FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

天草観海アルプス

さて今回は 『 天草観海アルプス 』 をお送りします。

今回は北端の高舞登山(たかぶとやま)から南端の龍ヶ岳まで走り,その後はロードを走れるところまで走ってきました。この観海アルプスはその名の通り,海を見下ろしながら山を走れる場所で,天草らしい景色を堪能できるところが大きな魅力となっています。

ではどうぞ。

P1250002i.jpg     P1250005i.jpg
左:今日も一日よろしくお願いします。
右:まずは高舞登山から。

P1250007i.jpg     P1250012i.jpg
左:ゆっくり登りウォーミングアップ。
右:山頂からはこれから辿る峰々を眺める。

P1250013i.jpg     P1250016i.jpg
左:天草の島々と普賢岳。実に素晴らしい景観です。
右:ここからが本格的なルートになります。

P1250019i.jpg     P1250024i.jpg
左:朝の山道は爽快です。
右:金比羅山を越えて茶屋越へ。

P1250026i.jpg     P1250029i.jpg
左:徐々に標高を上げながら走る。
右:角ばった山容が特徴的な蕗岳(つわだけ)。

P1250033i.jpg     P1250035i.jpg
左:来し方を振り返る。
右:この辺りは眺めの良いルートで走りながら気分も高揚してきます。

P1250040i.jpg     P1250045i.jpg
左:そして白嶽湿原へ。白嶽と鋸岳に挟まれた湿地です。
右:後半の峰々を一望。

P1250051i.jpg     P1250054i.jpg
左:いったん二弁当峠へ下り,
右:車道と植林帯を登り返す。

P1250057i.jpg     P1250060i.jpg
左:尾根を進むと念珠岳が間近に。
右:ひと登りで念珠岳山頂。行く末と,

P1250062i.jpg     P1250065i.jpg
左:来し方を振り返る。
右:右奥には九重や阿蘇も見えました。いや~いい天気です。

P1250070i.jpg     P1250073i.jpg 
左:徐々に高度を下げ,
右:大作山林道へ。今回のコースを確認します。
    
P1250074i.jpg     P1250078i.jpg
左:ここから左に入り,龍ヶ岳を目指します。
右:そして龍ヶ岳山頂にて。

P1250080i.jpg     P1250082i.jpg
左:下山方面を見下ろします。脇浦登山口はちょうど松の木に隠れている辺りです。

右:海へ向けてひたすら下ります。

P1250086i.jpg     P1250090i.jpg    
左:久しぶりの神木。やっぱり凄い迫力です。
右:そして下山。次のバスまで3時間あるので,時間調整のため行ける所までは走る。

P1250095i.jpg     P1250098i.jpg
左:海沿いのランなんて日頃はできないので楽しんでいく。
右:先ほど走った峰々を見上げる。この感覚もいいですね。

P1250102i.jpg     P1250105i.jpg
左:姫戸経由で二弁当峠を越えて,
右:さらに下ると次郎丸嶽が間近に。

P1250106i.jpg     P1250111i.jpg
左:今年初めて見た梅の花。もうそんな季節なんですね~。
右:そしてバスで戻り,締めは湯楽亭。熊本が誇る名湯です。

という感じで今日も一日,無事終了。ありがとうございました。

今日は3月下旬のようなコンディションで走りやすくまた天気も良かったので,山と海を十分に堪能できました。やはり天草は海と山が近いので景色がいいですね。楽しみながらしっかりと走れました。

今後も週末ごとに距離や場所を変えながら身体を作り上げていきたいと思っています。

★次回はセット練で2日続けての山ランをしてきます。初日は九重で,翌日は尾鈴山のSea To Summitを予定しています。

スポンサーサイト



トレイル&ロードラン | コメント:0 | トラックバック:0 |

久住山トレラン

さて今回は,『 久住山トレラン 』 をお送りします。

1月31日予定の東京チャレンジマラソンが都の緊急事態宣言により3月20日に延期になりました。1月31日をピークに練習を積んできたので,あと2か月も維持することはできないと思い,今回は出走を見送ることにしました。

きつい練習をこなし,身体を絞り込んで,鋭く研いできたものがポキンと折れた感じです。喪失感や虚無感が残りますが,社会情勢を考えると仕方ありません・・・。ということで目標をGWの 『 大峯奥駈道・75靡 修験ラン 』 に再設定し,今日からそれに特化した体づくりを始めようと思った次第です。

昨年の九州大縦走で峰々を数日駆けて走り回った感動が忘れられず,今回は日本最古のロングトレイルである大峯を走ることにしました(以前から計画はしていました)。吉野から熊野までが山岳路(約100km),そこから新宮,那智と巡礼し(約57km),中辺路(なかへち)経由で再び熊野へ(約27km)。修験の霊場である75の靡(なびき)を全て巡る旅です。人生の折り返しを前に,世俗に塗れた身体を清め,極限まで追い込んだ先に見えるものを求めての巡礼ランにしたいと考えています。

閑話休題。久住山ランでしたね,ではどうぞ。

P1180002i.jpg     P1180004i.jpg
左:久々の牧ノ戸からの登山。今日もよろしくお願いします。
右:振り返ると涌蓋山が見える。2年前の5月に走った九重全山縦走が思い出される。

P1180007i.jpg     P1180009i.jpg
左:沓掛山から先の眺め。雪雲のラインが明確。山頂付近は吹雪いていそう。
右:雪道は快適。ザクザク言わせながら走ります。

P1180011i.jpg     P1180012i.jpg
左:西千里ヶ浜。
右:久住分かれの避難小屋。新しくなっていました。

P1180013i.jpg     P1180014i.jpg
左:最後の坂を登り,到着。辺りは真っ白で冬らしい寒風が吹きすさんでいました。

右:帰りは御池に立ち寄り,全面凍結した池上を歩く。

P1180015i.jpg     P1180017i.jpg
左:アイスバブル。水中の気泡が凍ったものです。
右:北風で岩に押し寄せた水がそのまま凍ったようですね。

P1180019i.jpg     P1180020i.jpg
左:いや~いいものを見せてもらいました。

右:復路は往路より天気が荒れて雪が降ってきた。

P1180022i.jpg     P1180025i.jpg
左:やっぱり山はいいですね。精神エネルギーが充満してくるのがわかります。
右:そしてあっと言う間に帰着。往復で9.5km,2時間かからないくらいでした。

今日も無事に下山。山の神様,いい経験と景色をありがとうございました。

さて,ここから気持ちを切り替えて,大峯へ向けた長時間,長距離用のトレーニングを始めて行こう!

★次もどこかを走ります。

トレイルラン | コメント:2 | トラックバック:0 |

2021 走り始め

新年あけましておめでとうございます。

今年も様々な活動の様子をお届けし,少しでも皆様の刺激や関心につながるような記事をお届けできればと思っています。

さて今日は2021年の走り始めということで,雪の草千里を走ってきました。先日は2020年の走り納めで21kmビルドアップでしたので,今日は疲労抜きも兼ねた軽ランです。

ではどうぞ。

P1010001i.jpg     P1010003i.jpg
左:先日とは打って変わって一面の雪景色。
右:樹氷がきれいです。

P1010008i.jpg     P1010009i.jpg
左:ここ数日の寒波の勢いがうかがい知れます。
右:古坊中を眺める。

P1010012i.jpg     P1010014i.jpg
左:冬は無音の世界。聞こえるのは足元のサクサクという音と風の音,そして自分の吐く息の音のみ。この凛とした空気感こそ雪山の醍醐味の一つです。

右:不意に光が射しこむ。

P1010016i.jpg     P1010018i.jpg
左:今日は駒立山周辺で遊ぶ観光客が大勢いたように思います。
右:樹氷の森と市内の遠望。阿蘇の自然はやはり素晴らしい。

という感じで雪景色を堪能できたランでした。1月31日のレースに向けていよいよ練習の山場を迎えます。ケガに気を付けて,自己ベストを更新できるよう,練習でしっかり追い込み苦しみたいと思っています。

本年もよろしくお願いいたします。

★次回もランをお送りします。

トレイルラン | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |