャン語で「ニャ~」と言った瞬間,一目散に藪の中に駆け込んでいきました・・・。ネコって天敵?

P7100060j.jpg     P7100067j.jpg
左:この辺からは傾斜も緩み,河原歩きでどんどん遡行していきます。

右:左岸(右手)の土砂の堆積は2年前の球磨川水害の時のものでしょう。現在の川床から2.5m程の高さがあります。この上流域であれだけの高さまで土砂が出たとなると,災害時は相当だったと推察されます。

P7100073j.jpg     P7100075j.jpg
左:右に左にルートを探しての遡行が続きます。

右:6m滝。右上に平岩があったので,そこで昼寝をしていきます。人間がうるさく耳障りだとと感じるのは人工的な音に対してなので,滝の轟音が響きますが気にならずに寝れるものです。

P7100083j.jpg     P7100090j.jpg
左:さて遡行再開。水量もだいぶん落ち着いてきました。
右:徐々に傾斜が出てきます。

P7100091j.jpg     P7100092j.jpg
左:岩間の5m滝。

右:こちらも岩間の6m滝。ここは突っ込んでのシャワークライミングです。全身びしょ濡れで暑さ知らず。

P7100096j.jpg     P7100101j.jpg
左:そして今回の終点,布ヶ滝30m。

右:すぐそばに車道が通っており,球磨村の名所になっているようです。川を横断する断層部に懸っているヒョングリ型(滝の途中で水が跳ねる)の滝です。

P7100111j.jpg     P7100116j.jpg
左:帰りはいつものラン。現在,楮木川右岸の道は復旧中で,まだ時間がかかるようです。

右:滝から走ること約6km,球磨川沿いまで下ってきました。

という感じでした。今日も無事下山でき感謝です。

ずっと遡行候補でやっと遡行の運びとなった楮木川でしたが,下部の東北河原,ゴルジュ,それと布ヶ滝など予想以上に見どころがあり良かったと思います。2年前の水害の影響で川にはいろんな人工物が流れ込んでおり,目に障りますがそれも現実。様々なものが混交して今の楮木川があります。下部ゴルジュは水量が減った状態で遡行してみたいと思います。

最近はどこの沢に入っても,途中から場所に対する意識がなくなり,「あれっ,ここはどこの沢だっけ?」と思うことが常態化しています。今までにはなかった感覚なので戸惑いも少しはありますが,水,空気,お日様,森,生き物,そして自分があれば沢登りはどこでもできるんですよね。便宜上でしかない沢の名前やグレードにとらわれる必要はないのです。それらにとらわれているうちは,自然という自由な空気の中にありながら,自らを束縛した遡行をしているのに等しい。

自分で遡行先を見つけ出し,実際に足を運び,六感で沢を,いや,その場の自然のあり様を感じとる。そして自分をそれらに合わせて遡行していく。自分を解放し外界から入ってくる何事をもそのまま受け止める。判断はしない,あるがままを体感するのみ。そんな沢登りを今後も続けていきたいと思わされた楮木川でした。

★次も沢をお送りします。

沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |

藤田谷川・右岸第一支流 in 熊本県五木村

さて今回は 『 藤田谷川・右岸第一支流 』 をお送りします。

ここは川辺川の左岸から流入する藤田谷川の支流にあたり,本流との出合から標高差で約200m区間が急峻で,滝場を見越しての遡行になります。台風4号が接近する中,予想ほど雨は降っていなかったので,遡行してきました。

ではどうぞ。

P7040004j.jpg     P7040006j.jpg
左:まずは本流に降り立つところから。今日もよろしくお願いします。

右:さっそく支流に入り込みます。

P7040007j.jpg     P7040010j.jpg
左:するといきなり大きめの滝が視界に入ってきた。やっぱりあったね。

右:スダレ状の27m二段滝。なかなかの滝です。

P7040012j.jpg     P7040014j.jpg
左:滝頭にて。今日は楽しくなりそうです。
右:10m斜滝。

P7040015j.jpg     P7040016j.jpg
左:6m滝。
右:8m滝。小ぶりながら滝が連続して息つく暇がありません。

P7040020j.jpg     P7040023j.jpg
左:10m斜滝。

右:そして15m直滝。これは見応えのある滝でした。滝はやはり垂直に落ちてくるに限ります。

P7040026j.jpg     P7040033j.jpg
左:どうやらここまでがメインの滝場のようで,ここからは地形が緩み始めます。

右:6mヒョングリ滝。もちろん水浴びで水線突破です。

P7040045j.jpg     P7040046j.jpg
左:いったんは落ち着きますが,
右:再び小滝の連続。これは5m滝。

P7040048j.jpg     P7040050j.jpg
左:4m滝。

右:奥に6m滝,手前に5m滝。いや~滝場がこれほど続くとは,何とも面白い限りです。

P7040057j.jpg     P7040061j.jpg
左:そして作業道へ脱出。短いながらも充実した遡行でした。

右:下山は林道ラン。途中,子鹿に遭遇。親とはぐれてしまったのだろうか。何とも愛らしい表情で近寄ってきたので,一緒に林道ランを楽しみます。

子鹿・・・と言えばバンビという言葉が連想される人も多いと思います。英語で子鹿は fawn(フォーン)といいます。バンビはディズニー映画に出てきた言葉で,今ではそれが子鹿の意味で浸透しています。ダンボと言えば象を想起するのと同様です。

という感じでした。途中で雨が降ってきたものの,それを忘れさせてくれるくらい集中できた沢でした。

五木村界隈の沢では,地質的な性質上,40mを越える滝は見出すことが難しく,25~35mが上限の相場になっています。このクラスの滝と出会えること自体,あまりないことですので,そういう意味で今回あった27m滝は,それなりの収穫になりました。今夏は梅雨が短かったので水量を心配していましたが,台風のおかげで増水気味だったので,何よりでした。

今年のお盆は南アルプスの赤石沢を遡行予定ですので,残り約1か月,質を上げた遡行をおこなっていきたいと思います。アプローチの畑薙第一ダムから椹島までの19kmも走る予定ですので,20kgの荷物を背負った20km坂道ランも昨年同様,練習していきたいと思います。2019年から計画して2020年,2021年と台風や悪天で流れてきたので,今年こそは,と必遡行を期す次第です。

★次も沢をお送りします。

沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT