FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

由布川地底ゴルジュ

                    今回は,大分にある有名なゴルジュを遡行。
                    この世のものとは思えないくらい刺激的でした。

                         P8270104.jpg
                               今回の一枚



P8270004.jpg       P8270008.jpg
左:今日もいい日になりそうだ。
右:案内板。ここは一部観光ルートになっている。入渓はもっと下流から。

P8270012.jpg       P8270022.jpg
左:来鉢橋(くばちはし)から入渓。この辺はまだ普通の田舎の川。
右:瀞と河原が交互に続く。お気楽。
P8270023.jpg       P8270030.jpg
左:目を引く穴と水の流れ。岩壁上を這うように流れる。優雅。
右:次第にゴルジュっぽくなってくる。
P8270033.jpg       P8270037.jpg
左:左右の壁からは滝となって水が流れ込む。広々とした渓。
右:田代橋下流のナメ。極楽。ナメもあるとは驚きだ。効果のあるアクセントとなる。
P8270042.jpg       P8270051.jpg
左:田代橋先の水路。ここを泳いでいく。幅1m~2m。せまっ。
右:両岸切り立ってくる。いいぞ。
P8270052.jpg       P8270056.jpg
左:明鏡止水トロ。静かな泳ぎ。
右:V字状に空間を切り裂く地形。
P8270064.jpg       P8270067.jpg
左:再びナメ。ここは地底のエデン。日が射し,水流がたおやかに流れる。
右:甲羅干し中のカメ。気持ちいいよな~。
P8270070.jpg       P8270074.jpg
左:ひと時の癒し。
右:いよいよ本番。ここも狭い。
P8270080.jpg       P8270083.jpg
左:側壁が次第に険しくなってくる。
右:陰影と縦横線が絶妙な渓相。
P8270090.jpg       P8270092.jpg
左:25m一筋スダレ滝。優雅。
右:壁の中から湧き出る滝。サラサラと音を立てて流れる。
P8270098.jpg       P8270100.jpg
左:核心の長さ200m,幅2mトロ。一気に泳ぎきる。
右:地底にかすかに差し込む陽光。希望の光。
P8270101.jpg       P8270108.jpg
左:この辺りになると幅1m~2m,側壁は50mにも達する。逃げ場なし。
右:地底の世界。異様な空間。
P8270109.jpg       P8270114.jpg
左:ずっと手前から音響を感じていた2m倒木滝。滝自体は小さいが,辺りに水音が反響して,恐怖心を刺激する。これが越えられない。複数ならばショルダー(相方の肩に乗り込む)が使えそうだが,ここでは水流のため無理そう。倒木にしがみついて左右に目を凝らすが,ハーケンを打つリス(岩の割目)やホールド・スタンスになりそうな突起が見当たらない。人工登攀しかないが,ハーケン等の打設自体が困難。倒木がなければ留まることさえ不可能。今日はここまで。場所は,渓谷橋の少し下流。この上に朴の木の探勝路があるはず。もう少しなのに・・・いつかは越えなければ。

右:帰りは下流へずっと下り,運よく道を発見。これで脱出できる。安堵。
P8270123.jpg       P8270126.jpg
左:谷から20分も歩くと地上へ生還。さっきまでの地底とのギャップは凄い,の一言。日の光がこんなにも素晴らしいものだなんて!体一杯に浴びる。幸せ~。

右:由布岳(左),鶴見岳(右)。手前の茂みが由布川の流路。あそこにあんなものがあるなんて想像しにくい周りの風景。


                      P8270129.jpg
                            秋はもうそこまで・・・


今回は途中まででしたので,減水時期を見て再び遡行をしたいと思います。ここから上流にある,みこやしきの滝・めがね滝,それにめくら滝の突破こそ,由布川地底ゴルジュの醍醐味なので。

しかし,凄いゴルジュでした。インパクトという意味では,これまで遡行したどのゴルジュよりも迫力があります。宮之浦川やXX谷のように天空に突き抜けるような,スケール特大のそれではなく,地の底,どこまでもぬまっていくような,陰鬱なイメージを受けるゴルジュでした。

なんか病みつきになりそうな予感。


スポンサーサイト
沢(九州) | コメント:14 | トラックバック:0 |

トレイル&ロードラン

今日はトーレーニングで俵山を走る。
苦手な暑さの中,敢えて走ってきました。

P8240003.jpg       P8240004.jpg
左:泉力温泉スタート。まずは俵山山頂まで5.56km,高度差830m。暑さと草繁茂でところどころしか走れない。

右:熊本平野の眺め。いつ見てもいい感じ。
P8240006.jpg       P8240011.jpg
左:最初の難関。第一の坂。いわゆる防火帯を登る。
右:山頂台地手前の杉林。お気に入りの区間。快適&爽快に走れる。
P8240013.jpg       P8240014.jpg
左:マツムシソウ。これが咲きだすと秋は近い。ワレモコウ,リンドウ,ヤマラッキョウ,シャジンなど俵山付近,地蔵峠付近は花の宝庫。

右:夕暮れの山頂。今日はここでストレッチ実施。先日のアシックスラボで,股関節と太腿裏と内側が硬いことが判明し,柔軟性をつけるべく毎日ストレッチ。たまにはこういう所でするのも清清しくなる。
P8240016.jpg       P8240017.jpg
左:縦走路を眺める。時間がある時には先のグリーンロードまで足を伸ばす。
右:俵山峠までの下り。ここも素晴らしいコース。正面には阿蘇五岳。
P8240023.jpg       P8240028.jpg
左:阿蘇五岳に向かって走るのは最高のラン。
右:峠に着く頃には日も傾いてきた。今日はいい夕陽がでた。

ここまでトレイル7.8km。

ここから南阿蘇の方へ下り,トンネルを2つ越え,泉力温泉まで12.55km。

峠からの3.8kmの下りは4'00/kmペース,ラスト3kmはビルドアップで,4'00→3'40→3'20と1km毎にペースアップ。アドバイス通り胸を張って腿を前に出すことをしっかりと意識して走る。以前はどんなに頑張っても3'20/kmというスピードは出せませんでしたが,最近は出せるようになり,向上を実感。トレーニングの効果はほんと少しずつしか現れないので,地道にやれば「明日はきっとできる」。


★次回は,九州を代表する由布川地底ゴルジュをお送りします。


トレーニング | コメント:2 | トラックバック:0 |

小谷川 in 霧島

さて今回は,霧島の小谷川。
ここはあるもので有名な谷なんです。
今日はそれを体験しに足を運びました。

《データ》
●水平距離:5,560m ●高度差:680m ●遡行:5時間20分 ●下山:56分 ●1:25000図:韓国岳・霧島温泉 ●地質:霧島火山岩 ●備考:途中で林道が2回横切るので,そこからの入渓も可。花房の滝19.2mと大滝20mは本流滝だけあって迫力満点。ゴーロ・釜・廊下・赤ナメなど見所満載。そして何と言っても核心は・・・

P8160004.jpg       P8160012.jpg
左:入渓後はこんな感じの優しい渓相。まずはリズムを沢に合わせることに意識を集中。
右:ちょっとしたゴルジュ滝。やけに水がぬるく,全然冷たくない。
P8160015.jpg       P8160020.jpg
左:花房の滝19.2m(by看板)。目測で18mと見ていたので近似値で安心。飛沫が凄い。豪快。
右:滝上の真っ赤なナメ。
P8160021.jpg       P8160023.jpg
左:これまた真っ赤なナメ。良い感じ。ホッと息をつかせてくれる。

右:いや~,やっぱりナメは良い。これで長さ60m幅15mほどあります。滅多にない貴重なナメ。因みにこれまでで最高のナメは,秋田の赤水沢にある通称「天国の遊歩道」ナメ。水が音を立てずに無音で1km以上流れており,車も走れそうな感じだった。あれは最高だったな,とふと思い出したりする。
P8160026.jpg       P8160030.jpg
左:1本目林道(日添林道)の手洗橋下の釜つき滝。

右:昨年できたばっかりの新品の砂防堤上にある10mスダレ滝。
P8160034.jpg       P8160039.jpg
左:真っ赤な岩盤に真っ白な水。対比が素晴らしい。霧島いいぞ!

右:出た~,直瀑20m。立派な容姿と水量。お見事。
P8160042.jpg       P8160044.jpg
左:なんだ?この色は?もうおわかりでしょう。これが何から来ているのか。この辺りで泳ぐと,熱くて汗をかいてきます。泳いでいるのに汗をかく?何か変な感じの初体験。

右:2本目の林道(日添林道58支線)から上は河原の石まで変わってくる。

P8160054.jpg       P8160057.jpg
左:じゃじゃ~ん!ここの核心はこれです。温泉。それも直湧き。川底全体がボコボコ泡だっている。このボコボコの中に大地のエネルギーが濃密に詰まっている。それを直に受ける事自体,極上の湯治なんです。

右:左の温泉部分と右の冷水部分。この境目に入るのがおつ。いや~最高ですね。この温泉。泉質はおそらく硫黄泉。

【マニア向け】 ~硫黄泉~

今日は温泉マニアに変身。硫黄泉はその独特な臭いが,大きな特徴です。硫黄自体刺激が強いので,それが皮膚や,呼気により胃腸へ刺激を与えることで,皮膚の代謝や胃腸の調子を活性化させる効能があります。また活性化に伴い体温上昇効果もあるので,寒い冬などにはうってつけの温泉と言えるでしょう。ただ,その強い刺激ゆえ,体質的に合わない人もいるので要注意です。また強い人であっても長時間の接触は,皮膚の弱いただれや体調不良を引き起こすことにもなりますので,ほどほどに触れるのが良い泉質です。

代表的な場所として熊本の地獄温泉が挙げられます。ここも古くからの湯治場として知られ,玄人にはよく知られている名湯です。

P8160067.jpg       P8160071.jpg
左:こんな感じで沢全体が煙立っています。最近はガスの濃度が上がっているようなので,行かれる際はくれぐれも自己責任の元で,行動されて下さい。

右:温泉地帯を過ぎると普通の沢に戻り,水が冷たくなる。やっぱこれだね。冷たいのが気持ちよい。
P8160078.jpg       P8160088.jpg
左:源流の様子。もうそろそろいいかな。

右:そしてヤブ化しつつある歩道を見つけ出し,近くの日添林道へ脱出。帰りはお決まりのトレラン。さっき通った花房の滝を眺めながら下っていく。

いや~最高でした。
沢を登り詰めて温泉に辿り着く・・・究極の溯渓スタイルですね。

霧島は東面の大幡川に2回ほど入渓し,下部の大ゴルジュや上流の炭化木などに感動したことはありますが,西面は初めてでした。こっちも良い感じでした。
また高速が安くなる日に,訪れたいと思います。


★次も沢です。最近は走り込みが少ないので,沢+トレラン+ロードが一遍に楽しめる場所を探しています。


沢(九州) | コメント:2 | トラックバック:0 |

石並川 (新毛谷橋~美松橋)

ようやく訪れた快晴の日。
待ちに待たされ続けた思いを,成就しよう!

《データ》
●水平距離:8,500m ●高度差:185m ●遡行:8時間04分 ●下山:1時間22分 ●地域:尾鈴山北面 ●1:25000図:尾鈴山 ●地質:尾鈴酸性岩 ●備考:遡行は水量に影響を受ける。今回はやや増水気味だったが,少なければ少ないほど遡行はしやすい。最後まで泳ぐにはそれなりの泳力必要。核心は丸木谷出合いから先にある3m滝。水量が多いと釜全体に放射状水流があるので,滝の左壁に取り付くまでが非常に困難。左壁はアブミを使って登る(5.5)。

P8140002.jpg       P8140006.jpg
左:今日の夜明け。快晴を期待させる。

右:石並川。水量は増水気味。判断ポイントは,写真の上部の瀬の部分の石が見えているかどうか。写真中央右手の岩まで隠れているようだと遡行は非常に困難。そうなると巻きは必須。
P8140016.jpg       P8140020.jpg
左:石並ロックガーデン。最初に現れるポイント。記憶にしっかりと残っていた。
右:これこそ石並瀞①。長さ150m。疲れないように泳ぐ。
P8140029.jpg       P8140035.jpg
左:こんな感じで水が流れる。泳ぎの沢だと一目瞭然。
右:時にはこんな瀬戸も現れる。流芯,瀬脇,反転流(エディ)などをしっかり見切って泳ぐことが求められる。
P8140049.jpg       P8140058.jpg
左:石並川の由来ともなっている柱状節理。その規則性が目を引く。
右:石並瀞②。長さ200m。先へ行くほど細くなり急流と格闘しなければならなくなる。

【マニア向け】 柱状節理

溶岩が流れたあとにできるもので,大気や地面に近い部分から冷却が始まる結果,中央部に向けて均一収縮していくことになり,このような柱状に節理が発達する。断面は,中心から等間隔の距離に各辺を持つ六角形になることが多い(正方形や八角形もある)。

また,全体を通して上から下まで一定にできるわけではなく,半(部分)溶解した岩石を含み,最上下部にできるクリンカー,溶岩が急斜面を流下したときに形成されやすい板状節理など,さまざまな構造を持つ。

P8140063.jpg       P8140072.jpg
左:石並瀞②の最狭部。今回はライフジャケットなしなので地泳力で突破するしかない。
右:抜けた後を振り返る。これこそ石並の象徴。
P8140082.jpg       P8140089.jpg
左:昼なお暗い川底。

右:2m滝。やはり水量が多い。落ちたら間違いなくアウト。水量の多さで水中の水が広範囲で攪拌され,白泡がたぎっている。白泡部分には大量の空気が含まれるためここでの浮力は軽減される。その結果、こういう場所に落ちると浮かぶことができずに沈んでしまい,上に上がろうとしても上からの水圧や焦りなどで体力を使い果たし最悪の結果になることが多い。滝で起こる事故の典型的なケース。
P8140098.jpg       P8140117.jpg
左:そして丸木谷出合。柱状節理に懸かる3m滝。勢いよく水を吐き出す。

右:出合から30分進むと現れる核心の3m滝。水量多いな~。放射状流が目でもわかる。ここは釜の左際に沿って滝左の壁に張り付く。残置スリングと自己アブミを利用し,壁を登る。
P8140125.jpg       P8140130.jpg
左:石並川の野太い流れが一気に収束。
右:抜けると天国。ホッと一息。
P8140135.jpg       P8140141.jpg
左:陰影の動静の一瞬。
右:ミヤマカワトンボ。ジッとこちらを見ている様が何とも言えない。
P8140151.jpg       P8140160.jpg
左:川は次第におとなしくなってくる。
右:谷川橋の先,右岸から入ってくる支谷に懸かる25mスダレ斜滝。涼やかな印象。
P8140163.jpg       P8140168.jpg
左:水量はあいかわらず太い。
右:6m滝。釜を縦断し,滝右の壁を登る。ここも迫力あり。
P8140181.jpg       P8140187.jpg
左:トユ状流。轟音が響き渡る。
右:上流はこんな景色も広がる。快濶。狭→広→狭→広の展開は,八久和川(山形)を思い出させる。
P8140192.jpg       P8140197.jpg
左:まだまだ瀞は続く。最後まで泳がせられる。おかげで今日は一日暑さ知らず。
右:瀬戸も続く。
P8140199.jpg       P8140207.jpg
左:たおやかな平流に心が和む。
右:一日の泳ぎで希望どおりふやけた指先。久々に泳ぎつくした感がある。

美松橋からはロードの練習とばかりに走って帰ってきました。
陸にあがったとたんに吹き出る汗。今日はこんなに暑かったんですね。

石並川は6年ぶりでしたが,記憶に多く残っていました。
やはり,それだけインパクトの強い沢だったのでしょう。

今日はファイントラック社の上下で泳ぎましたが,非常に快適で,長時間の泳ぎも全く問題ありませんでした。これからも愛用したいと思います。


★次もどこかの沢をお送りします。


沢(九州) | コメント:4 | トラックバック:0 |

アシックスラボ in 東京

さて今日は東京です。
新橋にあるアシックスラボにお邪魔します。

走り始めてからずっと自分のフォームを含めた精密チェックをしてもらいたいと思っていました。その機会がとうとう訪れました。

P8090006.jpg       P8090012.jpg
左:離陸直後の鳥瞰。熊本平野と金峰山(奥)。この眺めはいつ見ても最高!
右:みななろ(3776m)の富士山。次はトレランで登ろうかな。
P8090033.jpg       P8090035.jpg
左:建物の外観。
右:トレッドミルでの測定。呼気によるAT値測定ができる。AT値とは有酸素運動から無酸素運動にきりかわる地点で,これを把握しておくことで効果的なトレーニングが可能となる。これ以外にもアライメント,足型測定,体組成など専門的な調査を受けることができる。
P8090039.jpg       P8090042.jpg
左:ロッカールームにあったアシックス創設者の名言。オニツカタイガーからアシックスへ。彼の魂は今も健在のようだ。
右:まさに今の国政を象徴するかのような一枚。黒雲のあとに来るのは・・・希望or絶望?
P8090043.jpg       P8090044.jpg
左:日露戦争時から集会場として有名。
右:1872年,ここから横浜にかけて初めて鉄道が開通した。東京駅ができるまで中枢機能があった。

日帰りだったためあまり回れなかったが,充実した一日になった。

今年の東京マラソンに平井アナが挑戦するのを見て,ここの存在を知り,必ず行きたかった場所でした。今回の測定では,自分が感じていたことを理論的に証明できたり,自分の意外な癖や特徴を知らされることで,非常に有益な測定となった。

ここはフォームを矯正する所ではなく,姿勢,バランス,柔軟性,筋力など不足している部分を補強・修正することで,より良い走りを目指すことができるように,アドバイスしてくれる所なのだ。
今まで軽視していた,【普段歩くときからの姿勢づくり】と【ストレッチの重要性】を感じさせられました。

これからの道筋がしっかりと見えたことで,これからのトレーニングにも力が入ることは間違いない。

スタッフの方々に感謝です。

10日後くらいに走行中のDVDと詳しい資料を送ってもらえるようなので,それもまた楽しみです。


★次回は,どこかの沢をお送りします。石並川だといいですが。
思いっきり泳いでふやけたい~!!

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

トレイルラン in 内大臣

最近,休みの度に悪天で沢に行けずじまい・・・。
仕事のある日は快晴なのに,休みに限って曇天。
石並川からなかなかお声がかかりません。
なので溜まっているストレスを発散すべく,長めに走ってきました。

コースは,内大臣橋-椎矢峠-天主山-囲-内大臣橋で42.49km。

P8050010.jpg       P8050013.jpg
左:椎矢林道は入口から規制。ここから林道に入り,南進して宮崎県境にある椎矢峠までゆっくり登っていく。

右:内大臣川は減水気味。
P8050015.jpg       P8050020.jpg
左:雨天後のみ出現する幻の滝70m。岩壁を割って流れる秘瀑。
右:広河原。度重なる出水で荒れ果てて,昔日の面影はなし。
P8050027.jpg       P8050032.jpg
左:国見岳への2つの登山口を過ぎ,椎矢峠までの最後の登り7km。

右:そして峠へ。内大臣橋から距離23.59km,高度差1,180m。椎葉村(鶴の下)からのコースより4kmほど長い。ここで半分ちょい。ここで北進し,天主山→菅林道→囲→内大臣橋へと。
P8050034.jpg       P8050042.jpg
左:天主山への登山路。旧作業道なので幅があり,うっすらと草が生え,理想的な路面。

右:天主山。周りが侵食され,侵食に強い石灰岩が表出した結果,このようなピークに。脊梁ではこのような石灰岩の岩壁,岩塔,ピークが見られますが,これらは差別侵食といって,地質の侵食の違いにより侵食に弱い部分が削られた結果,侵食に強い部分(石灰岩)が残り露出してこのようになっています。
P8050044.jpg       P8050048.jpg
左:センボンイチメガサ(千本市女笠)。
右:左から京丈山(左端),雁俣山(突峰),目丸山(右手の鈍頂)。


《マニア向け》 ~センボンイチメガサ [モエギタケ科]~

春~秋のキノコ。センボンの名の通り多数が束になって生えます。モエギタケ科のキノコは陰性・菌性なので,湿っている場所で倒木・枯木に生える傾向があります。判断ポイントは笠の頂上部がポコッと盛り上がっている点と濡れている場合,放射状の条線が出る点の2点です。一応,食用となっていますが,あまり美味しくはないようなので,知っている範囲に留めています。

似たようなキノコに激猛毒のコレラタケがあるので,要注意です。コレラタケは三大毒キノコである,①ドクツルタケ ②シロタマゴテングタケ ③タマゴテングタケに匹敵するほどの毒性をもっています。誤食頻度は高くはありませんが,食べるとコレラ症状,胃腸障害が出て,致死率は50%にもなるようです(因みに三大毒キノコで70%程度)。

さらに・・・コレラタケに含まれる毒成分は,αアマニチンでこれは①遅効性 ②耐熱性を持つ毒で,調理で加熱しても消滅せず,体内摂取して下痢・肝腎臓障害が出る(細胞破壊)までに時間がかかるので,結果的に高致死率を導きます。主な死因は肝不全,腎不全など。

自然というのは不可解というか深遠というか・・・

P8050019.jpg       P8050059.jpg
左:下りは脱力して速く走る,これが課題です。
右:ゴールの内大臣橋。ようやく帰還。

8時間30分,久しぶりに長く運動できて満足です。
夏場はどうしても短めの運動が主になりがちなので,
ストレス解消やスタミナアップのためにも,長時間運動を週一で取り入れたいところです。


★次回は,アシックスラボ(東京)での測定の様子をレポートしたいと思います。
科学の目で自分の走行フォームや体組成をチェックしてもらいます。


トレイルラン | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |