FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

霧島半周ラン・65km

さて今回は,霧島連山の周囲をめぐる65kmランです。

いよいよあと1か月に迫った屋久島エコマラニック100kmの練習になります。コースは,新燃荘~日添林道~栗野岳温泉~霧島演習場~上門前~千歳~えびの高原~新燃荘という山岳ロードです。屋久島…では,40km地点の永田の後に難関の西部林道越が控えているので,それに合わせ今回も,42km以降に17kmの上りを入れてみました。

天気は快晴の予報,期待が高まります。

ではどうぞ。

PC050002d.jpg       PC050005d.jpg
左:スタートすぐの三差路。右を取り上っていく。

右:4kmちょっと上り,最後の坂のガードレールが切れるところから左の森に入り,日添林道へ下っていく。

PC050007d.jpg       PC050010d.jpg
左:15分ほどで林道へ。
右:林道を下っていくと道脇から温泉が湧いている。さすがは霧島。

PC050015d.jpg       PC050018d.jpg
左:林道を下り,広域農道を走ると栗野岳レクリエーション村。珍しいものがあったので一枚。

右:山腹を走る道は眺めが最高。黄葉の残りと雲海。

PC050020d.jpg       PC050023d.jpg
左:そして栗野岳温泉。16km地点。ここも名湯なので,近いうちに湯治にこよう。
右:道脇には秋の名残がちらほら。

PC050024d.jpg       PC050026d.jpg
左:朝の林道は快適に走れる。
右:そして演習場に入る。

PC050031d.jpg       PC050032d.jpg
左:飯盛山をすぎると,甑岳(左)が視界に入ってくる。

右:演習場は訓練がない時には開放されてる。道幅は広いしよく整備されているので走るのにはもってこい。眺めも最高。

PC050037d.jpg       PC050038d.jpg
左:そして上門前。32km地点。
右:登坂では黄葉で息抜き。

PC050040d.jpg       PC050043d.jpg
左:そして千歳からえびの高原へ向けて長い上りにとりかかる。42km地点。高原まで17km,標高差700m。韓国岳(左)と甑岳(右)。あの中央部を越えていきます。

右:登りでは道脇に距離を表す標識が500m間隔で立っている。気が遠くなりそうだが,一歩一歩,たとえ遅くとも足を出し続けていけば必ず到達できることを知っているので,忍耐で上る。

そしてここでハプニング。ささやかな希望である,えびの高原での飲料補給のために小銭を小袋に入れて用意していたのですが,どこかで落としたらしい。まあ,拾った人に役に立つのであればそれもいいか・・・と気を取り直す。

PC050045d.jpg       PC050051d.jpg
左:黄葉の名残り。走って歩いての繰り返しは単調なだけに刺激がほしくなる。

右:石坂川の名所である七折の滝。

PC050052d.jpg       PC050053d.jpg
左:甑岳が視線の高さに近づいてきた。
右:あと6km。走り続けることこそが,人間の強み。

PC050055d.jpg       PC050058d.jpg
左:10km地点。もう少し。
右:そして感動的な景色。登坂の終わり。やった~。

PC050064d.jpg       PC050065d.jpg
左:不動池と甑岳(左)は,坂を上り切ったご褒美。
右:今日は快晴の予報だったが,午後からは完全な曇りで,滅多に日が射さなかった。

PC050067d.jpg       PC050068d.jpg
左:韓国岳(右)を眺める。
右:そして三叉路。59km地点。あとは左折して下り基調のロードを走るのみ。

PC050070d.jpg       PC050071d.jpg
左:下りは脚がよく動き,前回の阿蘇の時より強くなっているのを実感。
右:そしてこの三叉路を左にとればゴール。

この後はもちろん新燃荘での入浴。休業中の阿蘇の清風荘と同じで,ここの泉質は,本当に効きます。そしてここで着替えていると,短パンと下着の間のちょうどよい場所に,小銭を入れた小袋が留まっており,驚きの発見。2つもあれば上手に固定されるんだな~と。さすがは遠山の,もとい,霧島の金さん。←状況がわかって頂けたでしょうか?

という感じで今日も無事に終了。距離65.0km/累積高度1,467m/8時間41分のランでした。2週間前に阿蘇を走った時より,脚が強くなっているのを実感できました。でもまだ100kmの脚ではないので,さらに練習を重ねて本番では,最後まで自分の意思でレース展開ができるようにしたいと思っています。

★次回は,山口県萩市でのハーフマラソンをお送りします。このレースは初めて走るので,レース,温泉,萩焼・・・と色々と楽しめたらと思っています。
スポンサーサイト




ロードラン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第17回 維新の里 萩城下町マラソン | HOME | 倉木山西谷(仮称) in 十角川 〔大分県竹田市〕>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |