FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

小屋迫谷 in 椎葉

さて今回は小屋迫谷の遡行です。
場所は椎葉と南郷を結ぶ中山トンネルの,南郷側出口にある沢です。

台風一過の秋晴れの中の遡行です。
ではどうぞ。

PA060003b.jpg       PA060008b.jpg
左:小丸川との出合い。乗っけからゴルジュで期待が高まる。
右:すぐに7m滝が轟音とともに水を釜に落とす。見ごたえあり。

PA060011b.jpg       PA060013b.jpg
左:7m滝上も3~5mの小滝が連続し,グイグイ登っていく。昨日の焼谷と同じく,出だしから面白い。
右:小滝を5~6本登ると渓相は落ち着きを見せる。

PA060018b.jpg       PA060020b.jpg
左:二俣までは基本的に平流が続き,行程がはかどる。
右:ほどなく右上にトンネル口にかかる祝いの春谷橋。

PA060024b.jpg       PA060026b.jpg
左:しばらく登ると両岸が狭まり真打登場。30m三段滝。見えているのは下段15m滝。
右:水線沿いに登っていくと,上段10mと中段3mが見えてくる。下からは伺い知れない迫力。

PA060030b.jpg       PA060033b.jpg
左:抜けると青空と3m滝。爽快さに溢れる。
右:やっぱり沢には青空が似合う。

PA060034b.jpg       PA060036b.jpg
左:上部は突然伐採地に飛び出す。
右:あまりの谷の荒れように気持ちが萎えてきて,地図にない林道(960m地点)が横切る地点で終了とする。

PA060045b.jpg       PA060052b.jpg
左:帰りは走る。林道と車道経由で,高圧線尾根まで走り,そこからは高圧線の作業道をたどる。よく補修されており,走りやすい。キノコを探しながらの下り。

右:昔はあったであろう吊り橋は,今はもうない。小丸川を渡渉して対岸へ。

PA060055b.jpg       PA060060b.jpg
左:帰途,高森峠下の展望所からの洛陽。秋だな~。
右:夕暮れの南郷谷。今日という日の最高の締め。また明日もよろしく。

という感じで今日も無事に下山でき感謝。

小屋迫谷は乗っけのゴルジュと,車道上の30m三段滝が特徴的な沢でした。話のタネに一回遡行しておけばいい感じの沢でした。まあ新しい沢との出会いや,見知らぬ道を辿ることができ,探求心は大いに満足させられました。

★次は未定です。沢かトレランになります。遡行400本まであと9本。

スポンサーサイト



沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |