FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

小谷・権七小屋谷遡行 in 大崩

さて今回は遡行二本立て。

まず鹿川の小谷を遡行,登山道からモチダ谷を下り,権七小屋谷を遡行後,昔の林道を走って帰るコースです。朝から夕方まで目一杯使うつもりで計画。天気が崩れる前に下山できればOK。九州屈指と名高い三里河原源流部が楽しみです。

ではどうぞ。

PB240001b.jpg       PB240005b.jpg
左:スタートは宇土内谷(右)と小谷(左)の二俣から。
右:小谷はゴーロ基調の谷のよう。

PB240007b.jpg       PB240010b.jpg
左:4m滝。
右:3m滝。

小谷は2~4mの小滝がポツポツある程度で,他には取り立てて何もなく尾根まで詰め上げる。そのまま登山道を湧塚コースに入り,すぐ左下のモチダ谷への下降が始まる。

PB240035b.jpg       PB240038b.jpg
左:ようやく谷筋に日があたり始め,体と心が目覚め始める。

右:右手には七日廻りの岩塔が存在感を示している。森の中にそこだけ突き出している造形は面白い。

PB240046b.jpg       PB240052b.jpg
左:下まで下ると地形が緩くなり,極上の雰囲気になってくる。
右:モチダ谷の見物,モチダ滝20m。

PB240058.jpg       PB240063b.jpg
左:いや~素晴らしい森。何も言えない。
右:下ること約1時間で金山谷との出合着。陽光で溪が煌めいている。

ここからは三里河原を辿り,金山谷と分かれて中瀬松谷に入り,それから権七小屋谷に入り,再び尾根まで詰め上げる。

PB240065b.jpg       PB240069b.jpg
左:出だしから得も言われぬ雰囲気。
右:う~ん,凄い。さすがは九州屈指と言われるだけのことはある。

PB240080b.jpg       PB240083b.jpg
左:あまりにも良すぎて,通り過ぎるのがもったいなく,歩くペースがゆっくりになる。

右:ほどなく金山谷との出合い。ここでシイタケ発見。ちょっと時期が遅めのようで,虫に食われているものが多かった。

PB240088b.jpg       PB240093b.jpg
左:権七小屋谷は花崗岩の白亜の造形が素晴らしい。
右:とある釜にて。尺近いヤマメ。悠々と泳いでいて貫禄あり。

PB240097b.jpg       PB240107b.jpg
左:花崗岩は予想だにしない造形を作り出すので,遡行が面白くなる。
右:水もきれい。

PB240110b.jpg       PB240115b.jpg
左:中瀬松谷との二俣から権七小屋谷を覗く。
右:うほ~なんだここは。こんな山奥に,こんな平地があるとは・・・。

PB240119b.jpg       PB240124b.jpg
左:こんな所にどっぷり身を置ける幸せを感じる。人間社会から見ると何にもないが,必要なものはすべてここにある。

右:次第に青空がかげりだした。

PB240127b.jpg       PB240130b.jpg
左:尾根に詰める区間は急傾斜となる。最後に出てきた3m涸滝が越えられず,右手の3m垂壁を慎重に越える。今日一番の核心だった。

右:尾根に出たら右手の第三ピークに登る。その途中で発見,ナメコ。逆からでは決して見つけられなかっただろう。

PB240133b.jpg       PB240135b.jpg
左:鹿納(かのう)坊主たち。あそこはゴツゴツした岩峰が連続する面白い区間。
右:尾根を下り,昔の林道へ出る。

PB240138b.jpg       PB240141b.jpg
左:林道とはいえ,花崗岩と赤松の中はそうそうに走れないので楽しんで走る。
右:晩秋の紅葉もまたうつくし。

という感じで秋の一日をフル活用した山行でした。

しかし,三里河原~権七小屋谷の溪相は素晴らしいという言葉では表現できないほどでした。あれだけの広さで原生林が残されているのは,九州ではもはやここだけでしょう。水上越付近,青鈴谷源流部,三方岳西面を凌ぐ豊かな自然が残っています。今後ももっと足を運びたいと思います。できればキノコ狩りで一日を費やしたいほどです。

★次も沢です。遡行400本まであと2本。
スポンサーサイト




沢(九州) | コメント:5 | トラックバック:0 |
<<ベートーヴェン 第九 | HOME | スゲノ谷右俣 in 水上村>>

この記事のコメント

こんばんは。
後半の渓相が非常にいいですね。久しぶりに唸らされました。
そして、山女の塩焼きときのこ汁が食べたくなりました。
でも、水が冷たそう・・・
400本まで、あと2本、気をつけて行って下さい。
2014-11-25 Tue 19:53 | URL | 屋久島遡行人 #-[ 編集]
ここはあの祝子川ゴルジュの上流にあたるので,ゴルジュ突破後,この辺りで一泊すると最高の夜を迎えることができます。九州本土ではこれ以上の場所はないと思います。
2014-11-26 Wed 00:58 | URL | インヤン #-[ 編集]
 おお、そうなのですか!九州本土は土地勘がないので、全く分かりませんでしたが、言われてみれば、真っ白な花崗岩が似てますね。
 これは是非、一気につなげたいです。そして、夜は星空の下、焚き火で獲物の料理を楽しみたいものです。来夏にでも挑戦したいので、その節は案内していただけるとうれしいです!
2014-11-26 Wed 20:29 | URL | 屋久島遡行人 #-[ 編集]
ぜひ喜んで同行させて下さい。
忘れえぬ遡行になること請け合いです。
2014-11-27 Thu 00:53 | URL | インヤン #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-02-03 Tue 22:53 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |