FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

2021年沢開き 楓谷・左俣 in 祖母山系

さて今回は 『 楓谷・左俣 』 をお送りします。

今年もいよいよ沢開きの時期がやってきました。今年も一年,沢を楽しんでいきたいと思います。最近は走ってばかりでしたが,本業は沢登りです。

楓谷・左俣は古祖母山南西面にある沢で小ぶりですが,断層が走っているめ,下部の滝場と上部の緩傾斜とメリハリの付いた渓相が展開します。シーズン一本目ですので,日当たりがよく,お手頃な沢として遡行してきました。2008年以来,13年振りとなります。

ではどうぞ。

P4060001i.jpg     P4060005i.jpg
左:道中で見かけた見事なサクラ。

右:まずは沢沿いの道を確認しながら登っていきます。ここは祖母傾大崩外周(UTSKO)160kmコースの一部ですので,その整備も兼ねています。

P4060008i.jpg     P4060009i.jpg
左:ミツバツツジ。山では今年初。
右:ここから入渓します。

P4060010i.jpg     P4060012i.jpg
左:乗っけから滝のオンパレード。これは24m二段滝。
右:そして22m滝。見ごたえ十分。

P4060015i.jpg     P4060019i.jpg
左:さらに6mスダレ滝。
右:滝頭から振り返る。

P4060021i.jpg     P4060025i.jpg
左:44m多段滝の最下段10m滝。
右:7mトユ滝。

P4060026i.jpg     P4060028i.jpg
左:標高差で約240m程を越えると滝場は終了。一転して穏やかな渓相になります。

右:右岸の障子みたいな岩を穿つ10m滝。

P4060030i.jpg     P4060036i.jpg
左:バイケイソウの新芽。春ですね~。
右:来し方を振り返ると親父山の南尾根が見える。

P4060039i.jpg     P4060044i.jpg
左:スズタケが枯れてしまった源流域を歩いていくとほどなく登山道に出ます。足元を替えて下山ラン。

右:尾平方面を俯瞰する。4月中に祖母傾ワンデイをおこなう予定です。目標は念願の11時間切り。

P4060045i.jpg     P4060047i.jpg
左:土呂久への分岐。
右:尾根道を快適に駆け下る。

P4060049i.jpg     P4060051i.jpg
左:沢を渡り,
右:栂谷の15m滝の前を横切ると林道はすぐそこ。

P4060053i.jpg     P4060055i.jpg
左:人はいなくなっても民家の跡地に咲くサクラ。
右:今日の落陽は見事でした。

という感じで無事に下山。山の神様に一礼。

いや~やっぱり沢は最高です。何十年やっていようがいつも新鮮な気持ちになれます。今年も開拓をどんどん進めていきたいと思っています。

★次は天候次第ですので,日之影川流域周遊か沢をお送りします。

スポンサーサイト



沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |