FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

赤水嶽南沢(仮称) in 日之影

さて久々の沢は名前がないので仮称で「赤水嶽南沢」。
日之影川の右岸支流の一つです。

日之影川の右岸は川床から尾根筋まで一気にせりあがっているので,短いながらも滝がありそうな沢がたくさんありそうです。昨年遡行した名女石川は大当たりでした。

今回は赤水嶽に突き上げる南沢を選択。帰路は卯木が原越からの旧道の状況チェックをしながら下る予定です。

ではどうぞ。

PA260001b.jpg       PA260002b.jpg
左:出だしはゴーロ。だがすぐに滝が出始める。
右:乗っけの15m滝。良いスタートになる。

PA260011b.jpg       PA260012b.jpg
左:5~10mクラスの滝をこなしていくと林道に出る。そのすぐ上にある30m大滝。見えているのは下部20mで,上部の10m斜滝は隠れて見えません。立っており,左右の岩壁と併せて迫力あり。

右:振り返ると諸和久(もろわく)集落が見えた。地形的に良い場所を開いたな~と感心。

PA260018b.jpg       PA260019b.jpg
左:中部ではいにしえの跡が出てくる。
右:石垣の中を遡行するのは初めての体験。こんな所まで昔は人がいたんだな~。

PA260023b.jpg       PA260027b.jpg
左:15m滝。
右:12m滝。

PA260028b.jpg       PA260034b.jpg
左:そしてとりを飾る2つの滝。下部は12m,上部に見えているのは18m滝。この沢は間違いなく掘り出し物です。10m以上の滝だけでも10本もあった。

右:これが卯木が原越から日之影川に下る道。地図上の破線はあてにならないので,GPSで細部まで拾い,地形図に記載していく。途中で道が損壊している所や,植林帯でわからなくなっている場所があり,読図を楽しみながら下って行く。

という感じで短い沢でしたが,見どころ,登りどころ満載で,中当たりの沢でした。
古道の調査と併せて本腰を入れて開拓してみたいと思わせられた一本でした。

★次は大藪谷です。三方岳に突き上げる沢で9年ぶりの遡行となります。デジカメ記録を残すこと,キノコ狩り,それとトレランを楽しめたらと思います。遡行400本まであと7本。
スポンサーサイト




沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大藪谷 in 南郷 | HOME | 芹野谷:右俣 in 高千穂>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |