FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

元日登山 in 大山

新年あけましておめでとうございます。
拙いブログですが今年も宜しくお願いします。

さて新年第一弾は鳥取の大山。
登り始めにいってきました。
予定では弥山尾根(右)。

P1010002.jpg       P1010003.jpg
左:まずはここで参拝。
右:北面を望む。上部はガスっている。


北面の斜面を登っていく。

P1010006.jpg       P1010009.jpg
左:登るにつれてついにホワイトアウト。視界は5mもない。こりゃダメだと転進。行者谷から山頂を目指す。
右:夏道との合流点。ここからは登山者も多いので道もOK。


山頂付近の様子。

P1010010.jpg       谷コース入口へ
左:吹雪の山頂。
右:下山は夏道を駆け下る。


下山は快適快適。

P1010012.jpg       リンドウ
左:あっという間に登山口へ。
右:ひっそりとした参詣道。名物「大山そば」は食べられず。

結果的に転進となりましたが,冬山を体感させてくれた大山でした。


★次回は「スキー in 女鹿平(広島)」をお送りします。

スポンサーサイト




アルパイン(日本) | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<スキー in 女鹿平(広島県) | HOME | アソパインスタイル① 【赤ガレ谷~ダイレクト尾根】>>

この記事のコメント

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

大荒れの天気のようですね、写真からもわかります。

6年前僕が登った時は、何としても最高点に立つというこだわりのために、弥山はあきらめて、夏にユートピア小屋の方から剣が峰に立ちました。弥山からの剣が峰への稜線は冬場なら今でも行けそうですか?あの当時、毎年崩壊が進んでいて、どんどん危険になっているという話でしたが。

でも、今回のホワイトアウトぶりではそんなのを確かめる余裕もなかったでしょうね。
大山までの移動と合わせ、お疲れさまでした。
2012-01-04 Wed 12:03 | URL | 屋久島遡行人 #-[ 編集]
遡行人さん,こちらこそお願いします。

大山の正月はやはり厳しい感じです。
頂上稜線の核心は片足幅のナイフリッジで,
慎重に行けば問題ありませんが,年々崩壊が続いており,油断は禁物という感じです。

今年の屋久島の希望溢れる計画を立てつつ,
寒い冬を越していきたいと思います。

今年も宜しくお願いします。


2012-01-04 Wed 13:14 | URL | インヤン #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |