FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

脊梁周遊トレラン

熊本城マラソンからはや一週間。
ようやくレースの縛りから解放されたので,久々のトレラン。

コースは樅木の八八重(はちはえ)~峰越峠~白鳥山~水上越(みずかみごし)~久連子(くれこ)越~上福根山~茶臼山~椎原~八八重の周遊コース。4月に予定しているUTSR(ウルトラトレイル脊梁山地,距離114km,累積高度6,800m,約35時間)の夜間走行区間で,迷いやすい箇所での蛍光テープ設置とコース確認が目的。

天気は上々,期待に胸が高まります。
ではどうぞ。

P2250001.jpg       P2250003.jpg
左:まずは峰越峠までの10km登りロードで身体を暖める。
右:九州で一番高い所を通る車道,峰越峠。右の尾根へ入り白鳥山を目指す。

P2250005.jpg       P2250007.jpg
左:尾根筋は巨木が散在する素晴らしい森が広がる。
右:白鳥山を過ぎて,水上越に至る尾根筋。ここの地形具合はたおやかで歩いたり走ったりするのには最適。

P2250010.jpg       P2250011.jpg
左:方向性を確認するために設置。テープの端はくっつけて進行方向に向けます。
右:奥の鈍頂が白鳥山。やっぱり快晴は気持ちいい。

P2250014.jpg       P2250016.jpg
左:水上越手前の巨木の森。九州でも屈指の自然林だと思っています。
右:樅木側へ下る。ここもまた極上の森。

P2250017.jpg       P2250018.jpg
左:ブログで何回も紹介している構図。ここでのビバーグは最高の夜を保証してくれる。
右:Spring is just around the corner.春はもうそこまで来ている・・・。

P2250029.jpg       P2250032.jpg
左:上福根山~茶臼山間の尾根。以前は猛烈なヤブだったが,地元の方々の伐開により快適な尾根筋へと変わった。感謝します。

右:茶臼山からは作業道ではなく,谷筋の道を辿る。二俣の倒壊&埋没作業小屋から先のトラバース区間が歩きづらい。

P2250035.jpg       P2250037.jpg
左:椎原からはほとんど登りの12kmロード。根性で走る。
右:帰途,とっぷり日も暮れた二本杉峠からの褒美。熊本市内の夜景。これで疲れも吹き飛ぶ。感謝。

走行距離:44,62km,累積高度:1,897m,時間:9時間57分。あっと言う間の一日でした。
目的であったテープ設置やコース確認は果たせたました。本番では今日の3倍位は走るので,準備と練習をして,4月のUTSRに備えたいと思います。

★次回は沢始かトレラン,天候と気分次第です。

スポンサーサイト



トレイルラン | コメント:1 | トラックバック:0 |

第二回 熊本城マラソン 自己分析

今回のレースについての分析編です。

天気  ①晴れ後曇り,気温2.3~9.9度,風速0~2m(東風),湿度約70%
摂取物 ②飲料100ml,粉末類(BCAA・ナトリウム・ブドウ糖)3口分,ジェル1/3袋
服装  ③半袖シャツ,ランパン,薄手手袋

私の場合,暑さが苦手なので,今回の寒めのコンディションは大歓迎でした。
そのお陰で,省エネで走りきれたことがわかります。

ラップに関しては,入りの5km(10km,21,1km)の指数を100,0とすると,

5kmでは,100,0 → 102.0 → 97,5 → 101,3 → 99,5 → 99,7 → 98,6 → 98,1
10kmでは,100,0 → 98,4 → 99,3 → 97,4
ハーフでは,100,0 → 98,6

と最後までほぼイーブンで走れたことがわかります。要因はペースを自力から見て低めに設定したことと,直前のグリコーゲンローディングが奏功したことです。余力を残して走りきれたことは良しとできますが,逆に言うと,もっと追い込んで走れたはずなので,そこが今後の課題になります。

やはりマラソンはイーブンで最後まで押し通すことがベストだと痛感しました。肉体的疲労の面でもそうですが,精神的な面でも,イーブンで走っていると落ちてくる前のランナーを抜いていくことになるので,自己肯定感が高まり,これが更に力を出すときの追い風になります。逆に言うと,ペース減で抜かれっぱなしでは,どんどん心が折れていき,その内に諦めに支配されてしまいます。

最後は自分との戦いでありながら,周囲からも少なからず影響を受けている・・・マラソンって奥深いな~と今回のレースを振り返りながら思った次第です。

ロードラン | コメント:2 | トラックバック:0 |

第二回 熊本城マラソン

さて,1年の時を経て再びこの日がやってきました。

早々と脚が終わり3時間35分と言う不甲斐ない結果に終わった前回大会。
その次の日の2/20から,長い一年が始まりました。

今回は,秋場の走り込みや直前のグリコーゲンローディングの効果が出て,
最後まで脚が持ち,ラストの急坂と200m直線はダッシュをかましてゴールできました。
前回大会の記録を上回る3時間26分(400番位,前半102分/後半104分)。が,自己ベストには21秒届かず・・・。

よって満足度は80%。新たな課題を,この1年で必ず乗り越えていきたいと思います。

ではレースの様子をどうぞ。

P2170004.jpg       P2170005.jpg
左:レース前の静謐。天気は晴れ。いよいよこの日がやって来た!
右:市役所の駐車場が男子更衣場。最後までウェアリングを悩むが,日中の気温上昇を考え,Tシャツとランパンに決定。じっとしていると肌寒い位がちょうど良い。

P2170010.jpg       P2170011.jpg
左:8:55.スタート7分前。気持ちが高まる。

右:10km地点の熊本西大橋。10km-48分。順調なイーブンペース。脚もよく動いているし,発汗も少なく,呼吸も落ち着いている。ここまでは良い入りだ。


9:02スタート。この大通りを走れるのは幸せ。出だしは周囲のペースに最も影響を受けやすいので,ペース,呼吸,発汗,足音に集中し,入りの状態を作り上げていく。「静かに燃える」

 快調に走っていると,なんだかお腹の具合が気になってきた。どうやらガスがどんどん充満している様子。我慢はよくないし,背に腹は変えられない・・・仕方ない,バルブ開放!沿道の応援や前後のランナーからから離れた所で排気。一度なんかはボフッという大音量とともに勢いよく排気され,あれで確実に5cmは推進力を得たな(笑)。
 本番で最後まで予想通り走り切るには,途中で起こってくる様々な問題をいかに最小限に抑えるかがポイントだと感じています。問題が少ない時ほどレースをコントロールできる。

P2170013.jpg       P2170014.jpg
左:12km地点のアクアドーム。たまには後方撮影。
右:出た!コース中最も傾斜のある川尻駅陸橋,14km地点。力まず走る。

P2170015.jpg       P2170016.jpg  
左:川尻の狭い町中を抜け,フーズタウンのハーフ地点。ベストに近いタイム。脚はまだ大丈夫。「よし,あと半分。今日はいけるぞ!」

右:飽田(あきた)中先の応援ポイント,24km地点。よく紹介されるので記念に一枚。川尻と飽田地区は路幅が狭いので,左右からの応援の熱気がダイレクトに伝わってくる。

P2170017.jpg       P2170018.jpg
左:熊本新港線の30km地点。ほぼベストタイム。「よしっ,行ける。ラスト12km。ベストを目指して攻めの走りを!」この頃から走っていて不意に落涙に襲われるようになる。2年前に指宿でベストを出した時にもそうだった。理由はよくわからないが,同じような状態になったので,今回の成功を確信する。

右:ラスト7.2km。まだ脚は動く。追い越されるより,抜く回数が増えてきた。心が折れないように自身を叱咤激励。「ここからが勝負だ。何としてでも頑張り抜け!この一年の悔しさをまた一年,繰り返すのか?お前ならできる。あんなに練習をしてきたじゃないか。絶対走りきれる。後悔しないように自分を追い込め!もっと必死に走れ!navy sealsのbud/sの訓練はこんなもんじゃないだろ!あれと比べたらこんなのはつらさとはいえないぞ!とっとときつさに慣れろ!」

 この地点ではどのランナーも自身との戦いで必死です。戦うべき敵はすぐ傍を走るランナーではなく,己の内側に潜んでいる,挫けそうで折れそうな心。これに打ち勝たないことには,自己ベストは出ないし,敗北感という後悔を引きずることになる。
 私の場合,心が折れると骨盤が寝てしまい,ついつい楽なペースに落としがちになるので,心を折らさない意味でも,身体が常に一本の線になるように,骨盤を立て,重心を「前へ前へ」意識して走ることだけを考えていました。

そして,最後は,ウォークマンで嵐の「サクラサケ」を選曲し,テンション上げてフィニッシュ。



ラスト1km区間。カメラの角度が上すぎて見づらくなってしまった。しまったな~。

 ようやくレースの束縛から解放され,正直,ホッとしています。今日はゆっくり休んで,また明日になったら一年後の,更に成長した自分を思い描きながら,トレーニング再開です。

★次回はトレランをお送りします。場所は思案中・・・。

ロードラン | コメント:4 | トラックバック:0 |

第二回 熊本城マラソン 速報

ついさっきゴールしました。
タイムは3時間26分台で,順位は400番位。

昨年より9分速かったですが,ベストには21秒届きませんでした・・・。
きつくて苦しいときの追い込みが,まだまだ足りない気弱な部分があるのを自覚。
前後半ラップは,102分-104分とほぼイーブンペース。
なので満足度は80%といった所です。

今回はスタート・ゴールの動画を撮っていますので,
また後ほど,分析を含めてアップします。
お楽しみに!


ロードラン | コメント:4 | トラックバック:0 |

熊本城マラソンまであと4日

いよいよあと4日。明日は最後の刺激入れで15kmの峠走&トレラン。
現在,低血糖食でグリコーゲン減量中です。明日からは,高血糖食に切り替え,体内のグリコーゲンを増やしてレース本番に備える予定です。

最後まで調整に気を遣って行きたいと思います。レースの予想は全く見えません。当日の入りの5kmでペース調整をし,自己ベストとはいかないまでも,昨年のタイムは更新したいと考えています。

★次は,熊本城マラソン(事後)中継です。

日記 | コメント:1 | トラックバック:0 |

熊本城マラソン

いよいよあと9日・・・一年なんてあっという間ですね。

先日フル試走を行い,3時間44分24秒,となんともていたらくなタイム。ラスト14kmは強風の向かい風だったので,気持ちがポッキリ折れ,完走だけしたって感じでした。

また走っていて身体が重いな~と思っていたら,体重は74.4kg。これには驚き。
冬山のために,懸垂とかディップスとか,ウェイトばかりやっていたせいでしょう。

残りの期間で即席ダイエット敢行。あと3kgは落とさないと,本番ひどいことになりそう。

最後まで諦めずに頑張りたいと思います。せめて昨年のタイムは更新しないと。
それと今年はGoProでスタート・ゴールシーンの撮影を行います。走られない方も,ランナー視線を楽しめると思います。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

女鹿平スキー

楽しみにしていた女鹿平ですが,雨天のため順延となりました。
なんか最近は天気とのタイミングが合わず,もどかしさを感じます。

熊本城マラソンまで残りあとわずかなので,それまでは調整に集中したいと思います。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

中岳遭難者 発見

昨年の12月22日に遭難した方が,今日,発見されたようです。
何はともあれ見つかって何よりでした。

今後のために,詳しい状況の情報収集に努めたいと思います。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |