FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

2020 総括

今年も残すところわずかとなりました。終わればあっという間でしたが,今年はランと沢,ともに充実していました。

GWの4泊5日の九州大縦走では登山の新たな分野を経験し,これが実に楽しかった。このスタイルで2週間,2か月と続けていくとどんなに楽しいことか・・・と想像せずにはいられませんでした。

また,秋の白神・赤石川遡行では自然の本来のあり方を考えさせられました。人間が偉そうに自然を守るだとか言っても,自然には人智を超えた高い自己治癒能力が備わっているものです。

2021年度もさらに向上を目指し取り組んでいきたいと思っています。

具体的にはランでは,祖母傾大崩外周100マイル(160km),琵琶湖一周(通称ビワイチ)200km,
沢では,石垣島沢横断,南アルプス・赤石沢,日高のヌピナイ川などをメインの活動として計画しています。

現状に甘んずることなく,また,社会的な意味しか持たない年齢や常識といった概念にとらわれず,自分の進むべき道を,情熱という熾火を絶やさず,煙霞の痼疾を胸に秘め,歩んでいければと思っています。

新年の皆様のご多幸を祈念するとともに,人間のせいで失われていく動物の命を一つでも救うための行動をより本格化させていきたいと思う2020年の除日でした。

また来年度もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

2020 白神山地 赤石川 観光

さて今日と明日はゆっくり観光する日。気兼ねなく気ままに観光地を巡ります。

PA110005h.jpg     PA110006h.jpg
左:まずは男鹿半島へ移動し元湯・雄山(ゆうざん)閣へ。
右:あこがれの地に今,立っています。

PA110011h.jpg     PA110018h.jpg
左:ナトリウムとカルシウムイオンが豊富な湯ですね。

右:男鹿と言えばなまはげ。源泉から直接湯が発射されています。そのリズムが不定でシューッ,ブッシューッ,て感じで音も楽しめます。

PA110032h.jpg     PA110036h.jpg
左:お次は入道崎。右手に県北の白神山地が見えました。

右:ここは北緯40度線が通る場所でもあります。社会科の地理では必須の問題でしたね。なぜ重要かというと,同じ緯度にありながら各地で気候が異なるからです。

PA110038h.jpg     PA110040h.jpg
左:入道崎には草地が広がっており散策にはもってこいです。

右:草地の先は海岸へ切れています。何か所か降りる場所があったので海岸も散策してみます。

PA110048h.jpg     PA110049h.jpg
左:予想以上の賑わい振りでした。
右:白黒の灯台。吹雪の時でも視認できるように白黒にしてあるそうです。

PA110052h.jpg     PA110053h.jpg
左:そしてお次は寒風山。旧火口の縁や中を走ります。まるでミニ長者原。爽快です。
右:来し方を見下ろす。ここはトレランでも走ってみたくなります。

PA110058h.jpg     PA110060h.jpg
左:山頂からは県北や,

右:県南までずらーっと見渡すことができます。こんな場所は国内でもそうそうないのではないでしょうか。

PA110063h.jpg     PA110064h.jpg
左:そして今宵の宿は岩倉温泉。花火で有名な大仙市大曲にある秘湯です。
右:ここにもようやく来ることができました。

PA110075h.jpg     PA110076h.jpg
左:旅館らしからぬ食事場。

右:深い眠りを誘うという湯。ナトリウム・カルシウム-塩化物-硫酸塩泉。ここの塩分は岩塩由来だそうでまろやかな肌触りでした。

PA120011h.jpg     PA120012h.jpg
左:噂通りぐっすり眠れました。食事やおもてなしも素晴らしくまた訪れたいと思います。

右:締めは再び樅峰苑。空港に近いし極上の名湯なので寄らずにはいられません。

PA120015h.jpg     PA120017h.jpg
左:台風14号にやきもきした今回の沢紀行でした。

右:秋田は食事,温泉,自然と素敵なものが盛りだくさん。また訪れたいと思います。

PA120019h.jpg     PA120023h.jpg
左:雨の秋田を飛び立ち,関東に入ると晴れてきた。
右:今日の夕暮れ。

という感じで2020年白神山地・赤石川の沢旅は無事に終了。今回も無事に過ごせて感謝しかありません。

また明日から慌ただしい日常に戻りますが,また先の目標を見据えて,一日一日を頑張っていこうと思います。

★次も沢をお送りします。

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

2020 東北沢紀行 in 白神山地

行く数日前に突如発生した台風14号。

その動きが気になりつつ,今年も東北の沢を登りに来ました。昨年は八幡平の大深沢,今年は白神山地の赤石川です。初日は減便の影響で予定が狂い移動のみです。

PA070017h.jpg     PA070018h.jpg
左:日ごろ見ない上空からの阿蘇。今日はすかっ晴れ。

右:すぐに四国へ。手前の曲がった細い半島は愛媛の由良半島。国内1位の真珠生産を誇る愛媛県の養殖の本拠地です。昨年同様,今年もアコヤガイが大量に死んでいるので気になります。

PA070038h.jpg     PA070040h.jpg
左:雲間から見えた鳥海山。左が山形県,右が秋田県です。ここの檜ノ沢遡行と海岸から山頂まで走り登る計画は準備万端です。いつ実行できるか楽しみにしています。

右:1年ぶりです。

PA070042h.jpg     PA070046h.jpg
左:今日はのんびりできるので空港の近くにある強首(こわくび)温泉の樅峰苑(しょうほうえん)へ。ここの湯は成分が濃厚でガツンっと効きます。足元湧出泉ではありませんがそれ以外は完璧な湯です。

右:鉄イオン,カルシウムイオン,塩化物イオンの多さがこの浴槽に現れています。

PA070048h.jpg     PA070050h.jpg
左:こっちも今年は紅葉が早いようです。
右:ニュースを見ると,外からではよく見えない現地のことがよくわかります。

台風の動きが気になりますが,行くしかありません。今後の状況で予定を柔軟に変更していきたいと考えています。

★次はいよいよ遡行初日です。朝から夕方までたっぷりと沢に浸ってきたいと思います。

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

あと2日

第5回西米良スカイトレイルまであと2日となりました。

本来なら木曜に一度ポイント練習を入れてから臨む予定でしたが,先週の市房トレの疲労が抜けきれていません。従来ならば,どんなに激しいトレーニングでも約60時間(2日と12時間)で元の状態まで回復していたのですが,今回はどうしてか100時間近くたってもまだ元通りとはいかない状況です。

原因を考えてみると,今回は,えらく速いなと感じていた昨年よりさらに45分も速く走れた割には,心肺は最後まで余裕がありました。それに比べ脚筋の方は市房山の登りの後半辺りから既に痛みが出始めていました。

つまり,短期間で向上する心肺機能と,向上に時間のかかる脚筋力のレベル差が大きかったので,現時点での脚筋力以上のものを引き出し過ぎたことが原因だと思われます。

終盤にある例年なら疲れて走るどころではなかった坂も,今回は心肺的には余裕を残して走れ,「強くなったな~」と思ったのを覚えています。低酸素トレはスピード向上とはあまり関係ありませんが,レース後半での持続力向上に大きな効果があると実感&確信しました。

あと2日,焦らず疲労を完全に抜いて万全の状態でレースに臨みたいと思っています。目標は6時間切りですが,あくまで楽しむことが最優先,健康で走れるという喜びを感じつつ,写真をたくさん撮りながら市房山で遊ばせてもらいたいと思っています。

★次回はレースの模様をお送りします。

日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

2019 祖母傾大崩縦走(UTSKO)

なんとか無事に走り終えました。

コースは上畑~前障子~祖母山~本谷山~後傾分岐~杉ヶ越~要山~五葉岳~鹿納坊主~大崩山~鹿川越~上祝子橋~矢立峠~桑原山~要山~杉ヶ越~傾山~上畑。

総距離:96,77km 累積標高9,693m 54時間00分24秒。

詳細は後日アップしていく予定です。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT