FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

阿蘇トレラン

最近,休みの日は悪天なので,走りが中心です。
心情としては,早く梅雨明けして,沢三昧したい!

今日は阿蘇を走ってきました。

P6260020.jpg       P6260023.jpg
左:今日はここからスタート。暑い日は阿蘇に限ります。
右:まず車道を火口まで。

P6260024.jpg       P6260026.jpg
左:いつ来ても巨大な釜。
右:砂千里から尾根に取り付く。今日は奥の斜面をなるべく走るようにする。

P6260029.jpg       P6260032.jpg
左:尾根上は快適なフィールド。
右:火口を反対側から。奥は草千里です。

と約2時間30分,15kmのコースでした。
やはりここまで来ると風が涼しいので,下界を走るより気持ちいい。

来週こそは沢!にいきたいものです。
 
スポンサーサイト
トレイルラン | コメント:3 | トラックバック:0 |

トレイルラン in 脊梁 【内大臣橋周遊】

またまた脊梁トレラン。
前から構想にあったコースを走ってきました。

ルートは,内大臣橋からスタートして,
椎矢峠~角上(かくあげ)~遠見山手前~鴨猪(かもしし)林道~中尾~角上~内大臣橋。

距離:50,36km / 累高:1,408m

それではどうぞ。

P6060001.jpg       P6060007.jpg
左:霧の中の朝日。通常,朝日は夕陽みたいに直視できないので,ありがたくまじまじと眺める。

右:スタート直後の林道から振り返る内大臣橋。無事なら夕方には再びここに帰ってくる。まずは椎矢峠目指し,林道を南進。

P6060008.jpg       P6060010.jpg
左:宮崎県椎葉村と熊本県山都町を結ぶ椎矢林道。度々土砂崩れなどを起こしているが,その景観,距離,奥深さが走り屋を魅了する。

右:最初に右岸に渡る第一角上(かくあげ)橋。5.2km地点。足元は内大臣川(緑川の支流)。左に見える昔の小屋はいつか倒れるだろうなと思いつつ,もう10年が過ぎた。

P6060014.jpg       P5300001.jpg
左:西内谷橋から西内谷。7.79km。先日の周遊の時以来。これが本来の水量。
右:そしてこれが先日走った時の増水時の水量。水量次第で谷はまるで違う様相を呈する。

P6060021.jpg       P6060026.jpg
左:こんな感じでジワジワ登りが続く。

右:広河原。12.78km。昔はそれはそれは美しい平流と自然林があった場所なんですが,現在ではこうなっています。近年の豪雨の影響か,荒れ果ててしまい昔日の面影なし。

P6060033.jpg       P6060035.jpg
左:国見岳の杉の木登山口。16.6km。さて,ここからが峠へ向けた最後の登り。7.39kmで339m登るので斜度は4.6%前後。

右:途中から来し方を振り返る。奥のデコボコ尾根の右端が馬子(まご)岳。

P6060039.jpg       P6060049.jpg
左:熊本県側から見た椎矢峠。23.99km。前回走った時より1時間速い3時間24分で来れた。次はもう少し追い込んで3時間切りを目指そう。

と,ここまでは林道を上がるのみで,トレランというよりトレーニングの意味合いが強い区間。

ここでちょっと高岳まで足を伸ばしルート整備。コース上にテープを付けたり,倒木,斜木の処理をする。
夜間でもコースがたどれるように下準備。

そしてここから折り返して北進,作業道(那須往還路)をたどる。

右:切剥(きりはげ)というピークの先にあるニラクサダイラ。ここは青草が繁る平地で,晴れた日なんかは実に清々しい。眺めも良い。

P6060051.jpg       P6060054.jpg
左:旧作業道は良い感じに自然回帰している。
右:疎林の一コマ。

P6060056.jpg       P6060070.jpg
左:尾根筋を離れ左折,未走区間に突入。31.81km。初めての体験に心が躍る。

右:鴨猪(かもしし)林道は,さっき走ってきた椎矢林道から東へ尾根を一つ隔てた鴨猪谷沿いについている林道で,上部には車は入れないので,元に戻りつつある。そしてこれが,林道を良い感じに仕上げている。

P6060080.jpg       P6060086.jpg
左:林道を下り途中から旧中尾集落方面への道を辿る。ここは昔,内大臣事業所と鴨猪谷とを結んだトロッコ道。使われなくなって2~30年経つ。傾斜こそないが,鉄橋崩落,崩壊地のトラバース,岩場の巻きなどがあり,気軽に立ち入らない方が良い。これを辿ると尾根を回り込んで椎矢林道の第一角上橋に出る。45.06km。

右:再びの眺め。今日も無事に生還できホッ。50.36km。約10時間。

内大臣周遊コース終了。

これで課題が一つ片づき,また次の課題を求めてコース選定していると,あるコースをふと思いついた。

それは,砥用~二本杉峠~吐合~八八重~峰越峠~鶴の平~椎矢峠~内大臣橋~砥用のコース。標高差950m前後の峠越が3つ,それらをつなぐ110kmのロード。実に面白そう。こうやってどんどん頭のネジがはずれていっています(笑)。やれるかどうかは別にして,やれるように努力していくのが,生き甲斐になっています。

★次は晴れたら沢,曇(雨)天ならランです。

トレイルラン | コメント:1 | トラックバック:0 |

トレイルラン in 脊梁

先日,内大臣橋起点で走ってきました。
コースは,内大臣橋~椎矢峠~遠見山手前~鴨猪林道終点~中尾~角上~内大臣橋。

椎矢峠までは峠走のトレーニング(24km,3時間24分),
そこからはのんびりトレランで,未踏のコースを走ってきました。

距離50,36km,累高1408m,時間9時間56分54秒。

詳細は後日アップします。
トレイルラン | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |