FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

ゆく年くる年

2012年もあと3時間を切りました。
今年もあっという間の一年で,その速さには
ただただ驚くばかりです。

辰鳥あとを濁さず・・・,巳来へ向かって来年も進みたい。
そんなしょ~もないことを,ボンヤリと考えながら大晦日が暮れていきます。
数年ぶりに罹った気管支炎を早く治し,また走らねば。

この拙く,この上なくマニアックなブログにお越し頂いた皆様には
心からの謝意を申し上げます。

また来年も「一般的にこんなのありえん」的活動を目論んでいますので,
どうぞお気軽に遊びにいらして下さい。

それでは良いお年を!

インヤン

スポンサーサイト



日記 | コメント:4 | トラックバック:0 |

捜索山行

今回は雪中トレランを変更して,中岳で遭難したと思われる方の捜索に出向いてきました。

 朝方,警察で打ち合わせに加わり,中岳南峰南面を探しましたが,気象条件が悪く,思うような捜索はできませんでした。中岳南峰辺りは特に強風が吹き抜け,身体を傾けないと対面して立っていられないくらいでしたので,風速は20m前後だったと思われます。視界も15m程で,気温はー5℃前後,見通しが利かず,条件が悪すぎました。久々にまつげに「まつげ氷」ができました。

 もし本当に砂千里ルートを下山中に迷ったのであれば,標高950~1200m辺りの,倶利伽羅谷かヤカタ谷の枝沢(または沢のような凹地)にいるような気がしているので,今後も気に留めておき,機会があれば捜索していきたいと思っています。

 山での遭難やそれに伴う悲劇は,決して他人事ではないので,一日も早く発見され,遺族の元へ戻ってくれることを祈り続けたいと思います。
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

トレイルラン in 阿蘇2

さて今週も阿蘇のトレラン。今回は南阿蘇外輪山のレースでご一緒させてもらっているsoさんとのツーリング。足手まといにならないようにしなければ。

コースは先週の延長版で,清風荘~草千里~烏帽子岳~中岳火口~砂千里~中岳~草千里~湯の谷~清風荘の約28kmの周遊コース。累積高度は1,477m。時間は約6時間30分。

それではどうぞ。

PC170001.jpg       PC170005.jpg
左:スタートは金龍の滝を見ながら。
右:池の窪園地の端に上がると阿蘇らしい景色が広がる。予報では晴れ。期待も高まる。

PC170012.jpg       P9030049.jpg       
左:しかし天気は一向に回復せず,逆に寒風が吹き付ける始末・・・。中岳火口もこの通り。
右:実際にはこんな感じで見えます。せっかく来てもらったのに見えずにすいませんでした,soさん。

PC170015.jpg       PC170017.jpg       
左:砂千里経由で中岳への稜線を走る。
右:名残雪。

PC170018.jpg       PC170020.jpg
左:中岳からの下山路は付け変わっており,仙酔谷まで下り,そこから上り返して旧ロープウェイ乗場へ至る。
右:下山は草千里から湯の谷へ降りるコース。一部,素敵な場所を走る。

とまあ,こんな感じのツーリングでした。
今回は健脚のsoさんについていくので大変でしたが,得るもの大で,非常に有益な一日となりました。日頃は一人で走っているだけに,こんな感じで自分より速い人と走ると色々と刺激になります。soさん,ありがとうございました。今度は場所を変えて,お願いします。

★次回はトレラン走納です(ロード走納は12/31)。コースは南阿蘇の重水~地蔵峠~駒返峠~東大矢~ウソ峠~清水峠~長谷峠~二本松~重水。南外輪山を越えて登り返してくる,ロード+トレイルのミックスコースで約30km位。初めて走る区間が3カ所もあるので,新規開拓を一気にしてしまおうという魂胆です。また楽しみが一つ増え,今からワクワク感が高まってきます。天気は雪のようなので,ホワイトトレランといきたいものです。

トレイルラン | コメント:2 | トラックバック:0 |

トレイルラン in 阿蘇

本来なら沢納のはずが,路面凍結により不可。
ということでトレランに転進してきました。

本来ならもう一本沢に行きたかったですが,
今年は沢は10月の上の小屋ワンデイで納めることにしよう。

さてトレランは新規開拓で,行きつけの地獄温泉:清風荘を起点にしたコースを調査してきました。コースは,清風荘~遊歩道~草千里~烏帽子岳~古防中~池の窪~清風荘。

距離:15,53km(後半8.7kmはロード),累高:791m,時間:3時間05分の真冬トレランです。ではどうぞ。

PC100001.jpg       PC100005.jpg
左:金龍の滝。二段25m。ここが凍結すればアイスクライミングができそう。
右:ここから左上の歩道に入っていきます。

PC100009.jpg       PC100019.jpg
左:雪トレイルはなぜかワクワク度が高まる。

右:図上975mコブからの展望。烏帽子岳(左)や御竈門(おかまど)山のパノラマ。これが見れただけでも今日は成功。やっぱり阿蘇は素晴らしい。

PC100023.jpg       PC100028.jpg
左:草千里までの遊歩道は整備されているが,この谷筋を通る区間だけは荒れている。
右:草千里に出て,烏帽子岳へ向けて登る。

PC100032.jpg       PC100034.jpg
左:久々の山頂。
右:草千里を見下ろす。今日は厳冬期のコンディション。吹き付ける北西風が体温を奪い,試練を与えてくれる。


烏帽子岳からの下り。雪面は下っていて面白い。

PC100035.jpg       PC100041.jpg
左:ここからはロード。面白みは半減するが,ペースが上がるのと周囲の景色が素晴らしいので,町中のロードよりは面白い。

右:池の窪にて。冬の阿蘇の風物。

PC100044.jpg       PC100046.jpg
左:左に折れて清風荘へ下る最後のロード。

右:そしてゴール。ここの「すずめの湯」は西日本でも5指に入る秘湯。こんな所に行きつけるなんて何て贅沢なんだろう。しっかりと浸かり硫黄臭を身にまとう。この硫黄成分が血行や胃腸の機能を高めてくれる。

とまあ,こんな感じでした。また一つ新たなコース開拓で,楽しみを得ることができ感謝です。ここは,湯の谷に下りるコースと繋げれば周遊もできるし,高岳や中岳を回るコースと繋げればさらに面白みが増すことでしょう。良いコースを発見でき良かったです。

しかし,今日は厳冬期のコンディションで寒すぎました。気温-3℃+北西の風4mで,草千里付近では体感温度はー7℃くらいだったと思います。敢えてペラペラの秋装備で走りましたが,これからの雪山に向けては良いトレーニングになりました。

★次もトレランを予定しています。

トレイルラン | コメント:4 | トラックバック:0 |

阿蘇ロードラン 【阿蘇大橋起点】

さて今回は天気が悪いため沢は延期して,阿蘇ロードランに出かけてきました。
コースは阿蘇大橋起点で,→ 高森 → 箱石峠 → 宮地 → 大橋と周遊して戻ってくる約56kmのコースです。熊本城マラソンまで残り2か月ちょっとなので,それに向けたロング練習の一環です。

ではどうぞ。

PC030001.jpg       PC030002.jpg
左:大橋から出発。右折して橋を渡り南郷谷へ入る。
右:熊本方面を眺める。この頃から次第に晴れ間も見えてきた。

PC030003.jpg       PC030005.jpg
左:先週トレランで走った南阿蘇外輪山。
右:高森まで約17km,この頃から空には鈍色の雲が広がり始める。テンションも下がる。

PC030008.jpg       PC030009.jpg
左:大戸ノ口。高森からここまでの約9kmは登り基調で精神的にきつい。
右:箱石峠。上りもここまでだと思うとほっとするが,天気は悪化の一途でやる気が失せてくる。

PC030011.jpg       PC030019.jpg
左:坂梨までの直線路。この時には雨も降り出し,宮地駅までで終わろうと思っていたので,インターバル練習に切り替える。

右:久々の乗車。JRをうまく活用すれば途中リタイアも楽しめる。

と,天気のせいで宮地駅までの約40kmしか走れませんでした。せめて曇りならいいんですが,雨となると仕方ありません。また,機会を見つけ,一周にトライしようと思います。

★次は天気次第で,晴れ → 高尾谷(椎葉村),曇り → ランをお送りします。

ロードラン | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |