FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

大藪谷 in 南郷

さて今回は予定通り大藪谷をお送りします。

前回の遡行は2005年,雨の中の遡行で記憶がほとんどない残念遡行だったので,今回は隅々まで楽しんでいきたいと思います。下山はキノコ狩りをしながらのトレラン。

ではどうぞ。

PA270001b.jpg       PA270009b.jpg
左:小丸川との出合い。左に入ります。
右:出だしは河原が続く。

とここで地元ハンターと遭遇。何でも猟犬を追ってきたらしく,傍らには猟犬と猪が倒れていました。身体に触れるとまだ温もりが残っており,猟犬についた牙による刺し傷や,猪についた裂傷が死闘を物語っていました。長い間,自然に浸かる生活をしていますが,このような形は初めての経験でした。閑話休題,遡行に戻ります。

PA270017b.jpg       PA270019b.jpg
左:ゴルジュが出てくると面白くなる。
右:小丸川水系の水質の美しさは九州屈指。

PA270021b.jpg       PA270029b.jpg
左:これは覚えていたゴルジュ内1m滝。突破できなくて右手を巻いたんだよな。
右:沢筋の紅葉はまだまだこれから。

PA270039b.jpg       PA270043b.jpg
左:源流は一気に高度を上げるのでこのような滝も出てくる。これは8m。
右:不安定な足元に気を使いながら一定ペースで登り続ける。

PA270045b.jpg       PA270047b.jpg
左:上からガラガラ音がすると思ったら猪を目撃。写真まで撮れるとはラッキー。今日は猪に縁がある日なのだろうか。

右:山頂直下で谷筋を見下ろす。

PA270057b.jpg       PA270065b.jpg
左:主尾根は日が当たり爽快。ここからはキノコ狩りに精を出す。

右:キノコ狩りに夢中になるあまり,いつしか道をはずし,こんな沢に降りて来ていた。ここはここで素晴らしい渓相を持っている。まるで東北の沢のよう。

PA270071b.jpg       PA270073b.jpg
左:いや~素晴らしい。こんな場所が現在でも残されていることに感謝。
右:祝子川の三里河原に匹敵する逸材。

PA270075b.jpg       PA270083b.jpg
左:いつまでもいたい気持ちを振り払い,この絶溪に別れを告げる。
右:いい感じの紅葉を発見。

PA270087b.jpg       PA270090b.jpg       
左:峠方面に向けて適当に登っていると道を発見。これで一安心。しかしキノコはあまり見かけないのが残念。
右:斜度も適当で走ったり歩いたりして楽しむ。

PA270092b.jpg       PA270095b.jpg
左:下草のない見事な原生林。走っていて興奮声が出るほど。
右:辿りついた峠では太陽が傾きつつある。素晴らしい一日をありがとう。

ここからは車のあるところまで約10km,1時間程度の下山ラン。今日はペース持続ができ,気持ちよく走りきれた。

という感じで,今日もまた良き一日を送ることができました。感謝。
やはり沢は青空の下が一番ですね。

9年前は雨の中の遡行で,とにかく長かったことしか記憶にありませんでしたが,今回の遡行で,より良いものに変えることができました。

★次も沢+キノコ狩りになります。遡行400本まであと6本。
   
スポンサーサイト




沢(九州) | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<渡内谷右俣 in 高千穂 | HOME | 赤水嶽南沢(仮称) in 日之影>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-11-04 Tue 10:11 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |