FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

トレイルラン ★傾山周遊★

今回は,大分の祖母(そぼ)・傾山(かたむきやま)系最後の調査コース,
傾山の周遊に出かけてきました。

本来なら阿蘇北面の予定だったのですが,仙酔峡で氷結が甘いと判断,
傾山へ転進ということに。

傾山という名前に関してこういう伝承が残っています。
「その昔,傾山が祖母山に恋いこがれて頭を祖母山の方に傾けたので,そう呼ばれるようになった。」

また,こんな話もあります。
「昔,祖母山と傾山が背比べをした。そこで両方の山頂に樋をかけて水を流してみると傾山の方から祖母山の方へ水が流れた。それに怒った祖母山は,傾山の頭をたたいた(あるいは押した)ので,傾山の頭が傾いてしまった」

いずれの話にしろ,昔の人々は山をそんな風に捉えていたのでしょう。
神聖な場所として崇めながら一方で,人間臭さを漂わせ親近感を感じる,といった具合に。

そう言えば,熊本の金峰山(きんぽうさん)と飯田山(いいださん)にも似たような話が伝わっています。

左:仙酔峡の滝。この滝の氷結具合で北面のおおよその状態がわかる。これは甘い。程度としては,赤谷上部の大滝が凍っている程度。気温も高めで断念。傾山へ。

右:今日のコース。左上の上畑(うわはた)出発,中心の九折駐車場までロードラン,そこから下に進み,九折越。右へ傾山,上へ三尾,そして左へ九折駐車場(四角形の左回)。最後は元の上畑まで。
ロードが7.7km,山道が11.1kmの,合計:18.8kmのラン。
仙酔峡       今日のルート

左:まだいるのかな。因みに最後の捕獲は1987年。
右:最初は山手本谷左岸のこんな道で始まる。
看板       渓谷沿いの道

左:カンカケ谷に出合うと上流へ向かう。途中にはこんなケルン(道標)があり,誘導してくれる。
右:尾根を一登りすれば林道へ。
カンカケ谷のケルン       林道

左:こんな感じの粉雪が地面に塗されている。
右:九折越への登りから見える傾山。骨太で格好いい。
木の葉上の雪       傾山

左:九折越。前回とは大違いで冬の装い。
右:走るにつれて次第に大きくなってくる傾山。右から,後傾,本傾(最高点),前傾。
九折越       千間山からの傾山

左:後傾からの本傾。寒そうな感じ。

そして傾山着。標高差:1,230m 距離:9,180m 時間:2時間50分40秒。
上畑から3時間切れたのでOKかな。

ここから下りが始まる。

右:本傾からの下り。走ってきたルートを振り返る。
後傾からの本傾       九折越を振り返る

左:五葉塚からは右の水場ルートと左の坊主ルートに分岐。左の坊主ルートへ。いきなり15mの岩場下り。このルートは岩場・崖上にルートがあり,登山道にしては危険度が非常に高い。油断禁物。

右:振り返ると九折越までの九折れの道がよくわかる。上手にジグザグを切って登っている。こんな様子がわかるのも木々が葉っぱを落とした冬ならでは。
五葉塚からの岩場下り       九折越への登り

左:足の左下は高さ200mの断崖。先に見える林道との高度差は約800m。この高度感は九州でも三指に入る思う。
右:見事な芸術品。凛と研ぎ澄まされた冬の風物。
道の脇は崖       氷の芸術

左:2つ坊主・3つ坊主の岩峰を越えると道は穏やかに。三尾までは爽快なトレラン。
右:松の倒木にあったキノコ。ヒトクチタケといって枯れた松につくキノコ。
三尾への尾根道       珍景

左:傾一の名瀑,観音滝。ここには断層が走っており,滝上には坑道が見られる。かつてここには豊栄鉱山があった。
右:かつての名残を残す道。九折越との分岐点。真っ直ぐ進むと駐車場に行き着く。
観音滝78m       旧トロッコ道

駐車場からは上畑まで3,860mのロード。
最後の急坂で一部歩いてしまったが,何とか走りきれゴール!

距離:9,600m 時間:2時間52分03秒。
帰路も3時間を切れてOKかな。

これで上畑起点の祖母・傾の距離測定が終了。
全行程で,38,5kmのコース。
言われていたのよりも随分と長い。

今年の4月には一日トレランの予定。
目標は13時間切り。



スポンサーサイト
トレイルラン | コメント:0 | トラックバック:0 |

霧立越トレラン <向坂山~平家ブナ>

阿蘇北面は氷が未発達だという情報を得て,予定変更。
またまた雪山を走ることにしました。

場所は霧立越,向坂山と平家ブナ間。7,790mの往復。

西南戦争で西郷軍が敗走した道,また馬見原と椎葉を結ぶ駄賃付けの往還路
として歴史ある尾根道。

左:日肥峠(杉越)までは緩やかな道。雪は締まっていそうで,ズボズボ。トレースに助けられる。
右:白岩からの眺め。向霧立越方面。奥に3つこんもりとした鈍頂が確認できる。右から国見岳,小国見岳,そして五勇山である。
日肥峠(杉越への道)       白岩から向霧立越方面

左:ネットに絡まった子鹿。首にネットが絡まり苦しそう。急いで救出。が,近づくと暴れて手がつけられない。しまいにはグッタリしてしまった。おちたな(気を失ったな)と思い,急いで救出。まず首からネットをはずし,呼吸と心拍の確認。心拍は100近くで高いが,ともにOK。あとは気道確保と意識が戻るまでの体勢保持に努める。このあたりは人間の場合とまったく同じ処方。そして3分後,うつろだった瞳に精気が戻り始め,復活。まだフラフラしながらも谷の方へ下っていった。気をつけてな。同じ自然の中で生きる者同士,しっかりと生きていこうな。山を始めて13年,日本で野生の生シカに触れたのは初めてで感動。それとカナダでのレスキュー研修がしっかりと身に付いていることにも感謝。様々な状況の分類,その対処法と実践。レスキュー先進国での経験は一生もの。

右:灰木の頭(はいぎのかしら)から扇山方面を望む。ここから道は登り調子になる。しかし天気がいい。
ネットに絡まった子鹿       灰木の頭から扇山方面

左:馬つなぎ場。この辺はまったくトレースがなく,進むのに時間がかかるが,最高。
右:南に進むにつれて雪解けが進む。
馬つなぎ場       南面では雪解けが進む

左:枯林のなかに白い白線が延びる。冬の道。
右:向坂山を望む。道が白筋となって視認できる。
雪がしめす道       最後の登り,向坂山

とまあ,こんな感じの一日だった。

雪道を走るのは砂を走るのと似ている。
クッションがいいかわりに力がことごとく吸収されるので,足腰の鍛錬にはもってこい。
ほんと,冬のトレランも味わい深いものがある。

★☆★次回は天気次第ですが,寒波が来たら阿蘇北面ダイレクト尾根ノーマルルート:右ガリ-バリエーション,または,傾山周遊(九折起点)のいづれか。
トレイルラン | コメント:0 | トラックバック:0 |

第28回 いぶすき菜の花マラソン

とうとうやってきた。
第28回 いぶすき菜の花マラソン。

終わってみると波瀾万丈のレースだったので,
非常に印象深く,くっきりと想い出に刻まれることになった。
大満足のレースだった。

まずは,会場に行き着くまで。

 仕事が異常に長引き,出発は朝の5:30。もちろん徹夜。時間的に飛ばしてギリギリ間に合うかどうか。とにかく最大限の努力をして会場へ急行。谷山ICを降り,一路指宿へ。ところが喜入を過ぎたあたりから渋滞にはまり,会場着はなんと出発2分前の8:58。あわてて駐車場から1km先の本部へ向かう。
 
 そして本部間近のところで,スタート!なんと目の前でレースが始まってしまう羽目に・・・。
急いでゼッケンを受け取り,記念写真を撮り,アップなしでスタート。もちろん最後尾。14,000位くらいでの出発。周りはスタート直後の閑散としたムード。とにかく出走できただけでもOK。天気:曇り 風向:北西5m 気温:9℃。

左:出走者の最後尾。先頭はここから800mほど先のところ。とにかく参加者が多い。
右:見渡す限りランナーなし。ここからダニエルも真っ青の数百人抜きが始まる。
到着時の状況       ドベからのスタート,14,000位くらい。
左:ここまで来ると前のランナーというか競歩者を次々に抜いていく。軽く500人は抜いた。でもこれってマラソンなのに既に3km地点から歩き始めてるなんて…。

右:池田湖と開聞岳を見ながら走るコースは前半のハイライト。ここを走れただけでも参加した甲斐がある。この地点で13kmくらい。まわりはほぼ全員歩いている。やっぱりマラソンじゃなく,一種の競歩会だね。高校でやるような。
第一エイドにて       池田湖と開聞岳

左:道中,天竺へ向かう三蔵法師一行を見かける。武運長久を祈ります。お気をつけて。
右:この辺から天気は回復しだし,晴れ間がのぞく。最高のラン。
三蔵法師一行       地元の応援

左:ここのエイドの豚汁は大人気。こんな感じでみな沿道で休憩。もはや走っている人はゼロ。完全なる競歩会。
右:そしてフワラーパークへ。今回はいろいろありここで収容されることにする。
ここの豚汁は大人気       26km地点のフワラーパーク

左:収容バスの車窓から。前方の坂を上りきればあとはゴールまでは長い平坦路。
右:そして帰ってきた競技場。今回はあのゲートをくぐることはできなかったが,来年は必ず!
山川→指宿間の海岸ロード       夕暮れ時のゴール

こうして今回のいぶすき菜の花マラソンは終わった。

そしてその夜…

左:今宵の月は妖しく輝いている。何かの偶然か,宿泊先は「月見荘」。
右:疲れた体にはこれ。指宿名物【砂むし】
今日は月が素晴らしい       指宿名物:砂むし

今夜は疲れを抜くべく,砂むし・晩餐と贅沢極まりないものとなった。1年に1回くらいはいいよ。
晩餐後は36時間振りに横になり,2人とも泥のように寝入る。とにかく徹夜でよく頑張った!

そして翌日…

左:朝刊に昨日のことが。地元の一大イベントなんだね,きっと。人口約4万の指宿市に,この大会だけでその半分ほどの人が詰めかけるだもんな。

右:今回のコースの鳥瞰図。全国でも珍しい周遊コース。コースどりは素晴らしいと思う。ただアップダウンが思いのほか激しく,記録は出しにくいと思われた。因みに今回は2時間23分がトップらしい。
翌朝の朝刊       今回のコース

左:お世話になった月見荘。接客・料理・施設・風呂・快適さ,どれも最高レベル。また来ます。

右:帰途,霧島温泉に立ち寄る。湯之谷温泉。知る人ぞ知る秘湯。ここの炭酸泉には硫黄が含まれており,低温・白濁の湯となっている。全国でもここだけらしい。隣の硫化水素泉とともに血管拡張作用は,今日みたいに冷える日には大活躍。
月見荘       霧島温泉:湯之谷山荘

とまあ,今回はこんな感じでした。
大会の雰囲気は非常によく,売店や食事のサービス券なども充実していました。
地元の約2,000人のスタッフの方々に感謝です。

この大会は記録狙いというよりは,参加して楽しむ大会だと感じました。

結果はどうあれ,今は充足感で一杯です。こうして目標にしていた大会が終わり,また次へ向けての練習が始まります。次は3/8にある天草パールラインマラソンあたりかな…
どんな大会になるか,いまから楽しみ!


ロードラン | コメント:0 | トラックバック:0 |

祖母・傾トレイルラン 【尾平越→←九折越】

いぶすき菜の花マラソンまであと数日…
今日は最終調整のために,軽めのトレイルを走る。

場所は祖母・傾山系,尾平越(おびらごえ)-九折越(つづらごえ)間,尾平越からの往復ピストン。
約19km,尾平トンネルから往復4時間30分程度。

左:トンネルの宮崎県側には2カ所の登山口がある。
1つは写真のように新尾平越への登路(トンネル左側)。もう1つは,トンネル右側の旧尾平越への登路。どちらも稜線に通じる。

右:稜線は葉がすっかり落ちてしまい見通しは抜群。心地よく走ることができる。
登山口       冬の稜線
左:旧尾平越。宮崎県の高千穂~大分県の尾平を結ぶ重要な往還路だった。
道が抉れていることが,往還の歴史そのもの。右下は宮崎側,左下は大分側。

右:三国岩からの展望。祖母山方面がバッチリ。
旧尾平越       三国岩からの展望
左:連日の好天で雪はわずか。本谷山手前にて。
右:本谷山を越え,笠松山へ向かう途中で。空の青が深い。
残雪トレイル       青空とトレイル
左:がっちりとした傾山。トレランの最後をしめる東の雄。
右:この疎林は秋の紅葉時期がベスト。黄金色に染まる景色は一度見たら,生涯忘れ得ぬものとなる。九折小屋手前。
傾山       九折越への道
左:あっという間に九折越へ。ここも往還路の1つで,大分の九折(つづら)と宮崎の見立(みたて)を結んでいた。名の由来は,大分側が急峻で,道が幾重にもジグザグを切らないと登れなかったことから。

右:看板案内。折り返し地点。この後,天気は一気に崩れみぞれ交じりに。それが1時間ほど続いた後は,再び晴天に。今日の天気はめまぐるしく変化していた。
九折越       九折越の看板


下山は,旧尾平越から,左下へ下る道を利用。
 
  この道は前述のように往還路の1つで,峠直下の宮崎側には六角小屋が建っていた。
今でもその残滓に触れることができる。
  トンネルまではほぼ植林帯になっており,下山道は往還路と杣道(そまみち,植林用の道)との混合路になっている。かつてはここを馬などを引きながら越えていたのだろうか。

  この道は大分側へも続いており,いまでは道路の法面に阻まれて忠実に道を辿ることはできない。トンネル下のカーブ地点から尾平へ下る近道ルートがあるが,これがその名残。往時に思いを馳せながら道を歩くのもまた充実感がある。
  自然の中での活動は,単にその動的側面だけではなく,歴史・民族・植生・地質・気候などその静的側面も楽しめる所がいいね。「生の総合フィールド」って感じかな。

  ついでながら旧尾平越から596m先に新尾平越があるのは,1966年(S41年)に尾平トンネルが開通したあとに旧道が分断されたため,新道を敷設したことによる。よって新道は荒削りで急峻な上,歩きにくい。








トレイルラン | コメント:0 | トラックバック:0 |

指宿菜の花マラソン 

いよいよあと3日。

案内状

初めてのフルマラソン参加。

参加者は約18,000人らしい。凄い人数だな~。
不安は少し,期待大。ワクワクしてます。

何もしないと落ち着かないので,
軽めの10kmのロードと15kmトレランで最終調整をして
臨みたいと思ってます。

まあ記録を狙うわけでもないので,相棒とのんびり写真撮りながら走ります。


★次回は,祖母・傾トレラン(尾平越→←九折越)をお送りします。


ロードラン | コメント:0 | トラックバック:0 |

2008年度 沢&トレラン&ロード納め

今回は2008年度の締め。

沢(マタロク谷),トレラン(国見岳~峰越峠),ロード(峰越峠~栗野登山口)
と一挙に敢行しました。場所は九州脊梁山系の樅木地区。

吹雪く中,苦悶の9時間30分,33kmでした。

左:栗野登山口手前に車を止めて,まずは樅木林道を入渓点まで4,45kmラン。体を温める。
右:左俣は昨秋に遡行したヒガエリ谷,今回は右俣のマタロク谷に入る。
入渓点にある橋       冬の滝

左:雪景色の沢もなかなかのもの。
右:これも冬ならでは。
マタロク谷の渓相       冬の水面

左:至る所に垂れ下がっている。
右:源流はこのような小川状。地形も緩いのでホッと緊張がとける。
氷の芸術       源流小川

左:縦走路は真っ白。雪の中をひたすら進む。
右:半年ぶりの国見岳山頂,1739m。じっとしていると寒いので,ここで沢具→トレラン具に着替え走る!
真っ白な縦走路       熊本県最高峰,国見岳山頂

左:五勇山,烏帽子岳と走り過ぎ,ようやく峰越峠着。峠にはジープが3台あり,キャンプをしていた。こんな時に,こんな場所で…物好きな人もいるんだな~(あんたもよ!と突っ込まれました)。
右:道路は積雪で一面真っ白,そこをサクサク言わせながらトレースを刻んでいきます。これもまた真冬ならではのトレランの醍醐味。
峰越峠       真っ白な路面

峰越峠から樅木林道入口まで10.4km,そこから林道を8.4kmで栗野登山口手前の駐車スペース。
最後は日も暮れ,ヘッドランプでのランに。ライトに照らし出される舞雪が何とも幻想的でした。

2008年もいろいろとありましたが,
こうして健康であることに,まずは感謝です。

2009年はまず,1/11の指宿菜の花マラソンが控えているので,
記録にはこだわらず,楽しんで走れたらと思います。

先日の練習では42,195km走り,タイムは3時間54分08秒。
初めてのフルにしてはそこそこかな。

今年も沢,トレラン,ロードともっと走り込んできたいと思います。

※1~2月は溯渓はお休みです。ロード,トレラン,アイスクライミング,阿蘇北壁,スキー,などの話題が中心になると思います。タイトルとはかけはなれますが,ご了承下さい。



トレーニング | コメント:0 | トラックバック:0 |

トレラン 《 八丁越→祖母山→尾平越 》

明けましておめでとうございます。

マニアックなブログですが,今年も
よろしくお願いします。

さて,今回は祖母・傾山系の八丁越~尾平越間のトレランです。
尾平起点でグルっと走ってきました。

左:国道57号線から望む祖母・傾山系。
右:まずは県道7号線から尾平林道に入り,八丁越を目指す。高度差700mの登り。走ったせいか1時間を切ることができた。
朝焼けの祖母・傾       八丁越までの登り
左:先日,小雪の中を走った前障子(左)と大障子(右)。見応え,迫力十分。
右:岩場になった尾根。15mほどだが刺激的。通称"鹿の背"
山岳用語で"○○の背"とは痩せた尾根の事を指す。平坦で細くなるに従い,馬の背→鹿の背,またこれに高低差が加わると,ラクダの背→ゴジラの背という感じ。雪と一部凍結だったので,慎重に歩を進める。
八丁越先から振り返る大障子(右),前障子(左)       鹿の背
左:雪が道しるべとなる冬のトレイル。これはこれで見事。
右:宮原先の"馬の背"から望む,祖母山。
雪の小径       祖母山とQ合目小屋を望む
左:一瞬のガスの晴れ間に後半のコースを遠望。このあとは小雪混じりとなった。
右:ほんと,雪が良い感じでトレイルを際だたせている。
祖母山頂から後半のルート       ワインディングロード
左:今の尾平越。旧尾平越は本谷山へもう少し行ったところにある。
右:尾平に下山後,走ってきた稜線を見上げる。天気は下り坂。
尾平越       尾平から見上げる祖母~障子岳の鋸稜線

という感じで,今日は5時間30分,約21kmのトレイルとロードでした。

冬ならではのトレイルの魅力を感じることができた一日でした。
今日もまた感謝。

★☆★次回は,沢納+走納で,栗野登山口(国見岳)→マタロク沢→国見岳→峰越峠→栗野登山口の,沢+トレラン+ロードをお送りします。2008年の総仕上げ。




トレイルラン | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |