FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

豊後街道 第十回 峠の茶屋跡~坂ノ下

いよいよ豊後街道の最終調査。
峠の茶屋~二重ノ峠~坂ノ下の区間。

P3240001.jpg       P3240003.jpg
左:大津の端にある六里木跡。ここから本格的な峠越え。

右:清正公(せいしょこ)道(豊後街道のこの付近での別称)の北半分に,現在のミルクロードが通っている。堀ヶ谷(旧:方里ヶ谷)へは現在の道筋とは少しずれている。現在の四つ角手前から左へ入るイメージ。四つ角は地形的に盛り上がっており,無駄に高度を稼がない効果的なコース取り。

P3240014.jpg       P3240018.jpg
左:おそらく旧街道跡(写真左半分)。幅2~3m,掘り込み1m。ミルクロードに寸断されているが,これを下に辿っていくと,堀ヶ谷からの道と繋がる。この100m上に峠の茶屋跡があるので,位置的に間違いないだろう。

右:峠の茶屋跡近くにある七里木跡。電柱がある所。この電柱がかつてのコースを読み解く上でのヒントとなる。

P3240019.jpg       P3310001.jpg
左:現在の峠の茶屋跡。
右:1985年頃の峠の茶屋跡。

P3240004.jpg       P3240031.jpg
左:二重ノ峠(ふたえのとうげ)の俯瞰図。峠が二重になっているのがわかる。

右:現在の車道の少し西寄りの尾根近くに電線が延びており,これが旧街道跡を示していると考えられる。根拠は,電柱は私有地には敷設できないので,かつての参勤道,つまり公道(国有地)沿いに敷設されているからです。二重ノ峠付近は1980年代に四方への舗装化が完了して,現在のようになりましたが,その当時でさえ,街道跡はすでに判別できなかったとのことです。よって,峠の茶屋跡~二重ノ峠交差点までのコースは,電柱下コースが最有力です。

P3240032.jpg       P3240036.jpg
左:ここから坂ノ下までの下りが始まる。

右:坂を少し下るとこの風景が飛び込んでくる。これこそ阿蘇の醍醐味。大陸的開豁感。いつ,どこから見てもスケールの大きさを感じさせてくれる。

P3240038.jpg       P3240048.jpg
左:ここの石畳は,きれいに整備されおり,歩きはもちろん,走っても問題ない。

右:上り返しはトレーニングで,下からノンストップで走り上がる。斜度は0~20%位まであり,場所によっては山道並み。石畳は足元が安定するので,グイグイ登っていけるのが良い。

これにて豊後街道31里(124km)の全コースの調査終了。
最後に,滝室坂の旧道のトゲ草類の伐採をしたり,トレランで脚を作る必要があります。

実行は4月中旬。江戸時代も4月に参勤は行われていたので,桜咲く時期に,一気に走り切れれば最高です。

熊本城2:00発~鶴崎法心寺20:00の予定。


★次回は,トレラン or 沢始 です。
スポンサーサイト




ロードラン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<豊後街道 番外編 滝室坂上部の道 | HOME | 豊後街道 第九回 滝室坂>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |