FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

トレラン in 高千穂~日之影

さて今回ようやく調査することができました。

コースは,高千穂の富野尾から,かんかけ越え(富野尾峠)を越えて日之影の赤川に下る。
そして煤市まで移動して,小林峠を越えて,高千穂の今藤に降りてくる周遊コース。

昨晩は,0:00から受付の阿蘇カルデラスーパーマラソン(100km出走予定)の予約がなかなかできず,睡眠不足。(結局,予約完了は2:10。2時間ほどネットは不通状態でした。)

なので,距離19.1km,累高1,245m,約5時間のゆっくりトレランに変更しました。

ではどうぞ。

P2230002c.jpg       P2230006c.jpg
左:芹野谷左俣に懸かる大滝。遠くからでもそれとわかる。
右:「←二つ岳」の案内板に従って登ってくる。

P2230008c.jpg       P2230010c.jpg
左:道は急な尾根筋をジグを切りながら登っていく。
右:不意に林道へ飛び出す。

P2230011c.jpg       P2230013c.jpg
左:かんかけ越え(富野尾峠)のお地蔵さまと目印の杉。「かんかけ」とは「鍵掛」や「鐘掛」などと表記し,「がんかけ」と同意語で,意味は「崩れた崖」。昔から峻険な往還として有名だったと思われます。

右:日之影の赤川へ下る。手入れされた植林帯では道は明瞭だが,森に生命感がなく死んでいる。

P2230015c.jpg       P2230019c.jpg
左:岩場の棚を上手にコースに組み込んでいる。
右:先日の雨で沢は増水気味。もうそろそろ沢始かな。

P2230020c.jpg       P2230023c.jpg
左:沢を対岸へ渡ると林道終点へ出る。
右:梅花が咲き始めている。着実に春が近づいている。

P2230024c.jpg       P2230032c.jpg
左:林道脇のスラブ滝。沢が恋しい。

右:煤市から小林峠への道を辿る。が,道があったと思しき場所は植林や伐採後の草地となり,道は全くわからない状態。仕方ないので林道を辿り,最上部で峠へ直登。

P2230038c.jpg       P2230043c.jpg
左:高千穂側の道跡は,自然林の中ではわかるが,手入れされていない植林帯に入ったとたんにロスト。かまわず下ると作業道に降り立つ。

右:今日辿った峠を眺める。あれを行き来するなんて,昔の人は大変だったろう。

という感じでした。ようやくロードレースから解放され,気楽に走れてホッとしています。これでまた地図に新たなルートを赤書きできます。やはり未知のルートを,道を探しながら辿るのは面白い。

★次回は天気が良ければ大山に雪山遠征です。天気と雪のコンディションにもよりますが,南面の二の沢を剣ヶ峰まで登り,元谷に下り,弥山尾根(右)を登り,三の沢経由で戻ってこようかと考えています。天候不順ならば,長めのトレランかロードをお送りします。
スポンサーサイト




トレイルラン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<市房山南北縦走 | HOME | 第12回 人吉春風マラソン>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |