FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

芹野谷:右俣 in 高千穂

さて今回は夏に一度遡行した芹野谷左俣に続き,右俣を遡行してきました。
左俣には45mの大滝があり,当たりの沢でした。

果たして右俣はどうなのか・・・。

ではどうぞ。

PA100003b.jpg       PA100005b.jpg
左:田舎ではすっかり秋じみてきた。そよ渡る風が秋の雰囲気。
右:ゴルジュの始まりの4m滝。前回より水量が少なめ。

PA100008b.jpg       PA100009b.jpg
左:8m斜滝。今回は水線沿いにクライム。
右:ここから右俣。乗っけは10m滝。左壁を絡みながらクライム。

PA100014b.jpg       PA100016b.jpg
左:ゴルジュを抜けるといったん落ち着く。

右:再び滝場となり,10m滝の登場。これも水流沿いにクライム。取り付き2mのワンムーブをこなせば後は階段状。

PA100021b.jpg       PA100022b.jpg
左:核心は終わり,後は林道までのクールダウン区間。

右:スギヒラタケ。2004年に続き,今年も東北で問題になったキノコ。九州ではそういう話は聞かないので,成分的に地方的なものがあるのだろうか。いずれにせよ2004年以来,口にしていないキノコ。歯ごたえがいいんですけどね。

PA100026b.jpg       PA100028b.jpg
左:下りの林道にて。段々畑がいい味を出している。

右:いつの間にかコスモスが盛りの時期に。このキバナコスモスは一般的な赤や白のコスモスに比べて暑さに強いので,花期が長め。

という感じでサクッと遡行できた谷でした。

ここは短いながらも,3~10mの登れる滝が連続し,それなりに楽しむことができます。時間があり晴天の時には,長物の沢に入るとすれば,時間がない時や悪天の時などの遡行にいいのかもしれません。

★次も沢です。遡行先は捜索中・・・。遡行400本まであと8本。

スポンサーサイト




沢(九州) | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<赤水嶽南沢(仮称) in 日之影 | HOME | 小屋迫谷 in 椎葉>>

この記事のコメント

 相変わらず、毎週行き続けてますねえ。この連続台風の間隙を突いて、欠かさず沢に向かう姿勢が素晴らしいと思います。年内400本も現実味を帯びてきましたね。でも12月も沢に入るんですか!?
 僕は、なかなかパートナーとのスケジュールが合わず、沢はご無沙汰。冬に備えて、週末は薪割りに忙しくしています。今年中にせめて瀬切だけでも行っておきたいのですが、どうなることやらです。
2014-10-13 Mon 14:46 | URL | 屋久島遡行人 #-[ 編集]
ブログ更新がなかったので,どうしているのかなと思っていました。

瀬切はなかなかタイミングが合わないようですね。でも遡行人さんなら単独で十分いけると思いますよ。

私の方は何とか今年中に400本の節目はいきたいと考えています。12月は日が当たる南面の沢限定で入ります。まだキノコもあるので沢はサッと済ませてキノコ狩りがメインですが・・・。
2014-10-13 Mon 22:22 | URL | インヤン #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |