FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

東京観光 DAY ❸

さて,前日の続きです。

シャンシャン観覧と寛永寺をお送りします。

ではどうぞ。

P3300002f.jpg       P3300004f.jpg
左:今日も晴れ。ありがたい。

右:一昨日に来た時にはなかった散花。ちょうどサクラの満開の時にあたったようで,これまた良かったと思う。

P3300006f.jpg       P3300012f.jpg
左:今日も朝いち,8:10に並ぶ。この時間帯に並ぶと9:35~の枠で観覧できました。

右:枝ぶりと新緑が見事だったケヤキの木。根元から扇状に枝を広げる樹形が整っていること,樹端からの集水効果が高いこと,広い木陰ができやすいことなどから,よく街路樹などで見かけます。この木は紅葉も見事なので,秋はさぞかし見ものでしょう。

P3300029f.jpg       P3300030f.jpg
左:通常は9:30開園ですが,今日はなぜだか9:00から列が動き出し入園。おそらく今日から開催される「うえの桜フェスタ」のせいでしょう。今日の方が昨日より集まる人が明らかに多い。

右:入園して20mのところで観覧チケットを受け取る。今日もダッシュ者続出。

P3300031f.jpg       P3300033f.jpg
左:後ろ向きで竹をほおばるリーリー父さん。昨日も同じ格好してたな~。
右:いい感じの新緑。

P3300043f.jpg       P3300058f.jpg
左:ぬおっ,木の陰にシャンシャン発見!!
右:何か一人ででんぐり返しして遊んでいる・・・可愛すぎる。

P3300063f.jpg       P3300088f.jpg
左:シンシン母さん。観覧客用オヤジ座りで,右手に竹をしっかりと握り,左手でモグモグ。何とも愛おしい格好です。

右:シャンシャン動き出す!

P3300089f.jpg       P3300091f.jpg
左:角のところでブラブラ遊び。
右:母子ショット。

P3300095f.jpg       P3300097f.jpg
左:辺りに散乱している竹がすべてを物語っているな~。
右:シャンシャンは遊びに余念がない。

P3300105f.jpg       P3300111f.jpg
左:おっ,今度は木に登りだした!
右:でも,すぐに降りてきた。ちょっとしたパフォーマンスにも,辺りから「お~」と歓声が上がる。

P3300118f.jpg       P3300127f.jpg
左:今度は,
右:台から降りて,

P3300132f.jpg       P3300145f.jpg
左:よちよち移動。う~ん,ただ歩いているだけなのに,たまらない愛くるしさに満ちている。誰だ,こんな動物を生み出したのは!

右:しばし,お母さんのそばでウロウロ。

P3300166f.jpg       P3300167f.jpg
左:お母さんと絡んでほしかったが,シャンシャンは何かに夢中な様子でした。

右:そしてあっという間に観覧時間終了。短い時間でしたが,昨日よりも多彩な面が見れて満足。今の時期に見ることができて本当に良かったと思います。

P3300169f.jpg       P3300171f.jpg
左:一昨日と比べて,葉桜化が進んでいる。

右:今日も動物園内は大賑わい。特にお土産屋さんのパンダ関連グッズは,よく売れていました。無邪気な可愛さは,ダイソンの掃除機以上にお金を吸い寄せるのです。

P3300176f.jpg       P3300178f.jpg
左:入れ替わり時期の,バランスの良いサクラ。
右:寛永寺へ向かう。

P3300183f.jpg       P3300191f.jpg
左:道を尋ねながら到着。上野公園の喧騒が嘘のように静かな寛永寺。いや~,あの喧騒に揉まれた後に,こういう場所を訪れると,本当にホッと一息つけます。

右:この桜は特に美しかった。

 ここ寛永寺は,前日の増上寺と並び徳川家の霊廟がある寺で,5代綱吉,8代吉宗,13代家定などが眠る場所です。元々は,今の上野公園一帯はすべて寛永寺の境内だったようで,往時の広さが伺い知れます。幕末,彰義隊の上野戦争で辺りは灰燼と化し,その後に土地の区画整理が行われました。噴水広場辺りに広小路という地名がありますが,あの辺りは当時の表参道だったようです。

P3300197f.jpg       P3300200f.jpg
左:再び上野公園。
右:夜とは雰囲気が違う。

P3300201f.jpg       P3300204f.jpg
左:そして帰途。今回,初めてJETSTARを使ってみましたが,成田と都心往復,空港内での歩きの長さ,預け荷物の制限,時間的制約などを考えると,ANA羽田利用でも良かったと思います。

右:そして日頃は滅多に鳴くことのないメイちゃんのお出迎え。大きな声でしきりにニャオニャオ呼んでいます。「メイたん,そんな声出せるんだニャ」。留守番で寂しい思いをさせたので,おやつとかくれんぼでたっぷり遊びます。

という感じでした。

シャンシャン,予想以上のその可愛さにやられてしまいました。理屈抜きにかわいい。今度,写真集などが出るそうなので,速攻で注文です!「九州の山奥のどっかに,パンダいないかな~」と,この記事を書きながら,ありえない妄想しております。もしパンダを見つけたら,ブログ名は「九州のパンダ」に改名です。

★次回はレース前のトレーニングで,九重の大船山を走ってきます。麓から山頂まで一気に走り登るバーティカルランというやつです。
スポンサーサイト




日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<大船山バーティカルラン | HOME | 東京観光 DAY ❷>>

この記事のコメント

 シャンシャン、確かにかわいいですねえ!
僕は子供の頃にカンカンとランランを見ただけなのですが、なんか薄汚れたものぐさ熊みたいで、そんなにかわいく思えませんでした。でも、赤ちゃんパンダは、ぬいぐるみの様ですね。
 寛永寺は、実は我が家の菩提寺でして、法事の度に訪れる場所です。上野公園の精養軒で結婚披露宴をしたこともあり、今回の記事はいろいろ懐かしかったです。
 それにしても、土地勘のない東京市街まで、走って見て回るとはさすがインヤンさんです。
2018-04-02 Mon 22:51 | URL | 屋久島遡行人 #-[ 編集]
シャンシャン可愛いですよね?遡行人さんのお墨付きをもらい,一安心です(笑)。

寛永寺は菩提寺だったんですね。そうとは知らず,歴史的興味から行ってしまいました。

東京マラソンの時に,遡行人さんから色々と教えてもらう中で,地理的なイメージができたので,今回は余裕をもって走れました。在住者の助言程ありがたいものはなかったです。ありがとうございました。

そろそろ沢開きもしますので,GWもぜひ,よろしくお願いします。
2018-04-03 Tue 07:45 | URL | インヤン #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |