FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

走水川 in 球磨川支流 〔 熊本県坂本町 〕

さて今回は 『 走水川 』 をお送りします。

ここは中流域に走水滝という滝があることで有名です。また川沿いには古生代・シルル紀の地層も出ており,できればサンゴ系化石採集も楽しみです。

ではどうぞ。

P7280003g.jpg     P7280007g.jpg
左:入渓時にいつもの一礼。今日もよろしくお願いします。
右:いきなり3m滝。さすが本流だけあって水量が多い。

P7280034g.jpg     P7280038g.jpg
左:いや~いい感じです。気温は軽く30℃超えですが,沢中はひんやりとして涼しい。

右:キツネノカミソリ。もうこの花を見かける時期になりました。お盆が近づいていますね。この花はヒガンバナの仲間でヒガンバナより先に咲きます。また,ヒガンバナ同様,リコリンというアルカロイド系の毒を持っているので,食用ではありません。しかし,昔は救荒植物として毒抜きして食べられていた地域もあったようです。艶やかなオレンジ色とカミソリのような花が目を引く夏の花の一つです。

P7280039g.jpg     P7280044g.jpg
左:森の中の平流は素晴らしい。
右:これも。夏の渓は陰影が深く刻まれるのが特徴。

P7280045g.jpg     P7280071g.jpg
左:4m滝。この辺りから谷は右に曲がり,傾斜も一気にきつくなってくる。いよいよか。

右:ゴルジュ内にある3m,6m斜滝。さっきまでの平流とは打って変わった荒々しさ。

P7280073g.jpg     P7280074g.jpg
左:一息ついて,
右:5mスダレ末広滝。正面が一気に立ち始め期待が高まる。

P7280094g.jpg     P7280095g.jpg
左:10m三段滝。
右:躍動する飛沫。夏を象徴する一枚。

P7280103g.jpg     P7280104g.jpg
左:来し方を振り返る。
右:すると,出ました!走水滝30m二段。

P7280160g.jpg     P7280195g.jpg
左:二条の太い流れが特徴的な滝です。
右:帰途の道路からの眺め。立派な滝です。

P7280203g.jpg     P7280204g.jpg

左:左の鉄塔の所には滝の展望台があり,車道から降りていくことができます。下山は5km程のジョグですが,今年は夏場からハードな練習をしているせいか,以前と比べて暑さによるバテが少なく感じます。暑熱順化がうまく進んでいるのでしょう。

右:今日の採集物。残念ながらシルル紀のサンゴ化石は採集できませんでしたが,別の場所でこれを採集できました。これは『魚卵状石灰岩(オーライト)』といって,生物死骸,長石,石英等を核にしてその周りに石灰分が同心円状に付着することで形成された石灰岩です。核となるものが丸みを帯びているのは波による流動にさらされる場所,つまり浅い海底で形成された証拠です。ここのオーライトは中生代のジュラ紀後期になります。遥か太古の大昔の海でできたものが,今ではこんな山奥にあるんですね。

という感じの夏のある日の遡行でした。

今日は走水川の良さそうな区間だけの遡行でしたが,それなりに充実していました。特に下部の平流の先にある走水滝,またはそこまでの急傾斜帯。ここは特に面白く感じました。

この後,人吉に向かい上村うなぎを堪能する予定でしたが,到着すると「本日の営業は終了しました」の文字が・・・。みなさん考えることは同じなようで,昼の営業で終わったようでした。まあ,また今度来ることにしましょう。

★次回も沢をお送りします。

スポンサーサイト
沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |

中内谷 in 大野川 〔 大分県竹田市 〕

さて今回は 『 中内谷 』 をお送りします。

祖母傾山系の沢で,障子岩尾根の池原付近に突き上げる沢で,中内大滝で有名な沢です。ここはかつて2003年に遡行しており,それ以来,16年ぶりの再訪となります。今日は早朝から閾値走の練習をしてからの沢となります。

ではどうぞ。

P7250001g.jpg     P7250003g.jpg
左:麓の白水(しろうず)集落から障子岩尾根を望む。

右:入渓は中内橋から。増水と日差しで沢が輝いている。今日もよろしくお願いします。

P7250005g.jpg     P7250015g.jpg
左:4m滝。

右:沢が右に直角に曲がるところにある8m滝。印象的な立地ですが,まったく思い出せない。

P7250018g.jpg     P7250022g.jpg
左:スダレ状の流れ。
右:4mスダレ斜滝。ゴツゴツした造形とは対照的な優しい造形も見れます。

P7250026g.jpg     P7250032g.jpg
左:たおやか。
右:4mスダレ滝。夏らしい雰囲気。

P7250034g.jpg     P7250037g.jpg
左:そして両岸に岩壁が立ってくると登場する34m直瀑。日ごろはチョロチョロですが,今の時期は滝らしくなります。

右:祖母傾らしい直瀑です。お見事!

P7250045g.jpg     P7250050g.jpg
左:滝頭からの眺め。
右:上流にはミニゴルジュがあり5mCS滝と7m滝が懸かる。

P7250055g.jpg     P7250061g.jpg
左:斜滝を越えていくと,
右:出ました,これが中内大滝。見えている範囲で71mあります。

P7250062g.jpg     P7250067g.jpg
左:滝の中ほどのテラスにて上部を見上げる。見えている範囲で51mあります。

右:滝を巻く途中で北方の展望が開け,九重連山が見える。ここの巻きは岩壁の弱点を縫って登っていきます。

P7250071g.jpg     P7250080g.jpg
左:下から見えていた滝頭ですが,ここからさらに20m斜滝が続いているので,中内大滝は6段構成の101m滝となっています。この大滝は高さ的には祖母傾一でしょう。

右:さらに5m斜滝や

P7250081g.jpg     P7250082g.jpg
左:7m斜滝を越えていくと,
右:源流に達する。そして縦走路へ。

P7250087g.jpg     P7250091g.jpg
左:縦走路からは八丁越経由で下山。200m程いくと名物・鹿の背の岩場。
右:大障子を眺める。いつ見ても恰幅が良いピークです。

P7250094g.jpg     P7250096g.jpg
左:下界は30℃超えですが,山上は涼しく走れます。
右:走りすぎるのがもったいない森をゆっくり下っていきます。

P7260105g.jpg     P7270003g.jpg
左:最近のメイちゃん。早朝はまだ眠いようで,いつも近くで朝寝です。

右:帰途,白亜紀のチューロニアンの地層で黒色頁岩をワリワリしていると,やっと出会えました!アンモナイト(コードリセラス),いや,ここは敢えてネコの下僕として,アンモニャイトと呼ばせてもらいます。完全体ではありませんが,巻いている感じが出ています。今日は何十個ワリワリしても収穫が少なく,時間が押していたので最後の一割だと思って割った岩の中からポロッと出てきて,ドラマチックな発見となりました。「貴重な発見は最後に訪れる」でしょうか。いずれにしろ,自分の手で見つけ出す喜びは何物にも代えがたい感覚ですね。9,000万年の時空を超えた太古との出会いに感謝です。

という感じで今日も沢を楽しめ,さらにはアンモニャイトまで採集でき,ありがたい日となりました。お盆の赤石沢まであと数本,遡行して調整していく予定です。

★次回は球磨川水系の沢を遡行予定です。遡行後は化石採集と土用のうなぎということで,人吉まで足を延ばしてきます。

沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |

波寄谷・左俣 in 番匠川 〔 大分県佐伯市 〕

さて今回は 『 波寄谷・右俣 』 をお送りします。

小半(おながら)鍾乳洞で有名な本匠地区にある谷になります。昨日の雨天から天気は回復,今日も一日ケガなく楽しみたいと思います。

ではどうぞ。

P7150001g.jpg     P7150006g.jpg
左:名前だけは知っていましたが,初めて来る本匠の森林公園。ここの遊歩道沿いにはハングした石灰岩にクライミングルートが引かれています。

右:足元の石灰岩をつぶさに調べると,メガロドンがありました。これは中生代の三畳紀~ジュラ紀に生息していた大型の二枚貝で,この三宝山帯に出るものは南緯20度辺りの海のものであることがわかっています。熊本県球磨川で見られるものと出自は同じになります。遥か南太平洋からここまで運ばれてきたんですね。あまりの悠久の時の長さに時間感覚がまったく追いつきません。

P7150010g.jpg     P7150012g.jpg
左:今日の谷は宇津々渓谷と呼ばれているようですね。名前の付いた滝が何本かあるようで,今後の遡行候補です。

右:ここから入渓。今日もよろしくお願いします。

P7150013g.jpg     P7150017g.jpg
左:出だしはこんな感じから。
右:2m小滝。

P7150018g.jpg     P7150020g.jpg
左:3m小滝。
右:これも3mV字小滝。

P7150021g.jpg     P7150026g.jpg
左:釜を持つ4m斜滝。
右:やっぱり日が射すと気持ちいい。

P7150031g.jpg     P7150032g.jpg
左:右手の支流に懸かっていた20m斜滝。チャートのスラブを滑らかにすべってくる。

右:せっせと遡行していきます。

P7150033g.jpg     P7150039g.jpg
左:3m二条滝と,
右:4m滝。ここはこんな感じの小滝が多く出てきます。

P7150040g.jpg     P7150044g.jpg
左:あっという間に源流になり,

右:作業道に飛び出して終了。2時間程で一気に詰めてきました。今年はマラソン練習を早めに開始しているので,以前なら息が上がっていた急斜面も割と楽に登れてしまいます。これも閾値走のお陰でしょう。

P7150048g.jpg     P7150051g.jpg
左:下山は10㎏ザックを背負ったラン。昨日の疲れもあまりなく,強くなっているのを実感。

右:山上からの眺め。

P7150056g.jpg     P7150058g.jpg
左:見上げるとチャートの岩壁の所に良さそうな滝が懸かっています。ここも遡行候補ですね。

右:沢の後は佩楯山周辺で採集。今日の収穫。左上は石灰岩と泥岩の赤白コラボ,左下は赤みが強いチャート,それ以外は植物や貝の化石です。今日も結構いいものが採集できました。

という感じで今日も無事下山。楽しいひと時を過ごせたことに感謝です。

今年は少雨であまり梅雨を感じませんが,沢シーズンはこれからが本番。泳ぎの沢も含め,今年も充実させていきたいと思います。

★次回も沢になります。場所はまだ未定です。

沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |

日之影川・左岸支流 〔宮崎県日之影町 〕

さて今回は,『 日之影川・左岸支流 』 をお送りします。

連日の雨で予想以上に増水している日之影川を見て気分も高揚。この様子だと今日の支流もさぞかし増水してるに違いない。はやる気持ちを心地よく感じながら入渓地に向かいます。

天気は小雨で問題なし。ではどうぞ。

P7140001g.jpg     P7140002g.jpg
左:まずは日之影川を渡る。足元の日之影川は増水中。いいね~。
右:まずは左岸の作業道をたどる。

P7140004g.jpg     P7140009g.jpg
左:タマゴタケ発見。もう開ききっているので美味しくありませんが,幼菌の時には美味しくいただけるキノコです。

右:作業道の終点には平地がありそこから入渓。

P7140013g.jpg     P7140014g.jpg
左:予想通りかなり増水していて遡行のしがいがある。
右:3m滝。

P7140016g.jpg     P7140017g.jpg
左:そして最初の二俣手前で左俣に凄い滝が見えてくる。

右:ぬお~でかい!40m直瀑。こんな小さい沢にもありました。

P7140021g.jpg     P7140026g.jpg
左:右俣の5mヒョングリ滝。水が途中で跳ね上がっている滝をヒョングリ滝と呼びます。

右:この上の滝で行き詰まり二俣まで戻って巻きに入る。その途中で左俣の大滝を眺める。森の中を一直線に落ちる姿が何とも言えず良い。

P7140029g.jpg     P7140032g.jpg
左:右俣にもありました,37m三段滝(上段10m中段25m下段2m)。見えているのは全体の下部3分の1です。
右:上段10m斜滝。

P7140038g.jpg     P7140042g.jpg
左:滝を越えると谷は落ち着きを取り戻す。
右:8m二条滝。実に花崗岩らしい滝。

P7140046g.jpg     P7140049g.jpg
左:滝上には25mナメが。
右:う~ん,美しいナメですね。癒されます。

P7140057g.jpg     P7140061g.jpg
左:10m二段滝。

右:斜面をひと登りで林道へ。ここからは入渓地までのラン。今日はお盆の赤石沢のトレーニングも兼ねているのでザックは10kg。これで走る練習。

P7140062g.jpg      P7140066g.jpg
左:名女石(なめし)谷の大滝を望む。下が日之影川に落ちる20m滝,上が花崗岩の岩盤にかかる50m滝。いつもはチョロチョロだが,今日は遠目でもはっきりと見える。

右:一定ペースで下っていく。暑くないので雨天の林道もいいもんです。

P7140069g.jpg     P7140071g.jpg
左:日之影川沿いまで降りてくる。久々のメテオラ。懐かしい。
右:さっき林道から見えていた名女石谷の20m滝。

P7140072g.jpg     P7140073g.jpg
左:今日の収穫。頁岩を取り込んだ花崗岩。頁岩の黒と花崗岩の白が模様になっているので置石にちょうど良い。

右:これはベスブ石。石の中にある緑色の角ばった鉱物です。西暦79年にイタリアのベスビオ火山が噴火し,古代ローマの都市・ポンペイを飲み込みました。そのベスビオ火山で1795年に発見されたことからの命名です。代表的なスカルン鉱物(石灰岩などと花崗岩などが接触することでできる鉱物)です。

という感じでした。いや~今日も大滝との出会いがあり大成功でした。「梅雨時は支流系」は沢の金言ですね。沢,鉱物採集,荷物を背負ってのラントレーニングと濃密な時間を過ごすことができました。

★次回も沢と採集をお送りします。

沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |

小又川支流・江平谷(仮) in 小又川 〔大分県佐伯市〕

さて今回は 『小又川支流・江平(えびら)谷(仮)』 をお送りします。

その前に東京マラソンの話題を一つ。今年もチャリティで応募すべく7月2日に申し込みしましたが,応募が集中しすぎたせいか全く繋がらず,3時間後にようやく繋がりました。まずチャリティ寄付をしてそれからエントリー費を払おうとしたらまた不通・・・繋がっと思ったら「エントリー受付終了」との文字が。このままではチャリティ費だけ払って走れないことになるので,事務局に電話をするもこれまた繋がらず・・・おそらく私と同じような状態だった人からの電話だったのでしょう。これを目標に練習しているのにどうしよう。別大の方に切り替えるか?など色々と思案して心が落ち着かず。

翌朝,再び電話しようと思っていましたが事務局からメールが届いており,「チャリティランナーとして出走できます」の文字を見つけた時は安堵。本当に良かった~。東京マラソンの個人チャリティ枠(3,700人分)は他の大会とは額が違うのですぐには埋まらないだろうと思っていましたが,今年は4時間30分で終了だったようです。昨年は4日,一昨年は1か月後でも余裕がありました。来年はどうなるのでしょうか。いやはや恐ろしい限りです。

閑話休題,梅雨の貴重な晴れ間の中,大滝に期待を込めつつ遡行開始です。

ではどうぞ。

P7070001g.jpg    P7070002g.jpg
左:小又川の右岸支流沿いに江平(えびら)集落まで3時間。
右:まずは林道をジョグで。

P7070006g.jpg    P7070008g.jpg
左:前方には凄い岩壁が立ちはだかる。正直,ここまでとは思っていなかったので驚愕と感動。よく見ると大滝の一部が見えています。デカい!

右:今日もありがたく沢に入らせてもらいます。よろしくお願いします。

P7070009g.jpg     P7070010g.jpg
左:梅雨時は増水しているので,規模の小さい沢でも十分に楽しめます。
右:いい感じじゃないですか~。

P7070015g.jpg     P7070017g.jpg
左:3m斜滝と釜。
右:4m岩間滝。徐々に険しさを増してくる。

P7070018g.jpg     P7070025g.jpg
左:そして作業道が横切りそのすぐ上にあった25m二段斜滝。この付近から標高差で約100mが等高線が密になっている核心区間。ここで斜面崩壊の調査をしていた2人と出会う。言葉を交わし,作業道が地図に示されているよりさらに上まで伸びていることを聞く。おそらく上部の作業道までつながっているはずなので,下山に使うことに決める。

右:5m滝を越えると,

P7070027g.jpg     P7070034g.jpg
左:出た!大滝。

右:凄いものがありましたね。横切るチャート脈を穿って流れ落ちる40m大滝。下山後,猟犬を引き連れた地元の人に伺うと「江平滝」というそうです。

P7070037g.jpg     P7070039g.jpg
左:ほぼ垂直のチャート壁を,
右:二段,スダレとなって落ちています。この滝と対面できただけで今日は大成功です。

P7070040g.jpg     P7070051g.jpg
左:思ったよりあっさり巻けて滝頭へ。さっきいた滝下が見えるので高度感抜群。
右:名残惜しく滝頭を振り返る。凄い滝との出会いをありがとう。

P7070052g.jpg     P7070058g.jpg
左:これまた雅な滝。手前4mと奥7m。
右:15m斜滝。

P7070064g.jpg     P7070066g.jpg
左:どうやら急傾斜帯を抜けた模様。
右:するとこんな感じに・・・。まあ,九州の里山では当たり前の光景ですが。

P7070074g.jpg     P7070081g.jpg
左:帰りの作業道から大滝の付近を眺める。まるで比叡・矢筈岳の花崗斑岩帯を思い起こさせてくれる。スケールが大きい。

右:林道からは滝の上部しか見えないようです。

P7070086g.jpg     P7070087g.jpg
左:帰途は今日も化石採集。今日は植物化石狙いで,中生代・前期白亜紀バレミアン(1億2940~1億2500万年前)の泥岩層を攻めてみます。前回の後期白亜紀のチューロニアンより約3700万年古い地層です。露出している泥岩をワリワリ(水晶の場合はホジホジ)していき目ぼしいものを採集。

右:葉形からしてシダ類でしょう。下の2つは左右対称になっています。ちょうど真ん中から割れたようでラッキーでした。泥岩は流れが緩やかな場所に堆積するので,この辺りは太古の昔,温暖で浅い海底か汽水域だったのでしょう。化石は壮大な地球の歴史を物語ってくれますね。沢といい地質といい,今日も体力・知力ともに鍛えられた日でした。

という感じで今日も新たな出会いに感謝です。

しかし江平滝は凄い滝でした。標高600mほどの山塊にあのような滝があったとは。まだまだ探せば色々とありそうで,この辺りは今後も開拓を進めていきたいと思っています。

★次回も沢をお送りします。

沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |