FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

南阿蘇トレイルラン 【 高森峠→萌里 】

今回は,南阿蘇のトレイルラン。
通常とは逆コースで走ってみる。

高森峠→萌里コース。

左:早朝の高森峠
右:ツクシヤブウツギの花。初夏の彩り。
P5240003.jpg       P5240005.jpg
左:中坂峠を越えて振り返る。
右:崩土(くえんと)峠。藪の中。
P5240010.jpg       P5240012.jpg
左:清水(きよみず)峠の電波等。峠まで1時間18分54秒。まあまあのタイム。
右:電波等を過ぎ,国有林へ入る。左奥は高千穂野(たかじょうや)のピーク。あそこには激急階段が。
P5240016.jpg       P5240020.jpg
左:快適トレラン。
右:もう駒返峠。2時間27分09秒。
P5240021.jpg       P5240029.jpg
左:美しい林。
右:足元の若芽。
P5240032.jpg       P5240035.jpg
左:ミヤマキリシマ。
右:地蔵峠を望む。この辺りからなだらかな尾根が続き,走るのにはもってこい。
P5240038.jpg       P5240039.jpg
左:グリーンロードの冠岳入口。3時間50分48秒。何とか6時間は切れそうだ。
右:陽光差し込むトレイルは爽快。
P5240043.jpg       P5240044.jpg
左:またまたミヤマキリシマ。
右:ヤマツツジ。
P5240047.jpg       P5240049.jpg
左:いよいよ最後の関門,俵山への上り。護王峠から高度差:197mの登高。
右:先行者。最後の急坂。足裏を上手に使い,登っていく。
P5240051.jpg       P5240056.jpg
左:俵山山頂。ここからは萌里まで4.600mの下り。いつものトレーニングコース。
右:萌里間近。もう少し!
P5240058.jpg       P5240064.jpg

そして,ゴール!

距離:31.45km / 累積高度:1.888m / 時間:5時間46分45秒

摂取:水分2L(アミノバイタル2倍濃縮),アミノバイタル3,600mg粉末×2,メダリスト固形×2
朝食を十分に摂ると,この程度の時間と負荷ならば,固形物は必要ありませんでした。

何とか目標の6時間は切れました。
先日の祖母・傾に比べると,はるかに走りやすい感じでした。

今後の課題はちょっとしたアップダウン(高度差50m前後)の走行かな。

登りで走れる範囲を広げることと,坂の傾斜に応じて素早く行動を切り替えること,を痛感しました。

6/28のイベント時には,しっかりと6時間を切れるように,作戦を立てたいと思います。

★次回は,「六弥太谷 in 椎葉村」をお送りします。


スポンサーサイト



トレイルラン | コメント:4 | トラックバック:0 |
| HOME |