九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

緑川本流・久保の息谷(仮称) in 緑川 〔熊本県山都町〕

さて今回は,緑川本流を9年ぶりに遡行してきました。

前回は,三方山まで詰めたので,今回は地形図上の久保の息に詰める予定です。最近は雨が少なく支流は水量が少ないので,水量豊富な本流を遡行してきました。

ではどうぞ。

P6180002e.jpg       P6180004e.jpg
左:まずはここから。
右:出だしはゴーロ。森や苔の緑がよく映えている。

P6180007e.jpg       P6180009e.jpg
左:最初の関門。赤線をへつって突破。無理なら,右手の岩場を巻いても行けます。

右:凝灰岩,石灰岩,砂岩,泥岩と様々な石が転がっている。

P6180011e.jpg       P6180013e.jpg
左:そして釜を持つ5m滝。右から巻く。
右:徐々に美しくなってくる渓。

P6180015e.jpg       P6180019e.jpg
左:3m二条斜滝。ここは左の岩場をクライム。出だしが垂壁ですが,ホールド・スタンスはしっかりしています。

右:やっぱり本流は水量豊富で良い。

P6180021e.jpg       P6180022e.jpg
左:8m斜スライダー。

右:モミ谷(左)との二俣。ここからが核心部のゴルジュ帯。

P6180031e.jpg       P6180033e.jpg
左:5m滝。左巻き。
右:ゴルジュは徐々に深くなってくる。

P6180037e.jpg       P6180039e.jpg
左:こんな小滝や・・・
右:8m斜ひょんぐり滝を越えていく。

P6180040e.jpg       P6180044e.jpg
左:そして前回失敗した場所。ここは,赤線のように泳いで取り付くか,右の岩場を登るか。右の岩場にはトラロープがありますが,これにつかまって登るとうまく登れないので,ホールドスタンスを探して登ります。安易に左を巻き始めると険しい岩場に阻まれ,なかなか復渓できません。

右:次第に両岸が開けてくる。

P6180046e.jpg       P6180053e.jpg
左:ゴルジュ帯が終わると開放感あふれる中での遡行ができます。
右:左岸崩壊地の先にある緑川ヒトマタギ。

P6180055e.jpg       P6180057e.jpg
左:ルンルンで歩いていくと・・・
右:まだこんな小滝も出てきます。

P6180060e.jpg       P6180063e.jpg
左:透明感あふれる釜に感動。
右:さっきまでの険しさはなりをひそめ,快適に遡行。

P6180066e.jpg       P6180067e.jpg
左:4m滝や,
右:7m滝を眺めていく。

P6180068e.jpg       P6180072e.jpg
左:するとほどなく林道へ。今は全く使われていないので,自然に還っている最中です。

右:2m蝶型滝。この形状の滝にはやっかいなものが多い。この後,すぐ右から出合うのが久保の息谷。出合いには7m斜滝が懸かっています。

P6180074e.jpg       P6180076e.jpg
左:5m滝。水を浴びながらのシャワークライム。

右:源流を目指しせっせと詰めて行きます。

P6180079e.jpg       P6180081e.jpg
左:市房の谷の源流のような疎林。
右:なんかいい感じになってきた。

P6180085e.jpg       P6180087e.jpg
左:するとこんな場所が登場。何ですか,これは!実に素晴らしい!
右:あ~通り過ぎるのがもったいなさすぎる。ここに泊まっていきたい。

P6180090e.jpg       P6180095e.jpg
左:振り返ると向坂山が見える。

右:ここは緑川エリシオンと名付けよう。こういう予想外の発見が,遡行をひと際印象深いものに仕上げる。

P6180096e.jpg       P6180097e.jpg
左:まだまだ天国源流は続く。
右:徐々に細くなるが,ヤブが全くないので実に爽やか。

P6180101e.jpg       P6180106e.jpg
左:そして尾根筋の作業道へ抜ける。
右:ここから久保の息,湯鶴葉経由で走って帰る。

P6180107e.jpg       P6180111e.jpg
左:ここが本当の久保の息(憩)〔くぼのよこい〕。この場に立つとわかりますが,ここは周囲よりわずかに低いくぼ地になっています。

地形図上にある久保の息は本来の場所より,1,3kmほど南にあります。久保とは,窪に通じる漢字で,山麓から尾根まで登って来た人々が,尾根上の窪地で一息入れた(または憩いの場とした)ことからの命名です。よって,窪地でも何でもなく,特徴のない地形図上の久保の息は明らかな誤りです。

右:下りは,前回は荒れた林道を下ったので,今回は,稲積山の東尾根沿いに下ります。林道に出る前にある,石割りケヤキ。

という感じで今日も無事に下山でき感謝です。

久々に遡行しましたが,緑川本流はいい沢ですね。普通のゴーロ,険しいゴルジュ,癒される平流,人との距離の遠さ・・・全体的なバランスがよく取れている名渓だと痛感しました。まだ支流群の開拓が残っているので,今後が楽しみです。

★次回も沢になると思います。

スポンサーサイト
沢(九州) | コメント:3 | トラックバック:0 |

小纚川(こさでがわ) in 球磨川 〔熊本県人吉市〕

さて今回は,球磨川の支流の一つ,小纚川(こさでがわ)をお送りします。

小纚(こさで)・・・とは珍しい名前ですが,地元の方に伺うと,掬い取る漁具の一つである小網(さで)に由来するようです。昔の生活感の残る名称です。

曇り気味の天気でしたが,梅雨時には遡行できるだけでもありがたい。

ではどうぞ。

P6120004e.jpg       P6120007e.jpg
左:出だしはこんな感じから。
右:なかなか良い感じの渓畔林が広がっている。

P6120008e.jpg       P6120010e.jpg
左:奥に行くいつれて・・・
右:実に素晴らしい渓相に。

P6120013e.jpg       P6120019e.jpg
左:東北の沢の源流のような感じ。
右:沢登りというよりは沢歩き。

P6120023e.jpg       P6120029e.jpg
左:上空が開けた場所もある。
右:2m滝。本流筋には滝はほとんどありません。

P6120032e.jpg       P6120036e.jpg
左:ここで一泊してみたい。
右:珍しいミニゴルジュ状。

P6120040e.jpg       P6120044e.jpg
左:平流はどこまでも続いていく。
右:源流域。

P6120046e.jpg       P6120050e.jpg
左:詰めは林道。
右:立派な林道を下って下山。

という感じでした。ケガなく下山でき感謝。小纚川は癒しの沢ですね。厳しい所はまったくと言っていいほどなく,奥深い森の中での沢歩きを楽しめます。人がほとんど入らないせいか,野生動物との距離が近い沢でもありました。

★次も沢です。天気が良さそうなので,楽しみです。

沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |

ベニガラ谷 in 傾川 〔大分県佐伯市〕

さて今回は,久しぶりのベニガラ谷です。本谷は何回も詰めているので,今回は15m滝の上で出合う支流を詰めてみたいと思います。

前回の遡行が2008年ですので9年ぶりとなります。天気は上々で言うことなし。

ではどうぞ。

P6050004e.jpg       P6050006e.jpg
左:橋の手前に駐車。少し歩いて左へ下ると堰堤上の河原に降り立つ。懐かしいと思いつつ遡行開始。今日もよろしくお願いします。

右:出だしは穏やかなな河原。

P6050007e.jpg       P6050009e.jpg
左:そして門番岩。以前と全く変わらない感じで,ここにある。ここからが本格的な遡行の始まり。

右:今まで鳥の巣があった岩。サツキの花の根元にずっとあったが,今はもうなかった。往時渺茫。

P6050010e.jpg       P6050015e.jpg
左:30m程のナメ。相変わらずいい感じ。

右:そして40mプール瀞。水量が多い時は泳がないといけないが,平水では左の岩盤をへつっていける。ここからが下部の核心部。

P6050019e.jpg       P6050022e.jpg
左:プール瀞のすぐ後に出てくる5mスラブ滝。滝も釜も昔のまま。赤線を登る。

右:落口付近から見下ろす。実に無駄のない,良い造りをしている。

P6050023e.jpg      P6050026e.jpg
左:模様が美しい岩盤。

右:お次は1m小滝と大釜。ここは釜の右側に沿って歩いて,最後に泳いで滝の右岩に取りついて登る。思い切って流芯まで入ってから取りついた方が簡単です。

P6050028e.jpg       P6050030e.jpg
左:さらに2m滝が続く。左の庇状の岩の所に残置ロープがありますが,古くてあてになりません。ここも思い切って流芯に入り,ベニガラひとまたぎをして,左のスラブに乗り込んで突破します。

右:ここまでが下部核心です。やっぱり泳がされたか・・・でもベニガラはやっぱり面白い!

P6050032e.jpg       P6050034e.jpg
左:核心を抜けてすぐで右からサンショウ谷が出合います。ベニガラ谷最大の支流で,左俣がなかなか面白い。

右:しばらくはゴーロ帯ですが,人が入らないので自然が濃い。

と,ここで前方に人影らしきものを発見。最初は目の錯覚かと思いました。ここは,過去に何度も遭難死亡事故が起こっているので,最初は「ついに出たか」と思ったほどです。結局,錯覚ではなく,この区間だけを歩きに来ている地元の人でした。向うも私を見て驚いていました。それにしてもここで人に会おうとは夢にも思わなかったので,これには驚きました。その方は沢登りではなかったのですが,身のこなしは実に軽やかでした。

P6050041e.jpg       P6050044e.jpg
左:そしてS字クランク。増水していると右巻きになりますが,平水では中を突破できます。

右:2m斜滝と美しい緑釜。ここはいつ来てもその美しさに嘆息がもれます。泳いで滝を登ってもよし,左の岩場を3m登って岩棚をトラバースしてもよし。これが出てきたら,名物の100m赤ナメはもう間近です。

P6050046e.jpg       P6050048e.jpg
左:ここは上から眺めるとその素晴らしさがよくわかります。いや~もう少し気温が高いなら,間違いなく飛び込むのに。

右:谷が徐々に開けてきます。

P6050049e.jpg       P6050053e.jpg
左:そして森を抜けてゴーロになる。
右:そのすぐ先で左にヘアピンカーブするところが,赤ナメの始まりです。

P6050057e.jpg       P6050058e.jpg
左:いや~鬱蒼とした森の中を抜けたあとにこれがあると,感動もひとしおです。
右:ここは何度来ても素晴らしい。

P6050062e.jpg       P6050066e.jpg
左:そして左上に石垣が見え始めると昔の集落跡に入る。
右:集落の最奥にはこの8m滝が懸かる。

※ここには営林事業所の傾事業所があり,木浦小学校の傾山分校もあった場所です(1950年(昭和25年)開校~1965年(昭和40年)閉校)。児童数は10名程だったようで,林業関係者の暮らしが営まれていた地です。この辺りでは,幹の直径が1mを超すブナなどが伐採され,右岸のトロッコ道で運ばれていたようです。

P6050070e.jpg       P6050072e.jpg
左:滝上の橋桁を振り返る。往時の面影は徐々に自然に還っていく。
右:濃厚な自然はまだまだ続きます。

P6050073e.jpg       P6050075e.jpg
左:忘岩と右岸岩壁。
右:足元を堂々と闊歩していたアカハライモリ。一枚撮らせてもらう。

P6050078e.jpg       P6050081e.jpg
左:2m滝ときれいな釜。2008年時は土砂で埋まっていましたが,復活していたので良かった。

右:周囲は原始性の高い森に包まれていますが,側壁は峻険。これがベニガラ谷。

P6050085e.jpg       P6050087e.jpg
左:そして右岸に一際高く立ちはだかる岩壁が見えてくると,15m斜滝の登場。右の赤線を巻いていきます。

右:ここはベニガラ谷の代名詞とも言える滝です。

P6050096e.jpg       P6050101e.jpg
左:尾根を越えて歩いて下ると滝の落口へ。

右:そして右手から16mスダレ滝が出合う(上部3mは下から不可視)。左に曲がる本流と分かれ,今日はこっちの支流を遡行します。

P6050104e.jpg       P6050105e.jpg
左:滝上で突然,鳥が岩間から飛び出してきた。腹が黄色だったのでキセキレイだろう。周囲を探すと巣を発見。営巣中だったんですね。驚かしてごめんなさい。この卵から新たな命が芽生え,そして命を次へ繋いでいってほしい,と願わずにはいられません。

右:13mヒョロ滝。

P6050107e.jpg       P6050110e.jpg
左:標高800m辺りでガレ沢に。ここからは尾根上の1261mコブまでひたすら急登をこなします。

右:一定ペースでせっせと高度を稼ぐ。目安は30分で200m。

P6050114e.jpg       P6050117e.jpg
左:白いウツギの花の甘酸っぱい芳香が立ち込めている。この匂いは梅雨時ならではの匂い。
右:徐々に尾根に近づいていく。

P6050119e.jpg       P6050123e.jpg
左:そして岩壁が立ち塞がると,左へ。

右:すると尾根に上がり込む。下草のない,風が通り抜けるスッキリとした尾根。ここからは1505mの登山道まで尾根通しに登る。あと標高差240m程。

P6050129e.jpg       P6050131e.jpg
左:尾根筋には岩壁が立ち塞がる場所もあり,傾らしさがよく出ている。
右:辺りには千古斧を知らない,けがれなき極上の木々たち。

P6050133e.jpg       P6050136e.jpg
左:左には樹間から後傾が望まれる。
右:緑の森に映えるヤマツツジの赤。

P6050138e.jpg       P6050139e.jpg
左:樹間から大崩山系を振り返る。
右:尾根筋はこんな感じで歩きやすいところだったり・・・

P6050140e.jpg       P6050145e.jpg
左:アセビがびっしりのヤブだったり・・・と変化に富んでいます。
右:再び大崩山系。当然ですが,左上の写真に比べ視点が高くなっています。

P6050148e.jpg       P6050153e.jpg
左:そして登山道へ抜ける。
右:今日は徐々に天気が良くなり,快晴に。木々の天蓋で暑さ知らず。

P6050155e.jpg       P6050157e.jpg
左:下山は初夏の装いの森を駆け抜ける。
右:いや~いい森です。

P6050159e.jpg       P6050161e.jpg
左:ブナの若木が初々しい。
右:下に下らずに,ずっと走り続けていたい。

P6050162e.jpg       P6050163e.jpg
左:北方には別府・由布院の名峰も見える。
右:右奥のピーク(ソデ尾)から右手へ下山です。

P6050168e.jpg       P6050170e.jpg
左:さっき登った尾根を確認する。
右:下山は急降下。一気に下って行きます。

P6050172e.jpg       P6050175e.jpg
左:たまに平坦な場所もありますが・・・
右:基本的に急な下りです。距離1.8kmで標高差700mほどを下ります。

P6050178e.jpg       P6050179e.jpg
左:そして登山口へ。ここからは林道なので気が楽。
右:斜陽の中を駆ける。あと4kmほど。

P6050180e.jpg       P6050185e.jpg
左:今日の洛陽。阿蘇のミルクロードにて。
右:雄大な,阿蘇と祖母・傾山群(左奥)。

という感じで今日も無事に下山でき感謝です。今日をありがとう。

ベニガラ谷はやっぱり九州を代表する名渓だと改めて感じた次第です。遡行の面白さ,周囲の森の原始性,遡行距離の長さ,と三拍子揃っている秀逸な谷でした。他に九州本土で比肩しうる谷を挙げるとしたら,祝子川本流から中瀬松谷,市房境谷,鍋床谷(左俣),矢櫃谷,石並川,樋之口谷,ムコウカマド谷,扇山そごう谷,巣之浦川(獅子戸沢)くらいでしょうか。やはり,名渓と言われている谷には,不易の魅力が宿っています。

★次回も沢ですが,とうとう梅雨入りしたので,間が空くかもしれません。九州がダメなら,晴れている地域へ足を伸ばそうかな。

沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |

湯鶴葉谷・右俣 in 緑川 〔熊本県山都町〕

さて今回は,緑川源流域の支流の一つ,『湯鶴葉谷・右俣(仮称)』をお送りします。

湯鶴葉集落の北面を流れる支流になります。左俣は過去に遡行して,25m,45m滝等が印象的でした。今回は,右俣を詰めて,久保の憩(よこい)まで登る予定です。

ではどうぞ。

P6040001e.jpg       P6040002e.jpg
左:左俣との二俣から遡行開始。
右:2m滝。

P6040004e.jpg       P6040007e.jpg
左:穏やかな流れ。
右:3mトユ滝。

P6040011e.jpg       P6040014e.jpg
左:10m二段滝。
右:この辺りは傾斜が急で,この6m滝を筆頭に小滝が数本あり,直登していきます。

P6040016e.jpg       P6040017e.jpg
左:そして源流域にあった26m二段滝。下部のみ左壁を登り,後は水線沿いに登ります。

右:二段滝の上部12m滝。高度感が出るが落ち着いて登れば難しくはない。

P6040021e.jpg       P6040024e.jpg
左:滝上の渓相。先が切れていることが雰囲気で伝わってくる。
右:そして尾根に上がり込み少し登ると・・・

P6040025e.jpg       P6040027e.jpg
左:久保の憩(よこい)。尾根筋には椎矢峠から旧作業道が延びている。
右:久保の憩から東に稲積山方面に下ると旧作業道に出る。

P6040028e.jpg       P6040031e.jpg
左:特徴的な山容の稲積山。尾根を挟んだ東隣りの五ヶ瀬川流域にある尖峰の冠岳と同じく,花崗岩でできています。

右:五ヶ瀬川と緑川を隔てる霧立越北尾根。トレランや沢の下山などでお世話になっています。

という感じでした。今日も無事下山でき感謝です。本当に小粒の谷ながら,26m滝が印象的な谷でした。昔,左俣を遡行した時には二俣付近は林道の工事中だったのが,立派な林道が完成しており,時の流れを感じてしまいました。

★次はベニガラ谷をお送りします。記録を見ると,前回は2008年だったので,9年ぶりになるようです。もうそんなに足を運んでいなかったんだな~と思いつつ,沢がどうなっているのか楽しみです。

沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |

大官山谷(仮称) in 緑川 〔熊本県山都町〕

さて今回は,緑川源流域の一つ,『仮称・大官山(だいかんざん)谷』をお送りします。向坂山と小川岳の間にある黒岩の北面を流れる谷になります。

自宅から近いせいか,のんびりしすぎて昼過ぎからの入渓となりました。

ではどうぞ。

P5290086e.jpg       P5290089e.jpg
左:内ノ口集落下の大曲りから緑川本流へ降り立つ。
右:降り立ってすぐ左から出合うのが,大官山谷。

P5290093e.jpg       P5290096e.jpg
左:5m二段滝。いい感じです。
右:森の中のおだやかな流れ。

P5290097e.jpg       P5290104e.jpg
左:4m二条滝。
右:今日は30℃位まで気温が上がるようですが,沢筋は暑さ知らずで快適。

P5290106e.jpg       P5290107e.jpg
左:5m滝。緑川にはこの手の滝が多い。
右:後ろを振り返ってもいい感じ。

P5290109e.jpg       P5290115e.jpg
左:この谷一番の12m滝。見応えあり。
右:この辺りからミニゴルジュっぽくなってくる。

P5290117e.jpg       P5290120e.jpg
左:4m滝。右をへつって登る。今夏の利根川本谷を意識。
右:いい眺め。

P5290124e.jpg       P5290127e.jpg
左:右岸岩壁に圧迫される感じ。
右:周囲の森もいい感じ。

P5290128e.jpg       P5290132e.jpg
左:ミニゴルジュ内の4m滝。
右:5m二段滝。

P5290133e.jpg       P5290137e.jpg
左:メリハリの効いた良い沢だな~。
右:4m堰堤状滝。これが最後の滝。

P5290139e.jpg       P5290142e.jpg
左:源流の二俣。
右:急登をこなすと・・・

P5290147e.jpg       P5290149e.jpg
左:尾根に上がり込む。遡行終了。ここからは下山ラン。
右:大きく枝を張ったブナが見事。

P5290150e.jpg       P5290155e.jpg
左:木々が日光を遮ってくれるので涼しい。
右:先週とは逆方向で走る。

P5290157e.jpg       P5290158e.jpg
左:この時間帯のランも涼しくて走りやすい。
右:小川岳山頂手前にある三本ブナ。

P5290160e.jpg       P5290162e.jpg
左:夕暮れのトレイルを快走。
右:舞岳登山口まで6.4km。ここからはロードに。残り8km。

という感じで何とか日暮れ前に帰着。無事下山に感謝。今日も良い一日でした。

大官山(だいかんざん)谷は,小粒ながらミニゴルジュと小滝を揃え,程よく楽しめる沢でした。また,下山に関しても,私みたいに走るのが好きな向きには,10km以上走れるので,これまた良い感じでした。この界隈にはまだまだ遡行候補が残っているので,一本一本,丁寧に遡行させてもらえればと思っています。

★次も沢です。遡行先は探しています・・・。
     
沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT