FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

俵山トレラン

最近は週末に天候が悪くなることが多く,予定通りの活動ができていません。
なので,できる範囲でするしかありません。

今回は天気が悪くなる前に,いつものトレーニング場である,俵山を走ってきました。

コースは萌里~俵山山頂~萱尾根コース~萌里,の周遊コースで距離は約10km。萌里から山頂までは高度差が800m程あるので,短時間で済む良いトレーニングになっています。

ではどうぞ。

P4120001c.jpg       P4120003c.jpg
左:出だしは尾根への取り付き。野焼き後,青々とし始めた地面が春の到来を告げています。

右:尾根を登っていくにつれて景色もよくなってきます。坂は軽く走ることを意識して頑張らない。背筋を伸ばし,腿を上げて少しずつ上がっていく。

P4120005c.jpg       P4120006c.jpg
左:春リンドウも顔を覗かせている。草原帯ではそこらじゅうに咲いており,青い絨毯のようで美しい。長い冬が終わり,ようやく春が来た。

右:山頂手前の植林区間。ここは下草がないので快適に走れる。

P4120007c.jpg       P4120008c.jpg
左:山頂台地への登りに喘ぐと…
右:山頂到着。もう何十回来ただろうか・・・私の中ではそんな山です。

P4120010c.jpg       P4120013c.jpg
左:下り初めは遥か眼下の集落へ向かって下るような高度感が楽しめます。

右:萱尾根は山頂近くまで作業道が伸びているので走りやすい。こういう所はガンガン飛ばします。

P4120016c.jpg       P4120017c.jpg
左:林道区間を抜けると,最後の草原区間。この開放感がここを走る醍醐味。ゆっくり味わいながら下る。下りも軽やかにステップを踏みながらのダンス下り。スピードは出ますが確実に一歩一歩下るより,前腿への負担はかなり少なくなります。

右:こんな風景こそ阿蘇の原風景・・・と個人的に思っています。奥の尾根は登りで使った尾根。

という感じのコースです。草原,樹林帯,山頂部草原と,色々と見どころのあるコースです。歩いて周遊するのも十分に楽しめるので,これからの花の時期と,秋の花の時期には,特におすすめです。

★次回は沢始めです。場所は日之影川支流の白仁田谷(深谷)になります。

スポンサーサイト



トレーニング | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |