FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

アソパイン&ロードラン 【後編】

さて,前回の続き。
午後はトリップロードです。

トリップロードとは単に道を走るだけではなく,ちょっとした小旅行の気持ちを持って,
観光がてら楽しみながら走るというものです。

まずは宮地発。

カーテン滝       P1010038.jpg
左:国道57号を西進し,内牧へ右折。

右:なが~い直線路を向かい風に耐えながら行くと,大観峰(右奥)が見えてくる。ここ阿蘇谷では外輪山からの派生尾根が平野部に延びている部分を特に「鼻」という習慣があります。通常,「七鼻八石」と呼ばれているものです。石とは伝説が残る奇岩・巨石のことです。

七鼻とは・・・1獅子が鼻(左石が鼻),2尾が鼻,3古城が鼻,4蹴落が鼻,5遠見が鼻,6松が鼻,7妻子が鼻。現在に当てはめると,1は坂梨~箱石峠区間,2は大分へ向かう国道57号が通る箇所,3は別府一の宮線11号が通る箇所,そして5の遠見が鼻というのが,これから登る大観峰のことなのです。1922年(大正11)徳富蘇峰が遠見が鼻を大観峰に改名。まあ,経緯はともかく,ここから眺める中央火口丘群や阿蘇谷の開豁たる眺めは天下一品。島国でありながら,大陸感を感じることができる場所の一つです。外輪山上の広々とした波打つ草原地帯は,走っていて,カナダのアルバータ州の平原を思い出した程です。

P1010039.jpg       P1010042.jpg
左:内牧から上りが始まる。
右:小ステップ,少エネルギーで坂を登っていく。とにかくリズムを崩さずに一歩一歩・・・。

P1010044.jpg       俵山山頂
左:途中にはこんなものもあります。普段は冬でも滅多に凍らないんですが。
右:そして外輪山上へ。結局上りきるまで距離:6.7km,高度差:350m,50分かかりました。

P1010047.jpg       植林帯ラン
左:大観峰。今日は霞がかかっていて遠望できず。早々に立ち去る。

右:45号線を東進し,別府一の宮線と合流。この時点ではもう5%以上の坂道を走ることができない。脚にきている。

P1010051.jpg       夕暮れ
左:古城が鼻を下って,最後の苦悶の直線路を4kも走れば,ゴールの宮地です。
右:ここまでくれば終わったも同然。

とまあ,4時間21分,38.8kmのトリップランでした。あと4km走ればフルだったのですが,まあ距離はいいです。こうして楽しみながら走れたのが一番です。本当,最近は走ることが生活の一部になってきている,そう感じています。

こんな素晴らしい環境の中で活動できたことに,
今日もまた感謝です。


★次は未定です。

スポンサーサイト
アソパイン&ラン | コメント:6 | トラックバック:0 |

アソパイン&ロードラン 【前編】

久々に休みと天気が合致。
意気揚々と出かけるはずが・・・寝坊。

慌てて荷物を詰め込み,仙酔峡へ。
3月初旬のようなポカポカ陽気の中,

午前:高岳北面ダイレクト尾根
午後:外輪山トリップラン   

それではまずは,ダイレクト尾根から。

寝坊したこともあり,仙酔峡発は9:28。
午後のこともあるので開拓は延期し,速攻登山を課題とする。

P1010002a.jpg       P1010004.jpg
左:チベットのような景色。ラマ教の寺院とヒマラヤ高峰・・・知らない人は信じるかも。
右:最高の氷結状態。積雪も落ち着いているし,トレースもあるだろうから速攻。

P1010009.jpg       P1010011a.jpg
左:関門。北面に入る場合,たいていここでハーネス,メット,クランポン装着。
右:赤谷出合の10m斜枯滝。ここがソロで登れれば,北面のほとんどのルートはいける。

P2100011.jpg       P1010017.jpg
左:赤谷のトリを飾る大滝。これは2006年のもの。
右:現在はこうなっている。いかに埋まっているかが一目瞭然。

P1010021.jpg       P1010022.jpg
左:ダイレクト尾根のメインルート。チムニーは短いが奮闘的。

右:ダイレクトの頭から課題の赤ガレ谷奥壁を視察。ここにラインが引けたら北面は終わりにしょうと思っている。

P1010024.jpg       P1010025.jpg
左:ダイレクト尾根上部。最近の伐開により,歩きやすい。Kさん,ありがとうございました!
右:天気は最高。

P1010034.jpg
積雪のせいで高所の雪山にいる感覚になる時がある。仙酔峡まであと少し・・・。

という訳で速攻アソパインでした。
時間は全部で2時間32分。
まあ,天気,トレースなど好条件が揃っていたお陰です。

さて,腹ごしらえしたら,お次は外輪山トリップランに出かけましょう!
楽しみ!

つづく・・・

アソパイン&ラン | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |