FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

安房川下部 in 屋久島

さて今回は 『安房川下部(河口~トンゴの滝)』 をお送りします。

私としては久々のパーティー遡行で,遡行人さん,Fさん,Nさんと4人で,残暑の安房川でたっぷりと泳いできました。2007年に河口から北沢左俣(翁沢)を遡行して以来ですので,12年ぶりの入渓となります。記憶に残っているかな?

ではどうぞ。

P9160006g.jpg     P9160012g.jpg
左:すっきり晴れてくれた朝。ここ安房川橋から安房川を望む。全長約20kmにも及ぶ屋久島最大の河川です。20km長の河川とは思えない水量が屋久島ならではです。東北の名渓の一つ,山形県の八久和川も同規模の川ですが,安房川の水量に比べたら小川みたいなものです。

右:いよいよ入渓。早速カヌーツアーの人たちと交流。

P9160016g.jpg     P9160022g.jpg
左:こんなところをひたすら泳いでいきます。
右:通常は陸になっている場所。今日は水が多いようです。

P9160026g.jpg     P9160038g.jpg
左:右に曲がるとちょっとした陸地が出てくる。ここはナカドと呼ばれる憩いの場で,カヌーツアーなどでも休憩ポイントとして利用されているようです。

右:松峯大橋。1985年に架けられ高さ約70m,屋久島で最も高い架橋です(ちなみに2番目に高いのは2004年に架けられた愛子橋で高さ35m)。照葉樹林の緑と補色関係にある赤色でひと際目立ちます。安房川下流の遡行はこの橋が見えてから見えなくなるまでがメインの区間になります。

P9160052g.jpg     P9160067g.jpg
左:松峯大橋から瀬も出てきて面白くなる。

右:横断に苦労した流れ。水面上の見た目はなんてことありませんが,増水しているので水流が太い。50mロープが一杯に伸びきっています。

P9160077g.jpg     P9160089g.jpg
左:時にはこんなへつりも駆使しながら遡行していきます。
右:松峯大橋が遠くになると,

P9160098g.jpg     P9160114g.jpg
左:川は90度左曲。いよいよです。

右:出た!トンゴの滝。何という爆発ぶり!膨大な水量が一気に吐き出されています。轟音と飛沫の凄まじさは筆舌に尽くし難し。トンゴの滝は,古来,トンゴノウトと呼ばれてきた聖地でもあります。ちなみにトンゴノウトとはト(谷間の狭所)・ン(付加音)・ゴ(川)・ノ(所属・所有)・ウト(浸食地形)からできており,「峡谷の浸食地形」を原義とする言葉のようです。安房川が90度屈曲した個所に滝が懸かり,膨大な水量により浸食された両岸や大釜が見られる地形を,古来からそう呼んできたのでしょう。

P9160118g.jpg     P9160119g.jpg
左:振り返るときれいな虹が。一息つく。きれいだな~。

右:また振り返る。しかしすごい増水ぶり。こうなると人間なんて畏れおののく以外,何もできません。表面的な怖さではなく,体の芯から感じる恐怖ですね。ちなみにここの大釜は水深が30m近くあるようです。

P9160125g.jpg     P9160128g.jpg
左:この辺りは屋久島の地質が観察できるところで,基盤のホルンフェルス化した黒色の熊毛層群(砂岩・頁岩)と,その上位層の白色の花崗岩の対比が目を引きます。約1,500万年前に地下のマグマが四万十層群南帯の熊毛層群に貫入して形成されました。その時に熱による変成作用で熊毛層群の岩は焼しめられてホルンフェルス化した次第です。このホルンフェルスは叩くとキンキンと金属のような高い音が出ます。

右:さて,ひとしきり寛いだら帰りますか。

P9160133g.jpg     P9160144g.jpg
左:帰りは流れに身を任せるのであっという間に流されていきます。これを沢語で「美空ひばり」といいます。(「川の流れのように」から)

右:水面の目線で見上げる風景は新鮮です。

P9160152g.jpg     P9160155g.jpg
左:はあ~快適快適。流れに乗って流されるがままです。
右:いい加減冷えてきたので陸に上がる。楽しい溯下降でした。

という感じでした。

2007年以来の安房川下部でしたが,やはりスケールが大きく,今回は特に増水していたこともあってしっかりと楽しませてもらいました。パーティーで力を合わせ遡行でき,また,新たな経験も積むことができ皆さんに感謝です。

★次回は高千穂峰のレースに備え,大船山でバーティカルの練習をする予定です。低酸素トレーニングの成果を実地で確かめたいと思います。

スポンサーサイト



沢(屋久島) | コメント:2 | トラックバック:0 |

高千穂峰ラン in 宮崎県高原町

さて今回は来月に開催されるレースに備えて高千穂峰を走ってきました。

あまりの暑さと湿度に走る前から不安になりつつ,とりあえず走ってみます。

ではどうぞ。

P9090001g.jpg     P9090003g.jpg
左:久々の皇子原公園。日ごろは人っ子一人いません。

右:スタート直後から体が重い。気温(32℃)と湿度(93%)のせいだろう。汗がまったく機能を果たさないのでスピードが上げられない。

P9090004g.jpg     P9090005g.jpg
左:この三差路まで来ればあと1km。

右:そして林道終点。スタートから距離5,4km,累積高度400m。あまりのコンディションの悪さに今日は無理しないことに決定。ここから折り返し。感覚的には今日のペースはジョグに近いものでしたが,昨年の最初の試走の時よりもタイムが良かったのに驚き。走力が上がっている証拠だろう。

P9090009g.jpg     P9090012g.jpg
左:ここまで来たらランチはここ。平日にもかかわらず大混雑。鹿児島で指折りの黒豚の店です。

右:そして湯治は新燃荘。建物の外観がリニューアルされてこざっぱりしている。

P9090025g.jpg     P9100026g.jpg
左:ここの硫黄成分は濃厚なので,冗談ではなく長湯は絶対に厳禁です。下手したら鬼籍入りします。ここは鹿児島県が全国に誇る名湯の一つです。

右:早朝の窓辺。抱っこはイヤがるくせに,気づけばいつも近くにいるメイちゃん。手足を伸ばして安心しきっています。

という感じでした。今回はコンディションが悪すぎました。また2週間後くらいに予定を組みたいと思っています。

★次は屋久島の沢です。安房川下部(河口~中島権現滝)までの区間をお送りします。たっぷり泳いで残暑を吹き飛ばしてきたいと思います。

トレイル&ロードラン | コメント:2 | トラックバック:0 |

化石クルージング in 御所浦

さて今回は天草の御所浦(ごしょうら)で化石クルージングに参加してきました。

御所浦は1997年に恐竜の化石が発見されてから一躍有名になった島です。

ではどうぞ。

P9080002g.jpg     P9080007g.jpg
左:行きしなの虹。今日は良い日になりそう。

右:棚底(たなそこ)港からフェリーで。自分にとって海は,山のように心躍る存在ではなくて,なつかしい感覚。

P9080015g.jpg     P9080018g.jpg
左:30分ほどで御所浦港へ。
右:さっそくのお出迎え。

P9080020g.jpg     P9080025g.jpg
左:別の船に乗り換えて島一周と化石採集のクルージングへ。反時計回りです。

右:弁天島。案内板のあるところからは恐竜の足跡が見つかっています。昔はもっと南の,アジア大陸の東端にあったであろうこの地には確かに恐竜がいた証拠です。骨化石などは流されたりして生存場所から離れた場所で見つかる可能性がありますが,足跡のような化石はそれがないので学術的に貴重です。

P9080032g.jpg     P9080033g.jpg
左:京泊。1997年,この地で初めて恐竜の化石が見つかったことで,恐竜の島・御所浦があるといっても過言ではありません。

右:珍しい赤白の灯台。島の南端を回り込みます。

P9080044g.jpg     P9080049g.jpg
左:そしていよいよ化石採集場所へ。

右:崩れた石を集めて採集場にしてあります。ほとんど砂岩なので浅海性の貝中心の採集になります。貝は今でも砂地が好きですからね。

P9080064g.jpg     P9080065g.jpg
左:そして次なる目的地「白亜紀の壁」。
右:詳しい解説。

P9080068g.jpg     P9080072g.jpg
左:島の北側を回り込みます。

右:そして2時間のクルージング終了。まずは白亜紀資料館へ。

P9080073g.jpg     P9080078g.jpg
左:お昼はここ「松苑(しょうえん)」。新鮮な海産物が豊富で美味でした。

右:資料館から徒歩5分の化石採集場で採集。二枚貝のトリゴニアです。今度は3kgのハンマーを持ってきて本格的に割ってみたいと思いました。

P9080081g.jpg     P9080090g.jpg
左:そして締めはここ。熊本が誇る全国レベルの名湯・湯楽亭。

右:泉質(大分の長湯温泉と鹿児島の指宿温泉を合わせたようなもの)も申し分ありませんが,この洞窟風呂こそ,ここの一番の売りでしょう。こんな温泉は全国的にも希少です。阿蘇という火山がありながら名湯に乏しい熊本ですが,ここ湯楽亭と地獄温泉・青風荘は全国でもトップクラスの名湯だと断言できます。

という感じの初御所浦でした。また近いうちにハンマー持参でワリワリしにいこうと思っています。

★次回は,来月のレースに備えて高千穂峰でバーティカルランの予定です。

地質 | コメント:0 | トラックバック:0 |

湾洞越・南東谷 in 日之影川 〔宮崎県日之影町〕

さて今回は 『湾洞越(わんずごえ)・南東谷(仮称)』 をお送りします。

小さく名もなき谷ですが,川沿いを通るたびに視界に入る10m程の滝が気になっていました。雨後なので増水しているだろうと思い遡行してきました。

ではどうぞ。

P9020003g.jpg     P9020006g.jpg
左:県道から日之影川へ降りる。川は増水気味で期待が持てる。

右:これが県道から見える11m二段滝(上部2mは下から不可視)。いつも通るたびに水量を確認していました。今日は多めで良さそうです。

P9020010g.jpg     P9020013g.jpg
左:のっけから急傾斜でグングン高度を稼いでいく。
右:10m二段滝を横から。

P9020014g.jpg     P9020019g.jpg
左:少し落ち着くと,

右:昔の生活道が横切る。この道は下流にある横藪集落から葛根原までつながっていた道で山腹をトラバースするように続き,かろうじて痕跡が残っている。

P9020023g.jpg     P9020025g.jpg
左:生活道を越えるとまずこの大滝。74m三段滝の下段29m滝。右巻き。
右:うまい具合に岩壁の棚を伝うと中段滝30mへ。

P9020032g.jpg     P9020034g.jpg
左:さらに右巻きで中段滝の落口へ。この上にはさらに上段の15m斜滝が連なる。

右:斜滝のサラサラ感に癒される。

P9020038g.jpg     P9020039g.jpg
左:今度は単体の26m斜滝。
右:そして2m小滝の先には何やら大滝の気配が。

P9020040g.jpg     P9020045g.jpg
左:またありました,垂直の岩壁に懸かる76m三段滝の下段35m滝。落下する飛沫が印象的です。

右:太陽を取り込んでの一枚。険しい地形ですがどこか和む部分もあります。周囲は衝立のように岩壁が左右に展開しているので弱点を探しつつクライム。

P9020048g.jpg     P9020050g.jpg
左:50分もの大巻きで上段15m滝の落口に到着。下に見えているのは中段26m滝。登り返しが面倒くさくても滝があれば必ず確認しにいきます。

右:そして最後の6m斜滝を越えると,

P9020051g.jpg     P9020053g.jpg
左:平地に豹変して植林帯に入る。短いながらも神経を使う面白い遡行でした。
右:荒れ果てた昔の峠道を拾って下るとここへ降りて来れます。

という感じでした。いや~またもや大滝を発見でき短いながらも充実した遡行となりました。日之影川の右岸支流は尾根までの直線距離が短く,一気にそそり立っているのでまだまだ大滝はあるとにらんでいます。

★次回は御所浦の化石ツアーをお送りします。

沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |