FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

市房山系 【 そごう(鍋床)谷:左俣 】

梅雨も明けうだるような暑さの中,涼を求めて沢へ。
2003年以来,5年振りとなるそごう谷:左俣。

秀渓揃いの市房東面の沢の中でも,
1,2を争う谷だと思います。

今回はここを遡行して二つ岩に上がり込み,熊本県側に下山して,
湯山峠を経由して再び宮崎県側に戻ってくるというコースを走りました。

地図で見ると二つ岩を中心にして半円を描く形で周遊することになります。
さて,そこで見て感じたものは・・・。

《データ》
●水平距離:3,574m ●高度差:1,261m ●遡行:5時間15分 ●下山:5時間05分 
●地域:市房山系   ●1:25000図:市房山・石堂山・日向大河内・古屋敷 
●地質:黒雲母ホルンフェルス・砂岩頁岩互層・花崗閃緑岩 
●備考:そごう谷は他にも右俣・中俣あり。右俣には35mと70m大滝があるが上部は変化に乏しく味気なさが残る。中俣は左俣を凌ぐ逸材。10m以上の滝が13本ほどあり最大は35mのもの。源流域の草地はまるで極楽浄土を思わせる佇まい。一見の価値大いにあり。 
●人数:単独

左:大藪堰堤から一つ瀬川に降り立ち,下流に100mも下ると右岸から出会うのが,そごう谷。市房山系の谷の出合いは,こんな感じでショボイのが多い。まるで奥の壮大さを包み隠しているかのよう。
右:ここは中央の岩場をクライム。水の飛沫がちょうどよい。
入渓口       15m二条滝
左:いきなり登場の大滝。相変わらず凄い迫力。巻きルートは2つ。右の岩場混じりの樹林コースと左の樹林帯コース。上部に行き着いても,どちらも谷底まで落ちる危険性あり。用心用心。
右:大滝を越えるとひとまずはホッと一息。
50m大滝       50m大滝上
左:水は増水気味。いろいろな表情を見せてくれる。
右:これは覚えていた,テーブル岩。久しぶり!
水の流れ       二俣下のテーブル岩

ここで二俣となります。
右俣と左俣・中俣に分かれ,今回は左俣を目指す。

左:ほどなく現れる垂直の大滝。60mはある。あいかわらずの壮大さだ。
右:その滝の落口にて。先には虚空の空間がポッカリと広がる。
60m直瀑       60m直瀑の落口
左:やっぱりあったスズメバチの巣。これから9月にかけては要注意。といっても彼らの邪魔をしないようにすれば刺されることは,まずない。気づかずに近づいたら最初に斥候バチが"カチッ,カチッ"と音を出しながら威嚇してくるので,その時に離れればOK。ボーッとしていてそれを聞き逃すと,黄色いハチ空軍に襲来されることになる。自然のルールを知ることが危険回避につながる。
右:中俣を右に見送りすぐに現れる滝。これも見物だ。
スズメバチの巣       45m段滝
左:赤色の岩盤に白色の水流がひときわ映える。
右:地質が花崗岩にかわった所に現れる三段の大滝。天空から落ちてくるその様はまさに絶品!
25m三段スラブ滝       50m三段スラブ滝
左:屋久島っぽい渓相が,上部は続く。まあ,同じ花崗岩だし,当然といえば当然。
右:水のカーテン。足下には常に水流がある。
25m斜スラブ滝       水の躍動
左:ここはまさに天国。急峻な下部を溯ってきて初めてたどり着く別天地。この地に身を置く幸せを,感じてしまう。
右:ヤブコギなしで詰め上がる直前。
源流域の渓相       詰め直前
左:久しぶりの二つ岩山頂。たぶん4年振りくらいだが,つい先日もいたような,そんな感覚が残る。
右:夏の一枚。青・緑・白,夏を彩る色彩のコラボ。
二つ岩から市房ダム方面       二つ岩頂
左:熊本県側に下る。ここを下るのは11年振り。ほとんど記憶なし。・・・。
右:登山道から先もさらに下る。もちろん走って下る。
下山道       舗装道を走る
左:一通り下りきると今度は湯山峠への登り。高度差約300mの登りは堪える。
右:7kgの荷物を背負って走っているので,ゆっくりでも楽ではないけど,こんな景色を見ながらのランは町では決してできないし,疲れがたとえ一瞬でも癒される。
湯山峠       渓流沿いの道を走る

とまあ,遡行+ランで約10時間20分,27.28kmの長い長い一日でした。

本来なら二つ岩から下ったあと,市房山に登りなおして槇之口に下って大藪まで走って戻るコースを予定していましたが,前日の睡眠が3時間で出発が遅れたので,コースを変更しました。

また次の機会にトライしてみようと思います。今度は境谷の二つ岩谷あたりを登って,ランへと繋げて行ければと思います。

今回もケガなく無事に終えることができ,また,湯楽里での入浴と夕食が最高だったことにも感謝です。ありがとう!!
















スポンサーサイト



沢(九州) | コメント:9 | トラックバック:0 |
| HOME |