FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

地蔵岳南東谷・支流

さて今回は『地蔵岳南東谷・支流』をお送りします。

本来なら,大野原谷の予定でしたが夕方から天気が崩れるとの予報でしたので,短めの沢に切り替えその分,水晶採集に充てようという計画です。

ではどうぞ。

P5270002g.jpg     P5270004g.jpg
左:アプローチの林道でニシキウツギ(二色空木)発見。色が白から紅に変わることからの命名です。この花を見かけるようになるのは梅雨が来る前。

右:左岸支流はおだやかな渓相で始まる。

P5270007g.jpg     P5270010g.jpg
左:小滝と新緑の森。
右:いい感じの渓畔林。

P5270011g.jpg     P5270016g.jpg
左:テン場にうってつけの森。
右:支流はあっという間に消え,急登が始まる。

P5270020g.jpg     P5270023g.jpg
左:尾根上の奇岩。花崗岩地帯ならではです。
右:この辺りからは水晶探しがメインとなります。

P5270031g.jpg     P5270035g.jpg
左:前回見つけたガマをさらに掘り込むと,まだまだ色々と埋まっていた。最初は直径50cm位だったが掘り込むうちに次第に拡張され,とうとう中に入れるまでに広がる。こんなガマに出会えたことに感謝しかありません。まだまだ底は掘れるので,あと数回は楽しめそうです。

右:雨が本降りになる前に下山開始。採集した水晶でザックの重さは20kgほどにもなり走れないので,ゆっくり下山。

P5270037g.jpg     P5270038g.jpg
左:今日の収穫。全部で15kgほどです。

右:良さげなものだけを並べてみる。前回と比べ大きさ的には小ぶりなものが多かったが,個性的なものが揃っていた。

という感じでした。今日も無事に下山でき感謝です。

予報通り15:00くらいから小雨が降り出し,ちょどよい下山となりました。しかし鹿川の可能性は凄い!岩登り,沢登り,一般登山,鉱物採集と様々遊びを提供してくれます。今後もこの界隈の開拓にいそしみたいと思った一日でした。

★次回は沢をお送りします。遡行先は『楮木谷』になります。
スポンサーサイト

沢(九州) | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<渋利川 in 球磨川 〔熊本県坂本村〕 | HOME | 2019 九重連山ラン(UTKR)DAY❷>>

この記事のコメント

ご無沙汰です、頑張ってますね〜
そこは10キロくらいの水晶もでるから驚きですよね!
2019-06-01 Sat 19:38 | URL | オシガハエで会った者です! #-[ 編集]
そんなに大きな水晶も出るんですね。驚きですが,納得できる面もあります。ここにはそれくらいの可能性がありますよね。
2019-06-02 Sun 08:48 | URL | インヤン #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |