FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

マタロク谷&キノコ狩

さて,今回は秋の山行。
沢,トレラン,キノコ。

脊梁奥深くを徘徊してきました。

PA240005.jpg       PA240007.jpg
左:樅の木橋に車を止めて,林道は全て走る。最近は舗装が延びてきており,走りやすくなった。
右:対岸の山に朝日が射し,斜面の紅葉を照らし出す。


林道を12.46km走ると,マタロク谷とヒガエリ谷の出合い着。

PA240015.jpg       PA240023.jpg
左:ヒガエリ谷の出だしの6m二段滝。
右:渓相はたおやか。


4m滝を登る。水はまだ濡れてもOK。

PA240025.jpg       PA240028.jpg
左:ムキタケ。
右:ブナハリタケ。

PA240037.jpg       PA240042.jpg
左:日が射すと渓相が一際映える。
右:平流が続いていく。

PA240045.jpg       PA240048.jpg
左:紅葉が素晴らしい。
右:この界隈は脊梁でも指折り。

PA240054.jpg       PA240061.jpg
左:上流になるほど谷へ光が届くようになる。
右:天気は快晴で言うことなし。

PA240063.jpg       PA240064.jpg
左:尾根筋もなだらか。キノコを探しながら彷徨う。
右:これはイチイの実。食べ過ぎるとよくないが,甘くて美味しい。


下りのトレラン。

PA240074.jpg       PA240082.jpg
左:ナメコ。まだこれから。
右:帰りは行きとは違う光線具合の景色を楽しめる。

PA240083.jpg       PA240084.jpg
左:樅木本谷と五勇谷の二俣付近から上流域を眺める。
右:帰りは下り基調で車まで9.2km。今日の締めくくり。

今日は天気に恵まれ良き休日となりました。
キノコは今年も良さそうなので,あちこち駆け巡る秋となりそうです。


★次も脊梁を彷徨う予定です。

スポンサーサイト



沢・キノコ・トレラン | コメント:0 | トラックバック:0 |

鉾岳クライミング on 大長征ルート

久々の更新です。

今回はロッククライミング。
場所は,宮崎の鉾岳(ほこだけ)。
高さ250m,幅300mの大スラブを登る。

登るのは大長征ルート。
11Pのロングクライミング。

※P・・・ピッチ。一回分の登る長さ。だいたい25~45mくらい。11Pのルートでは,トップが登って,セカンドが後から登って合流するという流れを11回繰り返すことになる。

今回から動画もお送りします。それではどうぞ。

PA100046.jpg       PA100050.jpg
左:出だし。樹木のない,のっぺりスラブクライミングのはじまりはじまり。
右:3P終了点の松の木から見下ろす。高度感が素晴らしい。


1P目のクライミングの様子。

PA100059.jpg       PA100063.jpg
左:中央バンド到着。以前のサビたRCCが全てハンガーに打ち変えられていて安心。
右:9P目の核心ピッチ。5級+。

※RCC・・・昔主流だった支点。強度があまり高くないので,落ちたら抜ける可能性あり。
※ハンガー・・・左の写真中央右寄りに見える支点。高い強度があるので落ちても安心。
※5級+・・・クライミングの難度を表すグレードの一つ。易しい方から1~6級までが基本範囲。ここの9P目は,米粒かそれ以下の岩の突起や凸部をつまみ(または指先をひっかけ),足指部を岩面に押しつけて登る感じ。


中央バンドでパートナー確保の準備。

PA100067.jpg       PA100072.jpg
左:8P目の出だし。5級。易しくはない。
右:9P目のクラック入口から見下ろす図。ここはキャメロット2~3番が効く。

※キャメロット・・・岩の割れ目のクラックにかませる道具。落ちた時に備える。


最終ピッチ。パートナーを迎え,感動のフィナーレ。

PA100077.jpg       PA100083.jpg
左:山頂から懸垂下降で降りる。
右:下山は固定ロープを多用して下る。

PA100086.jpg       PA100091.jpg
左:こんな所に咲くリンドウ。色合いの良い星型。
右:下山後,振り返る。右手の小さいピークに今日,登ったスラブがある。

パートナーと天気に恵まれ今日も感謝。


★次回は未定。


クライミング(九州) | コメント:4 | トラックバック:0 |

鉾岳クライミング

明日は鉾岳に行きます。
天気もよく期待が高まっている最中。
明日の夜にでもアップします。

乞うご期待!
クライミング(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |