FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

2008 カナダ遠征 ③

さて,今日は観光の日。
日がある限り観光に費やすつもりで
車を走らせる。
どんな風景と出会えるのか・・・


左:いや~ロブソンは今日も雄々しいね。3日続けて山頂を拝めるなんて非常にラッキー。また来るよ!

右:インフォセンター前の駐車場。ロブソン見ながら朝食をとる人もいた。贅沢な時間だな~。
ロブソンの朝   ロブソン前のパーキング

左:一路ジャスパーへと。ジャスパーで給油。以前アシニボイン北稜を登りに来たときには,リッターあたり70¢だったガソリンが何と,1.3$もした。カナダも世界的な原油高の影響を受けているようだ。アルバータ州はサンドオイルの産地として有名なだけに,影響は少ないのでは,と思っていただけにショック。アメ車は燃費がすこぶる悪いので,2/3の給油で120$もした。

右:これは来る前から絶対に撮りたかった一枚。題して「ロッキーを走る!」。
配置がちょうど良い場所を探しパシャ。一生の記念。日差しは強いが空気が乾燥しているので,日本の10月の早朝のような感じ。ランナー冥利に尽きる。

ここで一曲,ロブソン山頂で歌うべく練習してきた「O Canada」(カナダ国歌)

O Canada! Our home and native land!
True Patriot love in all thy sons command
With glowing hearts we see thee rise,
The True North strong and free!
From far and wide, O Canada,
We stand on guard for thee.

God keep our land glorious and free!
O Canada we stand on guard for thee.
O Canada we stand on guard for thee.

大声で歌い上げる。いや~,素晴らしい国歌。カ~ナダ~!!

一路ジャスパーへ   カーケスリン山を背景に

左:やっぱり異国の地でも滝を見ると落ち着く。やっぱり水は全ての生命の源だな~と感じ入る。

右:コロンビアアイスフィールドの先端。寒風が吹き下ろし,あまりに寒くて涙が出るほどだ。
アイスフィールド氷原近くの滝   アイスフィールド氷原の舌端

左:ここはアイスフィールドパークウェイ建設当初,最大の難所だった箇所。ここから右手に大カーブして高度を下げ,眼下へと戻り右折してバンフへと道が続く。ジャスパーとバンフからそれぞれ工事を始め,このあたりでちょうど道が貫通した経緯がある。ようやった。

右:カナディアンロッキーの観光ガイドに必ずといって良いほど出てくるペイト湖。ミー散乱による光の屈折により,水中の微物に光が乱反射して,このような神秘的な色を醸し出す。そこだけタイガの森を切り取り湖をはめ込んだような自然の造形。あまり知られていないが,旧名はフォックスレイク(狐の湖)。
ビッグベント(大曲)から行く手を俯瞰する   ペイト湖

左:分水嶺になっているボウ湖。湖畔の赤い屋根の建物が色鮮やか。カナダはやはり森と湖の国。

右:そして今日のハイライト,「レイクルイーズ」。予想通り観光客でごったがえしていた。世界的にも有数な名所。湖の向こうはビクトリア山。水平距離で10km近く離れている。スケールが大きい。
ボウ湖   レイクルイーズ

左:そして,昔,日本のタバコのCMで有名になったモレーンレイク。左に連なる峰々はテンピークス。カナディアンロッキーでベスト5にはいる観光名所だ。レイクルイーズから車で約15分。個人的にはこちらの方がひっそりとしていて好みにあっている。

右:湖上のボート。あまりにも日常離れした一枚。この湖の色は何なのだ。何度見てもその色彩には感嘆させられる。
モレーンレイク   モレーンレイク上のボート

とまあ,過去に巡った名所を再び訪れました。

やはりカナダはでかい。

そして,カナダは,山,氷河,湖,そしてタイガ。

今回は動物にあまり会えなかったが,

ブラックベアー,グリズリー,エルク,ビッグホーンシープ,ムース,マウンテンゴート,リス,マーモット,ポーキュパインなどなど,興味深い動物もたくさん住んでいるカナダ。

カナダを含め寒冷な地域には,大型動物が多いのが特徴です。

彼らは極寒の冬を乗り越えるために,体温維持のため放熱を抑える必要があるのです。
それには小型よりも大型の方が良い,という訳です。

いわゆる【ベルクマンの法則】というやつです。

その地域に関する知識が多少でもあると,旅は味わい深いものとなると思います。
眼前の景色をフィルターとして,その奥にある深遠なものに気づくことができる気がします。

今回,ロブソン自体は登れませんでしたが,
色々な出合いや感動があり,こういうことを経験できたこと自体に感謝したいと思います。
また,「新しい何か」を求めて,旅に出かけよう。

Being on the road.

2008 Canada Expeditoin ~Fin~











スポンサーサイト



アルパイン(海外) | コメント:0 | トラックバック:0 |

2008 カナダ遠征 ②

さて,第二弾 【 登山 】 です。

まずは遅れを取り戻すべく,早朝からロブソンへ向けて爆走開始。
約400kmのドライブ。世界有数の景観美を誇るアイスフィールドパークウェイの
観光は後回しにして,じっくり写真を撮りたい誘惑を振り切り,とにかくかっ飛ばす。

キングランチ   カスケード山   
バンフ入口   テンプル山(左)とフェアビュー山(右)
ボウ湖   ハウスピーク
コロンビア氷原   ジャスパーの町並み

出発して約6時間(買い物含む),ようやく到着。
さっ,すぐに支度して出発だ。まずはキニー湖まで4.5km/1・5時間のハイクから。

冬用の登山靴に長袖長ズボン+18kgのザックを担いでいくと汗が噴き出してくる。
だが,今ここにいる喜びがそれらを吹き飛ばしてくれる。

ロブソン山   トレイル入口の看板
ロブソン川に架かる橋   

1時間20分でキニー湖について,道を探すべく河原周辺をウロウロしていると発見。
これは下山用の道。ここの河原をあと10分も歩くと右手に,登用道がついている。
いきなりの急登からスタート!既に4:00pm。

左手から登用道が合流するまでは高度差約300mで,ヤブがひどい。
しかし道はしっかりと付いているので,それを辿ると問題なし。
沢登りでの詰めのヤブコギよりはるかにまし。傾斜は30~45度。

取付(下山用道)   キニー湖を見下ろす   インディアンペイントブラシ   ファイア-ウィード   

ここは登りの核心。かつてはフィックスチェーンが張ってあった岩場。
もちろん歩いては登れない。スタンス・ホールドを決めてのクライム。
左上の木にテープが下がっているのでそれ目指して登る。
Ⅲ級+か。核心部にはステンのハンガー一個あり。

40m左上のスラブ状の岩場   

前述の岩場の上は急峻な尾根登り(両側絶壁)となり一登りで森林限界へ着く。
ここからは右上の無名峰(Unnamed Peak)の側面を上昇トラバースで道が続く。

道は人一人分の狭いものだが,所々ケルンやミニ灌木にピンク(オレンジ)テープが付いているので,それらをよーく探して辿る。全体的に左下の谷底へ外傾した地形。ガスっていたら高い確率で道をはずすことになるだろう。

地質は頁岩(スレート)と砂岩(サンドストーン)主体。スレートは板状に薄くガラガラ剥がれやすいので,
非常に不安定な斜面を形成する。下りにはそれが利点となるが,登りにくいことこの上ない。

ヘッドウォール下の扇形カールに出る手前に,ミニロックバンドっぽい地形がある。濡+外傾でいやらしい。テープとチェーン・残置スリング等でルート確認。もし滑れば150m左下の谷底まで,止まることはないだろう。

森林限界1900m付近   頁岩(スレート)の地層
レッドフラワードコロンバイン   モスキャンピオン
遙か下にキニー湖を見下ろす(高度差1500m)   

そして8:20pm,ラルフ小屋下のヘッドウォ-ル着。
事前調査では問題なしの箇所だと思っていたが,現場に来ると
"どこ登るの?"といった感じ。闇も迫っていたので,
無名峰のコルでテント泊。運良く雪渓の残りで,水を得ることができた。

翌朝,改めて壁のルートを探すが,やはりわかならい・・・。
明日の夕方にはキャンモアに帰り着かないといけないし,
今回は時間切れ。残念だがここまでとし踵を返す。

下山せざるえない状況を理解できても,なかなか割り切れないのか,
何度も何度も振り返りながら下山していく。

ラルフ小屋下のヘッドウォール   ラルフ小屋   
リトルロブソン(3050m,左上)

急なのでぐんぐん高度が下がるが,何カ所も岩壁の縁をいくので用心。
例の40mの左上岩場はクライムダウンで下る。やはり簡単ではない。核心部は外傾スタンスを足先3cmのフリクションで耐えて降りないといけない。これには痺れた。もちろん足下は崖。

急な下り道   登用道の入口から下方を俯瞰する

コルから3時間で湖まで下る。その後は今回のルートを撮影するためにトレイルを2kmほど上流まで歩きパシャ。ここからだとルートがよ~くつかめる。

今回の行程   

そして湖畔でのんびりと休息した後は,御輿を上げる。

帰路ののんびりハイク   豪快なロブソン川

下山後は下山届けを出して近くのキャンプ場に場所確保。
その後はロブソンの撮影をする。

今回のルート

残念ながら今回は色々な要因が重なり登るとができなかった。
これが全てだと思っている。山のコンディションははここにいた3日間とも
山頂が見えていたので良好。ロブソンは独立峰ということで独特の天候パターンを
持つ,カナダでも特異な山。山頂はひと月に5日見えるかどうか,なのだ。

技術不足・時間不足が主因。

ヘッドウォールは他の記録をあたってもたいした記述ではなく,容易に壁の中を抜けることができるようだった。それだけにルートを見つけることができなかったことは悔やまれて仕方がない。

まあ,ロブソンが"また来なさい"と言っているのだろう,暗に。

キャンプ場のレンジャーの話では8/14現在,今期のロブソン登頂者は1名で,ヘリでの救助や死にかけたパーティーもいるようで,20名前後がアタックするも登れていないようだった。
下から見る限りコンディションは上々なのだが。

登頂するパーティーの約90%は北面のケーンフェースからでガイド付きが多い。
南面に入る登山者は希なようだ。

やはりロブソンはその名の通り 【 ロッキーの巨人 】 でした。

いつの日にか,必ず,必ず,登頂を果たす!という思いを胸に,
これからさらに体力・技術・精神力に磨きをかけていきたい。

さて明日はキャンモアまでの観光ドライブ。
場所によっては13年振りの所もあるので,遠い夏の日に思いを馳せながら,
ノスタルジーに浸りながら,ドライブを楽しもう。

                      夕焼けのロブソン



















アルパイン(海外) | コメント:0 | トラックバック:0 |

2008 カナダ遠征 ①

お盆に訪れたカナダ遠征のレポートです。
今回はロブソン山を南壁ルートから登る予定。
結果はいかに?

まずは第一弾 【 移動編 】

左:いよいよこの日がやってきた。快晴で言うことなし,出発!
右:四国の足摺岬。機上からの風景は新鮮
出発       足摺岬
左:初訪問のセントレア。まだ開港したてなので真新しい。お盆休みの旅行客で混雑
右:約10時間かけてサンフランシコヘ。ただしこの時点で予定より既に3時間遅れ。理由は整備+飛行コースによるもの。まだなんとかなる範囲だったので安心していた
中部国際空港       機上
左:サンフランシスコ着。だがそれからが長い。まず予定の便には乗れずに再手続き。これを済ますのに3時間かかり,カルガリー便まではさらに6時間待ち。これですっかり予定が狂ってしまう。ユナイティッド航空からは何の謝罪もお詫びもなし。アナウンスだけ。これには頭に来る。ここはもう二度と使わない。こんなことしているようじゃ,どんなことが起ころうともむべなるかな,だ。
右:というわけでカルガリーには大幅に遅れて深夜着。6年振り。懐かしい。
サンフランシスコ国際空港       カルガリー着
これまた懐かしい風景。
深いところにある記憶が呼び起こされていくのが,何とも言えない。
カルガリー国際空港

この後,何とか空いていたハーツに予約していたレンタカーを取りに行くが,
" I thought you were not coming . "といわれ,予約していた車は貸し出し。

" We have 2 pickup trucks available . "言われ,同料金で乗れるようなので,
そっちに決める。フォードのキングランチというバカでかい車を借りることに。

そして、真っ暗な中を一路,西へと爆走,カルガリーを抜け120kmくらい走ると
ロッキーの東の玄関口,キャンモアに着き,あまりに眠くて車泊。

本来なら今日中にロブソンインフォセンターまでいく予定だったのに・・・。

こうして長い長い一日は終わった。

明日は移動+登山というハードな一日になりそうだ。






アルパイン(海外) | コメント:0 | トラックバック:0 |

角上谷

今回は,【 角上(かくあげ)谷 】 のレポートです。
熊本の山都町,内大臣川の左岸にある谷です。

今回も半日の沢として遡行してきました。

《データ》
●水平距離:2,725m ●高度差:730m ●遡行:3時間00分 ●下山:1時間45分
●地域:目丸山東面,馬子岳北面 ●地質:下部は珪長質凝灰岩・泥岩,上部は泥岩・砂岩・チャートなどの混在岩 ●備考:下部の大滝,中部の植林,源流の原生林,と変化に富む。地形は下部のみ急峻。下山は前馬子(1228mピーク)手前の沢を下り西内林道終点へ。そこから5,290mで内大臣林道へ出て,北に2,450mでチッソ取水堤着。林道終点から走って1時間ほど(5分/kmペース)。

左:林道からは見えないが,入渓してまもなく現れる,角上の滝60m。浸食に強い珪長質凝灰岩の崖に懸かる。この地層は付近の馬子岳・洞が岳・千間山を形成してるものと同一のもの。4億年の浸食に耐え続けた急崖が特徴的。
★珪長質岩・・・無色鉱物を多含し,白っぽく見える。
★凝灰岩・・・火山灰などが固まった岩石。
右:滝上は地質が泥岩層に変わるので,地形も変わり平坦になる。地質と地形とは密接に結びついている。沢登りとは,ただ沢を登るだけではなく,周りの地質・植生など自然を総合的に学べる,総合知的フィールドでもある。
角上の滝60m       滝上の平流
左:珍しかったので思わずパッシャ。
右:植林帯で味気ない区間を過ぎると原生林の中へ。
岩間から吹き出す水       原生林
左:上部にはこのような滝が多く,そのほとんどがシャワークライミングで水をかぶって登れる。最高の避暑だ。何回もやっていると寒くて震えてくるほどだ。
右:源流は見通しが良くきく。
3m小滝       源流
左:登山道に出たら,前馬子ピーク(地図上1228m)をめざし,その手前のコルにあるここを下っていく。
右:そま道を下ると西内林道終点へと導かれる。今はもう自然回帰しつつある林道で,車で入ることはできない。5kmちょっと走ると内大臣林道に出る。そしてさらに走ると出発点のチッソ取水堤に着く。
ここを下る       西内林道(左)と内大臣林道(右)

とまあ,しめて4時間45分,小粒ですが変化に富む良い沢でした。
情報をくれたIKさん,ありがとうございます。
これからも新規開拓お願いします。

今日は早朝から俵山往復トレラン,ここ角上谷の遡行,そしてこの後はジムでのウェイトが待っています。それもこれもすべては,8/11~8/16のカナダ遠征のため。

というわけで次回のアップは8/16以降となります。

★Mt.Robson(3,954m) South Face ノーマルルート★ 
   グレード:Ⅳ 高度差:3,099m(駐車場から)
              
    ロブソン南面ルート










沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |

【 下津留川:左俣 】

さて,今回は 【 下津留川:左俣 】 の遡行です。
熊本の美里町,雁俣山北面を流れる川です。

ここには右俣・中俣・左俣とあり,中俣が最もポピュラーです。
過去に全て遡行しているのですが,その後の様子を見るのと
デジカメに納めることを目的に再遡行してきました。

《データ》
●水平距離:3,250m ●高度差:780m ●遡行:4時間01分 ●下山:1時間02分
●地域:雁俣山北面 ●地質:下部は珪長質火山砕屑岩,上部は泥岩・砂岩などの混在岩の小岩体
●備考:実在断層が3本,谷を横切っており急な地形を作り出している。渓相はゴーロ,ゴルジュ,ローカ,釜泳ぎ,滝のシャワークライミング,源流散歩などバラエティに富んでおり,密度は高い。

左:下流は開発されていたり,出水で流倒木や両岸の抉れなどが目立つ。
右:散在するゴルジュの中にはこのように釜を泳いで取り付く滝がある。
荒れた下流の渓相       3mゴルジュ滝
左:左俣に入ってすぐに上部を見上げる。
右:左俣一番の大滝。かつては左斜面に天然わさびの自生が確認できたが,今はもう面影なし。
左俣の渓相       左俣大滝20m
左:前述の20m滝の上にある二段滝。見応え十分。
右:770m二俣にて。緑の具合が良い。
20m二段滝       上部二俣
左:源流はこんな感じの草原状になっており,爽快感を味わうことができる。
右:二本杉峠。ここから入渓地まで9.31kmの下山ラン。今回はキロ5分ペースで下った。
源流域       二本杉峠

約7年振りでしたが,やはり荒れ方がひどくなっていました。
谷としては色々な要素をバランス良く備えているので,
今後も可能な限り美しくあってほしいものです。

夏の暑い日の,半日の沢にはもってこいの,オススメの1本です。


★☆★次回は,内大臣川流域の 【 角上(かくあげ)谷 】 です★☆★




      



沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |

楓谷:左俣

さて今回は【楓谷:左俣】の遡行です。

祖母山系の南面に位置し,小規模ながら滝が充実している谷です。
2002年,ここから祖母・傾山系の南面の谷の開拓が始まりました。

尾平中心のガイド沢とは異なり,その明るさや開放感に,
沢は南面,沢は宮崎,と実感したことをよ~く覚えています。

《データ》
●水平距離:1,800m ●高度差:618m ●遡行:2時間29分 ●下山:1時間05分 ●地域:障子岳南面 ●1:25000図:祖母山 ●地質:(石英)安山岩 ●備考:この地域にはお手頃な沢が集中している。楓谷:右俣,栂谷:右俣・左俣右沢・左俣左沢,小又川,クチヤ谷など,どれも小粒だがピリッと効いたスパイスがある

左:林道からすぐの出だしの滝。見えているのは下段15mのみで,この上に7m,20m,4mと滝が連続する。見事。ただ減水しているのが残念。増水していると迫力が増す。
右:左俣に入ってから10m滝を登ると現れる。飛沫をわざわざ浴びることは,最高の避暑となる。
15m滝       25m斜滝

左:もう縦走路。早い。古祖母山まで登ってから,下りに入る。もちろんトレランで。
右:林道手前で栂谷を横切る。この滝は瀑風が吹き付けるので,汗が一気にひく。ひんやりとして爽快だ。古祖母山~土呂久林道まで4,56km。登山道は伐開されているので明瞭。
縦走路       栂谷の15m滝

とまあ,今日は軽めの沢でした。
午後から用事が立て込んでいるので,しばらくはこんな感じの軽い沢になりそうです。

6年振りの再訪に,あのころの気持ちを少し思い返すことができました。

今思うこと,それは沢にグレードなんてない,ということ。それぞれに良さがあります。
西洋風に何でもカテゴライズしてしまうのではなく,枠にとらわれない自由さこそが,
沢の醍醐味,なんて思ったりしちゃいました。

ロブソン前にあと2回ほど沢に行きます。

★☆★次回は,【 下津留川:左俣 】です★☆★









沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |