FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

古道調査 in 高千穂&日之影

遅くなりましたが,今年もよろしくお願いします。

さて2015年初の山行は古道調査になります。高千穂と日之影を結んだ峠道の一つ,「俵石越」の調査です。

コースは天岩戸神社~俵石越~白仁田~横藪~下鶴~川中~湾洞越~天岩戸神社という周遊コースです。歩きでは一日で回りきれないので,走りの機動力を活かした山行です。

ではどうぞ。

P1020001c.jpg       P1070006c.jpg
左:これは年始に雪が降った時の様子。阿蘇の温泉ですが,ここまで積もることは珍しい。

右:今日も阿蘇は活発に活動中・・・噴煙がもくもくと立ち上り,北西風により高千穂方面の空に霞をかけている。

P1070009c.jpg       P1070012c.jpg
左:天岩戸神社でお参りしてからスタート。今年も健康で活動できますように・・・。
右:林道を上がるにつれて眺めが良くなる。右奥の霞は阿蘇の火山灰。

P1070017c.jpg       P1070019c.jpg
左:林道は尾根まで続いており,そこから少し下ると俵石越。車道のない時代には,白仁田と岩戸を結んだ重要な往還の一つだったが,今では猟師も通らないと,途中で出会った地元の人の弁。

右:トラバース気味に尾根を回り込むと俵が積み重なったような石群を発見。おそらくこれが峠名の由来かな・・・。

P1070024c.jpg       P1070031c.jpg
左:俵石山と戸川岳と結ぶ尾根には明確な切通しがあった。ここから白仁田集落へ向けて下りに入る。少し下ると尾根上の展望地に出て,そこに道祖神と馬頭観音の石碑があった。この道の歴史が窺い知れる。

右:途中杉の植林帯でロストしたが,集落の方へ適当に下っていくと古道に合流。

P1070036c.jpg       P1070039c.jpg
左:先ほどの切通しのあったコルを見上げる。
右:白仁田からは,戸の口を経て横藪まで車道ラン。車道が終わると,再び山道になる。

P1070045c.jpg       P1070047c.jpg
左:明瞭なトラバース山道を辿り,若松の廃屋を経て下鶴へ下り,そこから川中集落まで車道を走る。そして,湾洞越へ向けての登りが始まる。車道では火山灰が体内に入り込んできて違和感を感じる。

右:約1時間で湾洞越。かつて知ったる道なのでもう安心。ここからは天岩戸神社まで下りのみ。

P1070054c.jpg       P1070055c.jpg
左:湾洞越から1時間,7km下ると天岩戸神社。西日が境内に射し込んできた。
右:今日のコースを眺める。少し寒かったけど,快晴で良い日だった。

という感じで27km,6時間30分の古道ランでした。

昔の人は生活のためとは言え,険しい山道をよく通ったものだと思います。自然林の中では,比較的道の跡がわかりますが,手の入っていない植林帯や植林後間もない場所では,ほとんどわかりません。

今回古道を辿りながら沢の調査もしましたが,白仁田~横藪~下鶴間にある沢の上部にはいくつか大滝が視認できました。いずれも水量が少なめですので,水量が増える時期に遡行したいと思います。下から見た感じでも40~50mはありそうな大物でした。

★次回も古道調査になります。
スポンサーサイト




トレイルラン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<古道調査 in 日之影 | HOME | 2014年>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |