FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

大川② in 屋久島 (上大川橋~鹿之沢小屋)

さて大川2日目。あまり寝付けなかった砂浜ビバーグ地を5時前に出発。

大川林道を上大川橋まで走ってから遡行。昨日の下りが40分だったので,登りは1時間とみていたが,脚が思うように動かず,1時間10分かかってしまう。

靴を履き替え遡行スタート。15:15発のバスに乗らないと帰れないので,快速遡行でいく。
ではどうぞ。

P7260073b.jpg       P7260076b.jpg
左:早朝の上大川橋。
右:左手から沢に降り立つ。今日もお願いします。

P7260081b.jpg       P7260083b.jpg
左:サツキの赤花。渓に彩を添えてくれる。
右:左手から25m程の滝となって支流が出合う。

P7260087b.jpg       P7260091b.jpg
左:4m滝と釜。ゴーロ主体だが,こんな場所も現れる。
右:4m滝と釜。左右を回り込むより,まっすぐ泳いだ方が早い。

P7260092b.jpg       P7260093b.jpg
左:ちょっとしたゴルジュ。屋久島ではゴルジュと言えないかも。中には3m滝×3が連なっている。
右:ようやく陽光があたり始めてきた。

P7260099b.jpg       P7260100b.jpg
左:だんだん岩のサイズが小さくなり,コケが増えてきた。
右:大川は基本ゴーロの谷。奥岳に突き上げる沢では珍しい。

P7260105b.jpg       P7260117b.jpg
左:水量はまだまだ衰えない。
右:斜光線は色々なアートを見せてくれる。

P7260118b.jpg       P7260123b.jpg
左:5m滝。
右:再びサツキ。今の時期はこの花くらいしか目にしない。

P7260133b.jpg       P7260135b.jpg
左:水流のカーテン。

右:ポットホール。小石が水流で回転させられて岩盤を削り,こういう穴ができるらしいが,一体どれほどの時間がかかるのだろうか…。想像もつかないところに,人間の尺度を超越していると感じる。

P7260138b.jpg       P7260141b.jpg
左:6m三段滝。いよいよ源流部が近くなってきた。
右:2mCS滝と細トロ。

P7260143b.jpg       P7260146b.jpg
左:そして七つ渡しを過ぎて少し登って右に曲がるとこの風景が飛び込んでくる!天国!!
右:素晴らしい,素晴らしい,そして素晴らしい。何という絶景。

P7260147b.jpg       P7260151b.jpg
左:言葉になりません。急なゴーロ帯を海抜0mから,高度で1470m登ってきてたどり着く桃源郷。
右:森の中を静かに水が動いていく。音はない。

P7260158b.jpg       P7260163b.jpg
左:こんなミニゴルジュもあるところがにくいね。
右:詰めがこんな源流だなんて,東北の草原詰めにも負けてないぞ,屋久島。

P7260165b.jpg       P7260169b.jpg
左:水中も透き通っていて美しい。

右:4m滝。この上を少し行くと二俣。左をとり少しくねって行くと登山道の木道に出る。そこから右方向に20秒で鹿之沢小屋。ヤブ漕ぎもほとんどなく,最高の詰めでした。

P7260172b.jpg       P7260173b.jpg
左:GW以来の鹿之沢小屋。すっかり夏めいている。ここで足元だけ履き替え,花山歩道の下りに入る。今が11:48なので,とにかく急いで下る。最後まで時間との戦い。花山歩道を下るのは,2002年に宮之浦川を遡行した帰り以来なので,12年ぶり・・・。下りながら記憶を辿ってみよう。

右:この付近の森は爽快さに溢れている。

P7260178b.jpg       P7260183b.jpg
左:大石展望台。宮之浦岳が見えた。

右:巨木が乱立する花山広場。ここで休んだ記憶が甦ってきた。この辺りは日本で5か所しかない「原生自然環境保全地域」なので,非常に貴重な千古斧を知らない森が広がっている。屋久島の中でも別格な森。

P7260189b.jpg       P7260191b.jpg
左:2時間10分で花山登山口。14:00。後は林道の下りだけなので,ここで初めてバスに間に合うことに確信が持てる。

右:林道を5.9km,昨日より頑張って35分で下る。あまりの暑さに水を何回かぶっても汗が止まらない。

この後はバスで宮之浦まで揺られ,到着してから10分後のトッピーで離島という,本当に最後までバタバタした遡行でした。これは今回の教訓になった。1泊2日では大川クラスの沢は時間的にきついということ。もっと短めの沢なら余裕をもってこなせるだろう。

大川のゴーロ帯をひたすら登り詰めて辿りつく,あの源流は屋久島の中でもトップレベルの渓相だと感じています。急から緩へ,動から静へ,そして陰から陽へ,申し分のない渓相配置。記憶にしっかりと刻まれた一本でした。自分の中での理想的な屋久島の沢は,下部が安房川で泳ぎと巨石の処理,中流部が宮之浦川で大ゴルジュと大滝,そして源流部は大川の日本庭園。このような沢があったなら,日本を代表する一本となること間違いないでしょう。

★次回は増水で転進した「ばばら谷」をお送りします。遡行400本まであと17本。

スポンサーサイト



沢(屋久島) | コメント:5 | トラックバック:0 |

大川① in 屋久島 (河口~上大川橋)

さて今回は屋久島の大川(おおこ)を遡行してきました。

梅雨明け後の天気は上々,河口~上大川橋の下部と,上大川橋~鹿之沢小屋の上部を二日に分けての遡行です。日帰りの装備で,気負うことなく,いつものように遡行したいと思い,河口の砂浜にベースを置いての遡行形態にしました。

ではどうぞ。

P7250004b.jpg       P7250007b.jpg
左:まず宮之浦から栗生(くりお)までバスで移動。ここから大川の滝まで4kmは走る。
右:重荷を背負っての炎天下ランは過酷だったが,40分で到着。速く水に浸かりたい!!

P7250012b.jpg       P7250016b.jpg
左:河口の砂浜にテントを張り,いよいよ遡行開始。ようやくこの地に立つことができ感無量。
右:10分も行くと大川の滝。落差88mで島内でも大物の瀑布。右手の樹林から巻く。

P7250023b.jpg       P7250024b.jpg
左:滝の落ち口。左下に観光客が豆粒のように見える。
右:滝上は深いゴルジュとなり,8mCS滝がかかる。

P7250025b.jpg       P7250027b.jpg
左:ゴルジュの奥には10mスダレ滝。水量といい,豪快さといい,なかなかのもの。
右:谷を塞ぐ天板状大岩。宮之浦川の第三巨石を思い出す。脇には5m滝がかかる。

P7250030b.jpg       P7250037b.jpg
左:ゴルジュを抜けるとこのようなゴーロに様変わり。さて,ここからは快速遡行だ。
右:日が射すと陸も水中も輝いている。

P7250038b.jpg       P7250039b.jpg
左:大川の屈曲部。ちょっとしたミニゴルジュとなり,変化を与えてくれる。
右:まだまだゴーロが続く。夏らしい雰囲気に酔いしれていく。

P7250050b.jpg       P7250057b.jpg
左:上大川橋手前,左手から枝沢が出合う俣から,一枚岩の谷床が続き,見どころが出てくる。

右:最後のひと登りで橋が見えてきた。

P7250060b.jpg       P7250061b.jpg
左:林道に上がり込む。花山登山道入口。明日は上部遡行とここを下山予定。ここからは林道ランで戻る。

右:やっぱりこれに会わないと島に来た実感がない。ヤクザル。

P7250062b.jpg       P7250065b.jpg
左:日も傾き始めたころ帰着。予想以上に速く戻って来れて良かった。写真の中央にあるのが今宵のねぐら。ここの砂浜でビバーグするのは,2002年に宮之浦川を遡行して以来,10年越しの夢でした。

右:ビバーグサイトからは川のせせらぎと潮騒が同時に聞こえ,また海に沈む夕日も眺めることができます。今日に感謝。明日もよろしくお願いします。

という感じでバタバタ感100%の初日でした。行く前から慌ただしく,小物の忘れ物はするし,トッピー乗り場には出発の10分前ギリギリに着くし…と色々ありましたが,こうやって日の名残りを感じることでき,結果オーライかな。

明日は上大川橋まで走って,そこから遡行開始です。明日は明日で15:15発のバスに乗らないと帰れないので,明日も快速遡行になります。遡行や下山距離を考えると間に合うかは微妙ですが,自分の遡行力と下山力を信じてチャレンジするしかありません。

★次回は大川②をお送りします。

沢(屋久島) | コメント:2 | トラックバック:0 |

芹野谷:左俣 in 宮崎県高千穂

さて随分と間が空き待たされましたが,ようやく沢に行けました。
遡行先は,高千穂を流れる岩戸川の左岸支流,芹野谷左俣です。

以前から上部の等高線の込み具合が気になっていた沢です。
さて,目星をつけた所に秘瀑はあるのか?久々の沢なのでウキウキ100%です。

ではどうぞ。

P7210001b.jpg       P7210003b.jpg
左:香焼岳の山容。一際目を引く峨々たる鋭峰

右:まずは岩戸川との二俣まで下る。柱状節理の側壁の切れ目を狙って下っていく。右手から流入するのが芹野谷。

P7210005b.jpg       P7210009b.jpg
左:のっけからミニ由布川的ゴルジュ。
右:泳げる淵では躊躇なくドボン。これが夏の一番の避暑。

P7210010b.jpg       P7210013b.jpg
左:いったん渓は開けて,陽光が谷底まで届く。長い梅雨の後では,お日様はありがたいな~と強く感じる。
右:水中ショット。

P7210018b.jpg       P7210029b.jpg
左:3m滝。泳いで右手の壁にボルト連打で突破・・・と読む。
右:芹野谷と渡内谷との二俣にはナメがあり,サラサラと水が躍動している。

P7210032b.jpg       P7210036b.jpg
左:右手の芹野谷に入ると暫くは取水堤や砂防堤の影響で,渓相はショボショボになる。最後の取水堤を越えると谷に水流が復活。この4m滝からが芹野谷の核心部の始まりでした。

右:4m滝をシャワーで越えると,お次は8m斜滝。

P7210038b.jpg       P7210039b.jpg
左:8m斜滝の落ち口から下を覗く。
右:8m斜滝の上で右俣と左俣が出合う。これは左俣の7m滝。右俣にも滝があったので,いつかは遡行しよう。

P7210042b.jpg       P7210050b.jpg
左:その上には思わず「おお~!」と声が漏れてしまった23m滝。滑らかに水が落ちる様は,屋久島的。

右:23m滝上はいったん落ち着いて植林区間になるが,再び傾斜を強めていくとゴーロ帯の中には2~3m滝が連続する。市房のヒノクチ谷を縮小したような感じ。いよいよ最後の大ボスの気配が・・・。

P7210056b.jpg       P7210065b.jpg
左:出た~,やっぱりあった芹野谷大滝。見上げると首が痛くなるほどの高見から,水を一気に吐き出している。この滝と出会えた瞬間,今日の遡行は大成功だと確信。やりました。計測の結果,45mだと判明。人知れず山中に眠る大滝と出会えて沢屋冥利に尽きます。

右:大滝上は再び植林区間で荒れている。感動が薄れないうちにさっさと林道へ上がり込んで終了。下山はここから走って5.6km,30分。雨が降り出す前に帰着。今日もありがとう。

とこんな感じで,今日は予想以上の渓相を持つ沢に出会えて,感激した次第です。あの大滝は一見の価値ありです。沢自体は短いですが,その中に楽しめる要素が詰まった渓だと思います。これで岩戸川流域への関心がさらに高まりました。

★次回は,屋久島の大川遡行になります。遡行400本まであと18本。

沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |