FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

五ヶ瀬川上部遡行

長かった梅雨もようやく終わりに近づき,夏の空の登場。
前回の上の小屋から約1ヶ月,今日は五ヶ瀬川上部。

下部+中部は2006年秋に遡行済みだったので,
今回は残りの上部のみ。地図上924m二俣からカシバル峠先の
林道出合いまでを遡行。

そして下山はお決まりのランニング。
沢の魅力以外にも,今ではいかに長く下山時にランニングできるか,
を基準に沢を選んでいる。下山が長い沢を選んで遡行しているようなものだ。
沢で疲れた足腰にむち打ち走らせる,これって・・・。

《データ》
●水平距離:2,400m ●高度差:401m ●遡行:2時間24分 ●下山:43分 ●地域:向坂山東面 ●1:25000図:国見岳・胡摩山 ●地質:砂岩・泥岩・石灰岩 ●備考:林道が併走しているので脱出は容易。渓相も穏やかでまったり遡行向き ●人数:単独

左:林道から急降下すること約130m,924m二俣に降り立つ。この水の音や湿っぽい雰囲気,やっぱ夏は沢だね!
右:まずは足慣らしから。まだ自然とリズムが合っていないので,どことなくぎこちない。
924m二俣       出だしの渓相

左:増水しているので,水の踊る様に迫力が伴う。
右:ふと空を見上げると,もう夏空の様相。沢の本格シーズン到来!
水の躍動       夏の青空

左:いや~,いいねこの感じ。ここは避暑天国だ。
右:小振りだが良いアクセントになっている。
光射す開豁な渓       二段滝

左:光がつくる白黒の対比。
右:場所によっては樹林の中を水が流れる。この頃には自然とリズムが一つになっているので,まったく違和感なく遡行ができている。克服するのでもなく,利用するのでもない,自然との調和。
4m滝       森の中の流れ

左:五ヶ瀬川一番の滝を登っている最中。水流の左をシャワークライム。頭から水を浴びて火照った体を一気に冷ます。
右:林道にて。しばしの休息。足下はフェルトの沢靴,膝下はスパッツでガード。沢の定番装備。五ヶ瀬川のように砂岩・泥岩など堆積岩主体の渓ではフェルト,花崗岩・安山岩など火成岩主体の渓ではステルス,という具合に使い分けています。
15mくの字滝中段にて       休憩中の足

左:帰りはここを走り下ります。荷が重いが,良いトレーニング。車まで約5.5kmのお気軽ランでした。
右:密集して咲くことが名の由来となったアジサイ。日本は酸性土壌が一般的なので,色的には青色が一般的。石灰岩地ではアルカリ性により桃色となる。土壌の変化により色が変化することから「七変化」とも呼ばれる。平安の昔から日本人に馴染みの深い花でもある。
白岩林道       アジサイ


とまあ,今日は久々の沢に英気を養うことができ感謝です。
やっぱり沢はいい~。細胞の隅々から蘇生する感じ。
もう沢なしでは生きられなくなっています。

溯渓+ランニング,このスタイルでまだ見ぬ沢に,これからも足を運びたいと思います。
今日も一日ありがとう!
スポンサーサイト



沢(九州) | コメント:7 | トラックバック:0 |
| HOME |