FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

由布川地底ゴルジュ② 【堰→渓谷橋上の1m岩裏滝】

                        またまた懲りずに行ってきました。
                           由布川地底ゴルジュ②
                    今日は前回より更にハマッた遡行になりました。
                           久々の全力投球です。


                          P9070062.jpg
                                今日の一枚
                               これは通過できん

P9070008.jpg       P9070015.jpg
左:前回知りえた道を使い,峡谷,いや地底へ降りていく。
右:前回より減水している感じ。この何でもないような所が案外難しいことが多い。

P9070022.jpg       P9070026.jpg
左:これはまだまだ序の口。由布川の真の迫力は渓谷橋の直下にあった!
右:宗津川出合いの20m二段滝。数少ない現在地を把握するポイント。

P9070030.jpg       P9070043.jpg
左:徐々に狭まってくるこの感じが,おどろおどろしい。

右:そして,前回の到達点。2m倒木滝。今回は倒木を利用して滝上に抜ける。ハーケン&カウボーイ(輪投げ)で無事登攀。釘打はあまり有効ではなかった。これで朴の木までいけると思ったが・・・
P9070048.jpg       P9070064.jpg
左:次の1mCS(チョックストーン,ひっかかり岩)滝の右壁,高さ3m,幅80cmの狭チムニーをボルト打ちの人工で突破。その先にとうとう渓谷橋が頭上に見えた!

右:橋先に進みすぐにハマる。これは突破できそうにない。この辺りは幅1m,高さ50m,谷底には激流が流れている。この岩裏滝は,ボルトを20本ほど使えば突破できないこともないが。引き返そう。これは無理。
P9070065.jpg       P9070066.jpg
左:ちょうど橋の下あたり。
右:谷底。おそらくこの辺りが由布川の最狭部ではなかろうか。

P9070077.jpg       P9070079.jpg
左:帰路。光芒が芸術的。
右:2m倒木滝先の長さ200m,幅3~4mトロ。
P9070088.jpg       P9070094.jpg
左:谷が開けると気分が楽になってくる。

右:そして地上へ。さっきまでの地底でのもがきは一体何だったのか?と思わずにはいられないギャップ。

時間があったので近くの由布川神社へ立ち寄る。そこで聞いた話によると,渓谷橋~由布川神社裏手あたりまでが,由布川峡谷で唯一人跡未踏区間で,これまで沢登りでやってきた人たちは,渓谷橋手前から地上に抜け,ここの神社の裏手から再度地底へ降りていき,上流へ遡行をしていたようだ。

確かに,橋手前の2m倒木滝,1mCS,橋先の1m岩裏滝,いずれの左右壁にもハーケン・ボルト,またはそれらが抜けた痕跡を認められなかった。ここを通過した先人はどのような方法で通過したのだろうか。今回行き詰った箇所は,今の自分の力量では突破できないと感じさせられた。あと1mくらい水量が少ないならば,おそらく行けるだろう。由布川峡谷の完全遡行は,宮之浦川を凌ぐこと間違いなし。宮之浦はルート取りに応じて技術や道具でどうにかなるが,ここはどうにもならない。

P9070097.jpg       P9070104.jpg
左:帰りは,憧渓さんお勧めの温泉へ立ち寄るが休館日。また後日ってことで,長湯温泉へ。目指すは日本一のラムネ泉。

右:入湯そうそうこの泡ブク。32度とぬるめでウトウトしてしまう。この炭酸ガスは体内へ取り込まれ,保温効果を発揮するようだ。


★次回も,どこかのゴルジュ突破をしたいと思います。今回ので何か火がついた予感。



スポンサーサイト



沢(九州) | コメント:12 | トラックバック:0 |
| HOME |