FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

小川谷 in 球磨川 〔熊本県〕

さて今回は,球磨川沿いの支流を探ってきました。

一応,新規開拓ですが,この谷には除滝(よけんだき)という有名な滝があるので,滝ありきの遡行です。今まで手付かずだったエリアだけに遡行候補が山ほどあり,これからの開拓には困りません。

ではどうぞ。

P8050001d.jpg       P8050002d.jpg
左:まずは出だし。
右:右に折れると4mの小原滝の登場。期待が高まる。

P8050003d.jpg       P8050005d.jpg
左:いったん平流になる。
右:再び傾斜がつき出すと,この8m斜滝の登場。水線沿いにクライム。

P8050008d.jpg       P8050009d.jpg
左:谷が左にヘアピン上に折れると,3m滝とその先に除滝の下部が見え,ボルテージも上がる。

右:少しずつ除滝に近づいていく。

P8050013d.jpg       P8050016d.jpg
左:何と滝下を向う側に潜ることができた。

右:岩場を4m程登って正面に回り込んで滝と正対する。う~ん,立派な滝。30m程のスダレ滝。

P8050020d.jpg       P8050021d.jpg
左:左のガリーを登る。振り返るとV字に刻まれた地形が見て取れる。

右:滝の左の灌木を繋いで登り,最後に滝頭の小リッジを跨いで滝頭に到達。なかなか渋い巻きだったが,適度な緊張感で面白かった。

P8050022d.jpg       P8050026d.jpg
左:すぐ上には5m斜滝が懸かる。
右:さらに3m二段。ミニゴルジュ状の地形が続く。

P8050028d.jpg       P8050029d.jpg
左:ゴルジュを終えるといきなり平流に様変わり。癒される。
右:周囲は植林されているが,谷はかろうじて生き残っている。

上部二俣付近は倒木等で荒れており,遡行意欲をそがれたので,谷沿いの道を下山。お次は化石採集。

P8050038d.jpg       P8080041d.jpg
左:この辺りには中生代三畳紀後期の石灰岩(2.3~2.1億年前)が分布しており,その中から,ご覧のようなメガロドン(二枚貝)の化石が産出する。これは底岩の中にあるもの。

右:付近で持って帰れそうな岩を探し採集。二枚の貝殻が鋭角状にくっついているのがメガロドンです。古磁気調査の結果,これらの化石は南緯20度の浅いサンゴ礁で形成され,赤道を越えてこの地まで運ばれて来たそうです。

という感じで,化石採集と併せ,充実した一日となり感謝。

除滝(よけんだき)は,井戸底のような地形にある見事な滝でした。さすがに名前がついているだけあって,古くから知られていた滝だったんだろうと思います。名前の由来は不明ですが,各種の災難除けの為に,ここで身を清めたことから,その名が付けられたのかもしれません。

人吉~八代間の球磨川沿いには,数多くの谷や支流があるので,あと5年は開拓先に困らなさそうです。

★次回は,椎葉村の樋口谷をお送りします。2002年に遡行済みですが,ゴルジュを巻いたので,今回はできる限り,水線突破を図りたいと思います。
スポンサーサイト




沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<樋口谷 in 大藪川 〔宮崎県椎葉〕 | HOME | 山犬岳倉谷 in 山口谷 〔熊本県相良村〕>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |