FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

石並川上流・右俣 in 宮崎県東郷町

さて今回は石並川をお送りします。

ここ石並川の中流域(新毛谷橋~美松橋)は泳ぎの沢として有名ですが,その前後は遡行されることがまずありませんので,上流域を詰めて神陰(かみかげ)山まで遡行してきました。

上流二俣490m地点からの左俣は2006年に遡行しており,15m,10m,15m,15m,40m,13m,70m,20m滝と息つく暇もなく滝が連続し,林道まで詰め上がりました。あれからもう13年とは月日が過ぎるのは早いものです。

ではどうぞ。

P4150001g.jpg     P4150005g.jpg
左:まずはここから。すっかり様変わりした美松橋の広場から。

右:整備された林道は千軒谷との出合を越え,さらに奥まで伸びていました。これには時の流れを痛感。

P4150009g.jpg     P4150010g.jpg
左:林道終点から入渓。今日もよろしくお願いします。
右:ほどなく左手から20m滝が出合う。

P4150012g.jpg     P4150017g.jpg
左:以前より抉られている直線区間。
右:そして小1時間ほどで490m二俣へ。今日はここから右俣へ入ります。

P4150018g.jpg     P4150022g.jpg
左:のっけから側壁が立ち,ぞくぞくする感触。
右:出た,20m直瀑(奥)と6m滝(手前)。

P4150023g.jpg     P4150026g.jpg
左:これは立派な直瀑です。
右:滝を巻いた上にはさらに8m斜滝。

P4150030g.jpg     P4150031g.jpg
左:さらに15m斜滝も。こっちもなかなか面白い。
右:沢はやっぱり晴れの日に限る。

P4150036g.jpg     P4150039g.jpg
左:いったん落ち着いた後,再び何やら滝の気配が。
右:お次はこれ,30m二段滝。これも素晴らしいですね。

P4150044g.jpg     P4150045g.jpg
左:巻いた先は幅2mのゴルジュになっており,奥に6m滝が懸かる。

右:実に尾鈴らしい小滝と釜。水量が多い山域なので,上部でもこのような釜が発達しています。

P4150051g.jpg     P4150052g.jpg
左:ミツバツツジと新緑が青空によく映える。
右:6m滝。逆光だったので陰影が付きいい被写体になっている。

P4150056g.jpg     P4150062g.jpg
左:最後の急登をこなすと,
右:初ピークの神陰山。しばし休憩ののち,下山開始。

P4150065g.jpg     P4150067g.jpg
左:テープ類は少なくて古びている。
右:ひと下りで神陰林道へ。

P4150069g.jpg     P4150076g.jpg
左:荒れ放題の林道を下り,
右:九州自然歩道へ入る。

P4150078g.jpg     P4150082g.jpg
左:矢研川と千軒谷との分水嶺の峠までは緩やかな登り。
右:峠を越えるとすぐそばまで作業道が伸びていた。

P4150083g.jpg     P4150088g.jpg
左:このように昔日の面影を残す道もありますが,最近伐採された杉の倒木があちこちで道を塞ぎ,沢のそばを下る道は消失していたり,とこの自然歩道は初見では歩かない方がいいと感じました。以前より荒れがひどくなっています。テープ類は全くないので自然歩道の道型やどこについているかがわからなければどうしようもありません。

右:これは下り終え,石並川と並走する自然歩道。ここだけ見れば歩きやすそうですが・・・。

という感じでした。今日も快晴の下,また新たな渓の開拓を堪能できました。

尾鈴山系は遠いのでなかなか出向く機会がなかったんですが,東九州自動車道を使えば以前より1時間ほど速く行けるので,今後もまだ足を踏み入れていない沢の開拓をしていくつもりです。

★次回も沢になります。
スポンサーサイト




沢(九州) | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<九重・黒岳周遊ラン | HOME | 2019 第32回べっぷ鶴見岳一気登山>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019-04-18 Thu 19:28 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |