FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

アソパイン2

さて今日は予定通り,今季2度目のアソパイン。
仙酔峡~赤谷~ダイレクト尾根~仙酔峡の予定で入りました。
天気は終日晴れで,暗くなるまで遊んできました。
ではどうぞ。

P1280001.jpg       P1280002.jpg
左:今日の氷結具合は・・・情報通り甘そう。
右:関門までは3人で行動。

P1280009.jpg       P1280011.jpg
左:いつもより遅い時間帯で動いているので,光線具合に新鮮さを覚える。
右:赤谷出だしの10m滝。なんかいつもより難しく感じる。

P1280018.jpg       P1280022.jpg
左:赤谷最難の8m新出滝(今日はⅥ級)。上部の薄いシート状氷は厚さ1~3cm程で,叩くと割れるので浅い窪みに引っ掛けながら登る。私は気持ちが折れたので,代わりにAさんに登ってもらう。ピック,ツァッケ共に絶妙なバランスで突破。凄いクライミングを見させてもらいました。ここは先日ボルトを打設してもらったIさん達のお陰で登れました。ありがとうございました!

※ピック・・・アックスの刃の先端部
※ツァッケ・・・アイゼンの先端刃。

右:赤谷三段大滝の上段6m。足元のバツーラ,サルケンがビシバシと氷に食い込む。上部には通称「エイリアンの手」が覆いかぶさるように発達中。

※エイリアンの手・・・フェイスハガーの触手状に発達する氷。ここの名物となっている。これが発達すると上部へ抜けにくくなるので,適当に破砕しながら登る。



P1280025.jpg       P1280027.jpg
左:時間が迫ってきたので,ダイレクト尾根は諦め,帰りはカンスのコルからの下山路を利用。4~5年前に伐開した跡と,その時につけた赤テープが所々残っていたので,それを辿る。日も傾いてきた。

右:カンスのコルから俯瞰する阿蘇市。あそこは日が当たり暖かそう。早く里に帰りたい。

という感じの一日でした。終日晴れたのと,怪我なく今日を終えることができたことに感謝です。また寒気の様子を見ながら計画を立てたいと思います。

最後に,たまには自分の写真を。

赤谷 (8)       赤谷 (10)

赤谷 (18)       赤谷 (28)


★次回は,女鹿平スキーをお送りします。


スポンサーサイト



アルパイン(日本) | コメント:6 | トラックバック:0 |
| HOME |