FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

熊ノ戸川 in 井崎川 〔大分県佐伯市〕

さて今回は,予定通りに椿山北面の『熊ノ戸川』を遡行してきました。

天気は上々,石灰岩地形に期待がかかります。

ではどうぞ。

PB060002d.jpg       PB060004d.jpg
左:出だしは,閉店している食事処から。平凡な渓相で始まる。
右:5m滝。水線右をクライム。

PB060006d.jpg       PB060009d.jpg
左:そしてほどなく現れる「熊の戸の滝」。国道沿いの駐車場に看板があった滝。下部の見えている部分だけで10m程度。石灰岩の岩壁を穿って流れる。なかなかの滝だな~。

右:岩場を絡めて巻き滝頭へ。上部の屈曲部と合わせて22m。のっけからこんな滝が出てきて,期待が高まる。

PB060011d.jpg       PB060012d.jpg
左:5m滝。
右:平流は癒しの区間。

PB060015d.jpg       PB060017d.jpg
左:岩壁が迫ってくる場所が意外に多い。
右:時にはこんなに迫っている場所も。

PB060020d.jpg       PB060021d.jpg
左:そして平流が急激に収束し,ゴルジュに吸い込まれていくと,そこには6m滝と渕が通せんぼ。素晴らしい造形。

右:おとなしく巻きに入り,途中からゴルジュ内の15m滝を眺める。この上流には4m滝,5m滝と続いてゴルジュ終了。いや~いいものを見れた。

PB060024d.jpg       PB060029d.jpg
左:ゴルジュの後は,再び平流になる。
右:そして植林帯になると詰めは近い。

PB060032d.jpg       PB060034d.jpg
左:尾根筋からは海が豊後水道が見える。素晴らしい。
右:そして大分100名山の一つ,椿山山頂へ。

PB060036d.jpg       PB060038d.jpg
左:尾根筋は照葉樹の里山の森。
右:登山口からは林道を走る。

PB060042d.jpg       PB060043d.jpg
左:銀杏の黄葉・・・秋が深まり,11月になったことを感じさせてくれる。
右:車道に降りてからは山を回り込んで入渓地へ帰る約15kmのジョグ。

という感じで今日も無事下山に感謝。

熊ノ戸川は短いながらも,熊の戸の滝とゴルジュを持つ,なかなかの谷でした。また,詰めの椿山山頂付近から海が見れるのも,味わい深いものでした。この界隈の沢は険しくて面白そうなので,今後の遡行候補入りです。

★次回も沢になります。場所は,霧島の霧島川右俣をお送りします。沢も楽しみですが,下山後の新燃荘での入浴は,それ以上の楽しみだったりします。
       
スポンサーサイト




沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<霧島川・右俣 in 天降(あもり)川 〔 鹿児島県霧島 〕 | HOME | 芹川 in 大分県佐伯市蒲江>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |