FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

ヤマメ釣り&遡行 in 宮崎

ようやく梅雨空らしくなったので,
久しぶりにヤマメを求めて宮崎へ。

遡行も釣りも95%は宮崎へ通うように。
それだけフィールドが豊富。

諸事で場所は明かせませんが,ここは必ず釣れる場所。
初めて尺越え(31cm)を釣ったのもここですし,
24cmオーバーを4匹(自己規定),いつもお持ち帰りしています。

ここは九州に残された秘境の一つ。

3年ぶりの再会に気持ちが高ぶります。

左:夏の日の水遊び。滝の水音が心地よい。
右:明鏡止水。最近の少雨でかなり減水している。
P6220011.jpg       P6220014.jpg
左:ゴルジュ出口で日が差し込む。減水とはいえ泳ぎは必須。朝の6時から何度も泳がされ,否応なしに目が覚める。一度泳いでしまったら怖いものなし。

右:きれいな水面。水面下ではヤマメが戯れている。
P6220020.jpg       P6220026.jpg
左:天気予報と違い,晴れの日となった。本当なら雨天の方が釣りにはいいんだが。

右:「今日はダメかも・・・」と思い始めた頃ヒット。大物がでるポイントでいきなりの尺(30.3cm)越え31cmオス。これで流れが傾いてきた。基本的にヤマメがいれば第一投から食いついてくる。これを逃すとそこではもう釣れないので,さっさとポイントを移動する。
P6220028.jpg       P6220030.jpg
左:たおやかな渓相。人の足跡・ごみはゼロ。現代の秘境。

右:釜の岩陰でヒット。またもや尺越え。32cmオス。一日に2匹も尺を釣ったのは経験なし。今日は釣り人生の中で最高の日かもしれない。
P6220034.jpg       P6220041.jpg
左:中流域の渓相。

右:そして三度のヒット。これは引きが特に強かった。何度も岩陰に走りこみ,上げるのに2分かかった。尺越えの34cmオスで自己ベスト。もうここまで釣れると言葉にならない。自然の恵みに大感謝,以外にありません。
P6220046.jpg       P6220062.jpg
左:今日は規定のお持ち帰り4匹に達したので納竿。久々に興奮を覚えた。

右:今日の釣果。あらためて最高の日だったと思う。おそらく今後,二度とこんなに釣れることはないだろうし,あってほしくない気持ちがする。
P6220068.jpg      P6220079.jpg

とまあこんな釣行でした。
今日は出来すぎという印象。

ここには通算6回通ってますが,最初に尺を1匹あげた以外は,せいぜい27cmどまりだったので,減水と後半崩れだした天候の組み合わせがよかったのでしょう。

今年の長引く少雨で,増水とともに流れてくる餌が少なく,彼らも必死に餌を待っていたに違いありません。他に釣れたのはすべてリリース。彼らが大きくなるのを楽しみにしています。

釣りは人とヤマメの勝負なので,人が勝つ(=釣れる)こともあればヤマメが勝つ(=釣れない)こともあると思います。だからこそ面白い。いかに勝つか,そして負けないように工夫をするか。それが醍醐味。
長くこの勝負を楽しみたいので,必要以上は持ち帰らないことにしています。

ヤマメ達が元気よく泳ぎ回る姿をほほえましく思いながら,今日の釣行は終了です。次回はまたしばらく寝かせて,3~4年後になることでしょう。

今日も一日ケガなく楽しませてもらい,自然に感謝です。


★次回は,「南阿蘇トレイルランニング」をお送りします。
シェルパ主催のイベントです。楽しみ第一で走ってきます。

スポンサーサイト




沢(九州) | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<第5回 南阿蘇トレイルラン | HOME | 境谷 in 市房山 & トレラン 市房山横断>>

この記事のコメント

こんばんは。
美味しそうですね!宮崎の滝を巡るとヤマメらしき魚影を見ますが、入漁料を払わなきゃいけないところがありますよね?普通では入れない所は下流に入漁料の案内があっても釣りをしても良いのでしょうか?
今度、石並川滝巡りに行く時に、釣竿持参で行きたいのですが、如何なものでしょうか?
考えただけでヨダレが出てきます!!
2009-06-25 Thu 02:06 | URL | ぽんぽこ #-[ 編集]
ぽんぽこさん,訪問ありがとうございます。

入漁料は,放流区域(看板あり)で釣りをする場合に必要だと思います。よって,放流により管理されていない最上流域のヤマメに関しては,問題はないと思われます。

石並川周辺は水温が高いので,ヤマメは微妙ですが,滝壺などには大物が居ついている場合が多いので,ぜひトライされてみて下さい。

もしいれば,最初の第一投で必ず反応があるはずです。また釣れるのがアブラメならば,そこにはヤマメはいないと判断しています。理由は,自然界の慣わしで,大きく力のある魚ほど好条件の場所に縄張りを持つことができ,エサを待っているからです。
2009-06-25 Thu 10:05 | URL | インヤン #-[ 編集]
インヤンさんこんにちはー!
これは・・尺3本/Day とは、驚異的! ランに遡行にバリーションは
鉄人級だと思っておりましたが、渓流釣りも達人レベルなのすねー!
降参ですm(*_ _)m インヤンさんの活動いつも楽しみにしています。
私も今年は境谷にノンビリ沢泊で遡行しようかと思ってます。
どこかでお会いできます事楽しみにしております。。。
モチロン山中でも街中でも♪
2009-06-25 Thu 12:37 | URL | 沢グルメ #-[ 編集]
沢グルメさん,訪問ありがとうございます。

この日は本当できすぎでした。
私など達人にはほど遠く,条件が良くないと釣ることができないレベルです。ボウズで一日を終えたことが何回もあります。

境谷はぜひオススメですので,ゆっくり楽しんで頂けたらと思います。

私の方も沢グルメさんの記録を楽しみにしています。宜しくお願い致します。

2009-06-25 Thu 13:41 | URL | インヤン #-[ 編集]
インヤンさんはじめまして。
いつもゆっくりと中高年の山歩きを楽しんでいる私としては、その驚異的な行動力、走破力を、そして今度は釣りと、言葉にならないくらいただただ感嘆してブログを拝見させていただいています。
昨年のインヤンさんの南阿蘇トレランの文章をみて、今年の南阿蘇トレランは私も「歩いて」ですが、出ることにしました。スタート後、数分は走るインヤンさんの背中を見れることでしょう。
2009-06-25 Thu 16:33 | URL | 地下水道水 #-[ 編集]
地下水道水さん,こんなマニアックなブログに訪問ありがとうございます。

南阿蘇に出られるんですね。あとは天気次第ですが,できれば曇りで雨はなしでいきたいですね。

今は南阿蘇のことで頭がほぼ一杯です。
目標タイムを切れるように,楽しみながら走りたいと思います。

当日は充実した一日が送れるように,お互い頑張りましょう!

今後もよろしくお願い致します。
2009-06-25 Thu 21:04 | URL | インヤン #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |