FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

2020 第69回 別府大分毎日マラソン

さて今回は別大マラソンをお送りします。

前回2015年以来,二度目の出走となります。天気は晴れで気温は14度まで上がる予定。暑さが苦手な自分としては14度はタンクトップでも暑い気温なので心配ですが,こればかりはどうしようもありません。

ではどうぞ。

P2020003h.jpg     P2020004h.jpg
左:懐かしの大分市陸上競技場。
右:スタート地点のうみたまごにて。

P2020008h.jpg     P2020012h.jpg
左:まずはここから別府を目指して走ります。

右:整列中。3月のような日差しがきつい。ランナーの足元は今話題のナイキが一杯。ざっと見渡した感じ,10人中6人がナイキ,3人がアシックス,1人が他メーカーという感じです。

P2020016h.jpg     P2020017h.jpg
左:スタート2分前。

右:そして12:00にスタート(気温13度/湿度45%/北風1.6m)。後方からのスタートにも関わらず40秒ほどでスタートライン通過。みなさんやはり最初から速い。

P2020018h.jpg     P2020020h.jpg
左:4km程で別府市内に入る。

右:そして亀川の辺りまで走り折り返し。約10km地点。まだ鼻呼吸でペースも自由に上げ下げできる状態だが,気温と日差しで発汗が多い。

P2020022h.jpg     P2020024h.jpg
左:再びうみたまご。約20km地点。

右:この辺りから急激にペースダウンで脚が動かず。後ろからは「沿道の皆様,ただいま全ランナーが通過しました。応援ありがとうございました。」というアナウンスが耳に入ってくる。完走は絶望的ですが,次の関門の25kmまでは何とか走って終わりたい。

そして25kmで競技中止。何とも不甲斐ない結果となりました。でも,途中で走るのを中止させられるという惨めな経験を積めたのは良かったと感じます。

P2020028h.jpg     P2020029h.jpg
左:今日はここ。大分市内にある名湯・キャセイの湯。長湯(土類金属と炭酸を含む泉質)と指宿(強塩化物泉)の泉質を掛け合わせたような素晴らしい湯です。大分市内の温泉は,王子温泉,いかりやま温泉,西方の湯,府内温泉などのナトリウム-炭酸水素塩泉(モール泉)と,まねきの湯,和みの湯などの塩化物泉とに大別されますが,ここはその中でも出色の一湯となっています。大分市は近郊にこのような強塩化物泉(他には塚野鉱泉や鷺来ヶ迫温泉など)が多いように思います。

右:今日もあっと言う間に日が暮れていきます。

という感じのレースでした。

2週間前の180分走(36km)では3時間30分は確実に切れる走りができていたのに,この2週間で何かあったのか。う~ん,やっぱり1週間前の40km峠走での脚の疲労が抜け切れていないのかな。昨年の東京では30km峠走を1回しか走れず,本番では37km以降に大きく失速したことから,今年は35km以上走を何度か走っておきたかったのが裏目に出たのでしょう。峠走といえども1週間あれば疲労は抜けるとみていましたが,自分が思っている以上に疲労が抜けなくなっているのが現実だと思います。

東京まであと1か月。残りの期間は疲労が残るロング走は控えて,スピード練習に特化していきたいと思います。

★次回はBLA改め,Crossing the Mountains in Kyushu(CMK/九州大縦走)のコース調査をお送りします。

スポンサーサイト



ロードラン | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |