FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

大崩山ラン

さて今回は 『 大崩山ラン 』 をお送りします。

コースは鹿川の今村橋~鹿川越~上祝子橋~大崩山荘~湧塚コース~大崩山~地蔵岳~今村橋の周遊です。距離26,3km 累積標高2,268m 10時間03分のトレーニングでした。

ではどうぞ。

P2220002i.jpg     P2220003i.jpg
左:まずはヘッドランプ走。夜明け前の時間帯は眠さや寒さでマイナス思考になりがちなので,それに対処する練習も兼ねています。

右:5km,1時間で鹿川越。2週間ぶり。

P2220007i.jpg     P2220024i.jpg
左:少しずつ夜が空け始めてきた。
右:今日も一日よろしくお願いします。

P2220026i.jpg     P2220027i.jpg
左:朝日を浴びる大崩山。

右:早朝はこのオレンジ色のモルゲンロートが美しい。暗闇から解放される瞬間。早起きした甲斐があるというものです。

P2220034i.jpg     P2220040i.jpg
左:素晴らしい朝日です。
右:眠気がひどかったのでこの窪みで落ち葉にくるまり少し仮眠していく。

P2220042i.jpg     P2220047i.jpg
左:いい天気になりそう。

右:そして鹿川越から下ること5kmで上祝子橋。大崩はここから眺めるのが一般的です。

P2220053i.jpg     P2220057i.jpg
左:登山口に行く途中で神さん岩に立ち寄っていく。

右:鹿川越からの下山路。西南戦争時の薩軍の敗走路とほぼ重なっています。

P2220063i.jpg     P2220064i.jpg
左:上祝子橋から5,3kmで祝子登山口。ここから山道に入ります。
右:よく踏まれた快適な道です。

P2220070i.jpg     P2220072i.jpg
左:大崩山荘を越えて湧塚の渡渉地点にて。このコースは20年振りです。
右:出だしは大崩らしい森の中を行きます。

P2220083i.jpg     P2220088i.jpg
左:袖ダキからの展望。
右:対岸の小積ダキが凄い迫力で迫ってきます。まさに絶景。

P2220092i.jpg     P2220094i.jpg
左:下湧からの眺め。
右:小積谷の源頭には氷瀑が形成されていました。

P2220102i.jpg     P2220108i.jpg
左:湧塚を越えると地形は緩みます。大崩花崗岩に持ち上げられた堆積岩からなっています。

右:右手(北面)には傾山方面が見えます。

P2220109i.jpg     P2220110i.jpg
左:そして一投足で大崩山頂。2週間ぶりです。
右:ここからは地蔵岳を経由して帰ります。

P2220114i.jpg     P2220115i.jpg
左:祝子川方面を鳥瞰します。高度感ある眺めです。
右:地蔵岳へ向かう尾根にて。

P2220125i.jpg     P2220126i.jpg
左:大崩山方面を振り返る。
右:そして今日最後のピークである地蔵岳。

P2220127i.jpg     P2220132i.jpg
左:地蔵岳からの下りは初めて通るので地形図に丁寧にコースを落としこんでいきます。

右:鹿川盆地を取り囲むお馴染みの峰々。

P2220136i.jpg     P2220144i.jpg
左:珍しい形状の岩。
右:岩場を激しく下り南峰へ。

P2220145i.jpg     P2220152i.jpg
左:赤線部を下って来ました。岩場の間をうまい具合にすり抜けています。
右:下部も急な尾根筋を下っていくと,

P2220153i.jpg     P2220156i.jpg
左:林道沿いの登山口へ。いや~このコースは鹿川にある登山コースの中で最難関でしょう。危険度がかなり高めです。

右:そして林道を3,7km下り今村橋へ戻って来ました。

今日も一日良いトレーニングができました。一昨日からの一連のセット練でしたが,疲れた状態でも脚が動くようになってきたのを感じました。GWの大峯奥駈へ向けて今後もトレーニングを重ねていきましょう。

今日のコースは沢あり,岩場あり,森ありで大崩らしさを感じることができました。今期に予定している祖母傾大崩外周100マイル(160km)も目途が立ちましたので3月終わりか4月初旬に実走したいと思っています。

★次もどこかのランをお送りします。

スポンサーサイト



トレイルラン | コメント:0 | トラックバック:0 |

尾鈴山系コース調査❷

さて今回は 『 尾鈴山系コース調査❷ 』 をお送りします。

前回の続きで,今日は尾鈴神社~畑倉山までの区間の調査になります。

ではどうぞ。

P2210001i.jpg     P2210006i.jpg
左:調査の結果,ここから山に入ることに決定。ここまでは甘漬神社近くの海岸から11,25km。本番では夜明け前に通過する予定になります。

右:地形図にある破線の道型が残っている(この写真では右側の窪地)ので,予想以上に辿りやすい。

P2210009i.jpg     P2210010i.jpg     
左:そして相見(そうみ)山。尾鈴山系12峰縦走の第1峰。
右:伐採地から尾鈴山系を眺める。

と,ここで少し寄り道。実は先週の調査でネットに絡まって死んでいた鹿を見つけていたので,その場へ向かいネットを外して近くに埋葬してきました。特定の人間から見て害獣とはいえ,命に変わりはありません。短い生の最期があのような形ではなんともいたたまれません。そもそも鹿が増える主因を作ったのは人間ですから,鹿にとってはいい迷惑だと思っていることでしょう。なくなった鹿が今度生まれ変わって来る時には,どうか平穏な最期を迎えることができますように。

P2210011i.jpg     P2210013i.jpg
左:お次は尾鈴神社。山の神様にご挨拶。
右:神社の先からも尾根筋は下草がないので十分辿れる。

P2210018i.jpg     P2210021i.jpg
左:畑倉山が近づくと尾根沿いに作業道が走るようになる。
右:畑倉山への道。

P2210024i.jpg     P2210025i.jpg
左:ここで初めて上逆瀬(かみぎゃくせ)山が視界に入る。伐採されまくり・・・。
右:そして畑倉山山頂。山頂までは簡易舗装道が伸びている。

P2210031i.jpg     P2210034i.jpg
左:さて折り返し。帰りは作業道を走り,区間距離とルートを地形図に落とし込んでいく。

右:右手の視界が開けるたびに山座同定。

P2210039i.jpg     P2210040i.jpg
左:これも。徐々に後方に遠のいていく感がいい。

右:そして林道を9,190m走ればおしまい。昨日の19km峠走の疲労を残した割には脚が動いた感じです。

という感じで快晴のもと,今日も無事に調査を終えることができました。

今回の調査で,私が思い描いていたコースは繋がることを確信しました。後は上面木山(じょうめきやま)からの下山コースの整備が済めば準備は完了。甘漬神社近くの海岸から一気に走るのが楽しみです。

自分でコースを考えて現地に足を運び,何回か整備を行い,そして最後に一気に走る。こういう山行は最高のワクワク感を与えてくれます。

★明日は大崩山系を走ります。昨日と今日の疲労を残した状態でのセット練になります。

トレイルラン | コメント:0 | トラックバック:0 |

尾鈴山系コース調査➊

さて今回は 『 尾鈴山系コース調査➊ 』 をお送りします。

山系の縦走を視野に,未踏区間のコースチェックをおこなってきました。今回は甘漬(あまつけ)神社近くの海岸から出発して,山に入る区間の相見(そうみ)山と尾鈴神社周辺を調べてきました。

ではどうぞ。

P2150001i.jpg     P2150002i.jpg
左:いや~海はやっぱり良いですね。川南の伊倉浜から変更して,ここがスタート予定地点。

右:甘漬神社。

P2150007i.jpg     P2150009i.jpg
左:ひっそりとした趣ながら,社域内は空気感が明確に違いました。久々にいい空気感を味わうことができ感謝です。

右:路肩の菜の花。徐々に春が近づいていますね~。

P2150011i.jpg     P2150013i.jpg
左:水洗集落の先の尾根上からは開豁な眺めが堪能できます。
右:そして尾鈴神社へ。

P2150018i.jpg     P2150020i.jpg
左:尾根へ上がり,対岸の尾鈴山塊を眺める。
右:南へひとっ走りで相見(そうみ)山。

P2150023i.jpg     P2150024i.jpg
左:今度は北へ進み尾鈴神社。尾鈴山を背に東を向いて立っていました。

右:神社からの先のコースもあるようでひと安心。次回は畑倉山,上逆瀬山,角崎山までのコースの調査です。

という感じでした。やっぱり初めてのコースを走るのは色々な発見があり面白いですね。今後も未踏区間を調査して,最後に一気につなげて走れればと妄想しています。

★次回も山を走ってきます。

トレイルラン | コメント:0 | トラックバック:0 |

鹿川トレラン in 大崩山系

さて今回は 『 鹿川(ししがわ)トレラン 』 をお送りします。

GWに向けた練習の一環です。今回は前回と同じく3時間睡眠で,前回より,より長く高く走ることと早朝のヘッドランプ走をテーマにします。

コースは鹿川~だき山~鬼の目山~雄鉾~鹿川越~大崩山~宇土内谷口~鹿川。
距離29,93km 累積標高2,906m 11時間9分。今回は前回よりさらにたっぷりと走ってきました。

ではどうぞ。

P2080001i.jpg     P2080004i.jpg
左:まずはここから。4:38スタート。
右:作業道を1,3kmほど走り山道へ。のっけから急登です。

P2080011i.jpg     P2080016i.jpg
左:ほぼ急登一辺倒の登りをこなし,尾根上の展望所へ。三日月が輝いていました。

右:だき山西峰を越えほどなくだき山本峰へ。空が白み始め,今日が始まる。気温ー0,5℃,北西風3~5m。寒さでかじかみますが,日が昇るまでは我慢。

P2080021i.jpg     P2080025i.jpg
左:すっきりしない日の出。

右:国見山への尾根筋。見通しは最高です。また,この区間は歩く人が少ないのでテープはありますが登山道の道型が不明瞭です。でも,どこでも歩けるという,自由度の高さがいいと思っています。

P2080029i.jpg     P2080031i.jpg
左:そして山頂着。風が勢いを増し始めたので南面に避難。少しでも暖かい場所を探します。

右:う~ん,なかなか出てくれない太陽。

P2080035i.jpg     P2080041i.jpg
左:太陽が出始めてから移動開始。お次は右手の鬼の目山。遠くには大崩山も見える。

右:展望岩。ミニ小積ダキって感じです。

P2080043i.jpg     P2080045i.jpg
左:急登をひと登りで,
右:鬼の目山。昨秋の落水谷の遡行以来。また来たよ。

P2080046i.jpg     P2080050i.jpg
左:山頂でひとしきり寛いだら,お次は雄鉾へ。

右:尾根を下り林道経由で雄鉾。山頂先の展望台からはそれはそれは素晴らしい鳥瞰的大展望を楽しむことができます。この眺めは大崩山域では3指に入ると思います。

P2080052i.jpg     P2080061i.jpg
左:こういう風を避けられる陽だまりは冬場のオアシス。幸せを感じながらゆっくり体を温めていきます。

右:林道を経由して,

P2080064i.jpg     P2080066i.jpg
左:鹿川越に向かいます。

右:そして鹿川越。今日は寒風の通り道で寒さが身に沁みます。風速5~10m。結構な風が吹いていました。

P2080069i.jpg     P2080073i.jpg
左:大崩山へは急登の連続。下部は岩交じりで,
右:上部はスズタケ帯を登りあがると,

P2080076i.jpg     P2080077i.jpg
左:尾根に出て山体をまじかに拝めます。
右:右手には祝子方面の眺めが広がります。

P2080078i.jpg     P2080082i.jpg
左:そしてひと登りで山頂。昨春の鹿川周遊以来かな。また来たよ。
右:来し方を振り返る。

P2080083i.jpg     P2080085i.jpg
左:山頂台地は走りやすく快適快適。
右:宇土内尾根を下山中,右手に鹿納山の尖峰を眺める。

P2080091i.jpg     P2080096i.jpg
左:そして宇土内登山口へ。ここからは林道を8kmほどでおしまい。最後まで楽しみながら走っていきます。

右:振り返ると地蔵岳の岩壁がそそり立っている。

P2080098i.jpg     P2080101i.jpg
左:この時期は影がよい被写体になります。
右:日本的な竹道。

P2080103i.jpg     P2080104i.jpg
左:麓まで下ると風にもぬくもりを感じます。鹿川のアイコンである釣鐘山と前衛峰である烏帽子岳。いつ見ても美しい三角錐です。

右:そしてだき山を見上げる。赤線は今日の登路です。

という感じで今日も一日たっぷりと走ることができました。自然に感謝です。

森もそうですが,大崩の醍醐味はやっぱり眺めと渓流ですね。標高の高い所にある平流や,花崗岩が織りなす白亜の岩壁,メインルート以外は人があまり立ち入っていないのでそこに残る原始性・・・。これからも楽しく鍛えるために足繫く通いたいと思っています。

★次回は,天気が悪そうなのでコース調査をしながら尾鈴山塊を走ってきます。将来的に下切を終起点にした尾鈴山塊12峰周遊(相見山・畑倉山・上逆瀬山・角崎山・神陰山・万吉山・尾鈴山・長崎尾・矢筈岳・黒原山・春山・上面木山)を考えていますので,その調査になります。これが繋がると実に面白そうなので,想像するだけでワクワクしてきます。
    
トレイルラン | コメント:0 | トラックバック:0 |

九重トレラン(赤川登山口起点)

さて今回は 『 九重トレラン 』 をお送りします。

GWの大峯奥駈の練習です。コースは赤川登山口~久住山~稲星山~鳴子山~立中山~大船山~北千里ヶ浜~扇が鼻~赤川登山口の周回コース(距離約20km,累積標高約2,200m,8時間36分)。テーマは前日のポイント練習で脚に疲労を残しつつ,かつ,3時間しか寝ていない状態で走ること。

ではどうぞ。

P1310001i.jpg     P1310003i.jpg
左:今日は良い日になりそうな予感。
右:22年ぶりの赤川登山口からの登山。ここから一日の始まりです。

P1310007i.jpg     P1310008i.jpg
左:まずは裾野の緩傾斜から。
右:次第に傾斜がついてくる。

P1310009i.jpg     P1310018i.jpg
左:名物の長い急階段。
右:振り返ると絶景。南面はポカポカで最高です。

P1310023i.jpg     P1310024i.jpg
左:そして久住山山頂。登山口から距離2,6km,標高差756m,1時間15分。九重はやはり南面から登ってこそ登山を味わえますね。

右:パノラマ。今日も一日たっぷりとよろしくお願いします。

P1310026i.jpg     P1310027i.jpg
左:行く末を眺める。

右:左に目を転じると由布岳の双耳峰もバッチリ。中岳の尾根筋には結構な人がいるようです。

P1310032i.jpg     P1310034i.jpg
左:今日は鳴子山に寄ってみます。
右:鳴子山への尾根筋から見た九重の東域。

P1310045i.jpg     P1310049i.jpg
左:白口岳からの下り。鉾立峠まで標高差で350m下り,そこから立中山を経て大船山まで410mの登り返し。九重は溶岩ドーム由来の山が多いので,標高差300~500mの連続登下降の練習にはもってこいです。

右:白口岳への登りを振り返る。ここはなかなかの急登です。

P1310050i.jpg     P1310052i.jpg
左:そして立中山へ。
右:山頂を通過して大船山の登山道を目指します。

P1310056i.jpg     P1310059i.jpg
左:大船山登山道に合流し,
右:ひと登りで段原。大船山まであと少しです。

P1310060i.jpg     P1310063i.jpg
左:そして大船山山頂。久住山より20cm低い1,786.3m。ここはいつ来ても良い山です。

右:春はミヤマキリシマ,冬は樹氷を楽しめます。

P1310069i.jpg     P1310072i.jpg
左:御池も凍結していました。

右:下山はジョグ。雪道で滑るのは接地面積の狭い踵で着地しているからで,接地面積の広い足底前部を少しでも平らな場所に置ければ,氷,圧雪,凹凸のない斜面でないかぎり,アイゼンなしでも十分に走ることができます。

P1310074i.jpg     P1310080i.jpg
左:坊がつるへ。正面には肩の張った三俣山。この角度から見ると惚れ惚れする山容をしています。

右:名残惜しい坊がつると大船山。3時間の睡眠でも1日ならそれほど支障なく走れます。

P1310083i.jpg     P1310087i.jpg
左:お次は久住分かれを目指し,北千里ヶ浜を駆け抜けます。
右:徐々に日が傾いてきました。

P1310089i.jpg     P1310091i.jpg
左:久住分かれから左折。御池に立ち寄ります。
右:2週間前より融解が進んでいました。

P1310093i.jpg     P1310095i.jpg
左:池面には幾重にも筋が入り幾何学的な文様をしていました。
右:階調的で立体感のある造形。

P1310096i.jpg     P1310099i.jpg
左:なんかいい感じです。
右:違和感のある氷上の雪塊。

P1310101i.jpg     P1310105i.jpg
左:今日も良いものを見られました。

右:2020年11月28日にリニューアルオープンした久住山非難小屋。立派になって良かったですね。

P1310107i.jpg     P1310113i.jpg
左:残照の久住山。牧ノ戸方面から見ると三角錐のきれいな形をしています。

右:そして本日最後のピーク,扇が鼻。この登りでもまだガシガシ登れていたので,脚筋力は順調に成長しているようです。

P1310114i.jpg     P1310115i.jpg
左:牧ノ戸方面を眺める。
右:久住山方面を眺める。今日も一日,あっという間でした。

P1310122i.jpg     P1310124i.jpg
左:出だしの急坂を抜けると,草原的な道へ。残念ながら22年前の記憶はなくなっていました。確かにここを下ったんだけどな~。

右:たまには振り返る。

P1310127i.jpg     P1310128i.jpg
左:この区間は実に走りやすくトレラン向きです。
右:残照の九重。似たような山容で並んでいるのが特徴的です。

P1310134i.jpg     P1310137i.jpg
左:森を駆け抜け,
右:落陽のグラデーションを堪能し,

P1310138i.jpg     P1310140i.jpg
左:分岐まで下山。

右:200mほど下れば帰着。明るすぎず暗すぎず,の丁度良い頃合いの下山となりました。

という感じで今日も一日たっぷりと九重を駆け巡ることがでました。山の神様,ありがとうございました。

やはり九重は気軽に登れて景色の良い山域ですね。東西南北あちこちに登山道が張り巡らされ,草原,軽い岩場,急登などなど変化に富んでいて楽しかったです。

2019年の5月に走った九重全山縦走(距離69,6km,累積標高5,680m,30時間50分)ですが,今年,より完全と思える形で実施しようと考えています。

コースは長者原起点でほぼ同じですが,➊三俣山は北,本,西,南峰すべてを辿り南峰から坊がつるへ下る,❷平治岳からは東尾根をソババッケまで下る,❸大船山からは立中山経由で白口岳へ登る,❹鳴子山の往復を入れる,❺星生山は星生崎経由で登る,❻大崩の辻も対象にする,の6点を修正・追加します。

これでより効率的で包括的,同一コースの往復などの無駄を極力避けたコース取りになると思います。目標時間は30時間以内です。

★ 次回からもGWの大峯奥駈に向けたトレーニング山行を継続していきたいと思います。距離,時間,累積標高を徐々に増やしていく予定です。次回は鹿川を起点に大崩周辺の峰々を巡る予定です。
トレイルラン | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |