FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

化石クルージング in 御所浦

さて今回は天草の御所浦(ごしょうら)で化石クルージングに参加してきました。

御所浦は1997年に恐竜の化石が発見されてから一躍有名になった島です。

ではどうぞ。

P9080002g.jpg     P9080007g.jpg
左:行きしなの虹。今日は良い日になりそう。

右:棚底(たなそこ)港からフェリーで。自分にとって海は,山のように心躍る存在ではなくて,なつかしい感覚。

P9080015g.jpg     P9080018g.jpg
左:30分ほどで御所浦港へ。
右:さっそくのお出迎え。

P9080020g.jpg     P9080025g.jpg
左:別の船に乗り換えて島一周と化石採集のクルージングへ。反時計回りです。

右:弁天島。案内板のあるところからは恐竜の足跡が見つかっています。昔はもっと南の,アジア大陸の東端にあったであろうこの地には確かに恐竜がいた証拠です。骨化石などは流されたりして生存場所から離れた場所で見つかる可能性がありますが,足跡のような化石はそれがないので学術的に貴重です。

P9080032g.jpg     P9080033g.jpg
左:京泊。1997年,この地で初めて恐竜の化石が見つかったことで,恐竜の島・御所浦があるといっても過言ではありません。

右:珍しい赤白の灯台。島の南端を回り込みます。

P9080044g.jpg     P9080049g.jpg
左:そしていよいよ化石採集場所へ。

右:崩れた石を集めて採集場にしてあります。ほとんど砂岩なので浅海性の貝中心の採集になります。貝は今でも砂地が好きですからね。

P9080064g.jpg     P9080065g.jpg
左:そして次なる目的地「白亜紀の壁」。
右:詳しい解説。

P9080068g.jpg     P9080072g.jpg
左:島の北側を回り込みます。

右:そして2時間のクルージング終了。まずは白亜紀資料館へ。

P9080073g.jpg     P9080078g.jpg
左:お昼はここ「松苑(しょうえん)」。新鮮な海産物が豊富で美味でした。

右:資料館から徒歩5分の化石採集場で採集。二枚貝のトリゴニアです。今度は3kgのハンマーを持ってきて本格的に割ってみたいと思いました。

P9080081g.jpg     P9080090g.jpg
左:そして締めはここ。熊本が誇る全国レベルの名湯・湯楽亭。

右:泉質(大分の長湯温泉と鹿児島の指宿温泉を合わせたようなもの)も申し分ありませんが,この洞窟風呂こそ,ここの一番の売りでしょう。こんな温泉は全国的にも希少です。阿蘇という火山がありながら名湯に乏しい熊本ですが,ここ湯楽亭と地獄温泉・青風荘は全国でもトップクラスの名湯だと断言できます。

という感じの初御所浦でした。また近いうちにハンマー持参でワリワリしにいこうと思っています。

★次回は,来月のレースに備えて高千穂峰でバーティカルランの予定です。

スポンサーサイト



地質 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |