FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

西山川・左岸支流 in 大分県佐伯市宇目

さて今回は 『西山川・左岸支流』 をお送りします。

西山川と言えば,傾山に突き上げるベニガラ谷が有名ですが,ここはその下流にある支流になります。まるで秋のような空気と快晴の下,遡行してきました。

ではどうぞ。

P6240005g.jpg     P6240007g.jpg
左:出だしからこれ。2m滝と美しい大釜。期待が高まる。
右:そして平流区間へ。いい感じです。

P6240010g.jpg     P6240016g.jpg
左:光が射しこみ渓が輝いている。
右:う~ん,素晴らしい渓相。

P6240021g.jpg     P6240024g.jpg
左:ここは白神山地の追良瀬川を想起させてくれます。
右:これも。実に美しい沢の流れ。

P6240029g.jpg     P6240031g.jpg
左:木々は日を追うごとに上へ伸びていき,緑が濃くなっている。
右:4m滝。こんな滝は平流のアクセントになります。

P6240033g.jpg     P6240034g.jpg
左:すぐに3m滝とゴルジュ。

右:ゴルジュには7mCS滝が懸かる。平流がいきなりゴルジュに豹変するのが魅力的。

P6240042g.jpg     P6240051g.jpg
左:7mCS滝の落口から。チャートの岩脈を抉っているので,こんな地形になっている。

右:4m斜滝と美釜。

P6240053g.jpg     P6240058g.jpg
左:再び平流。

右:そして上部で唐突に出現する直瀑。ここは右側にも滝があり,二俣になっています。

P6240061g.jpg     P6240065g.jpg
左:垂直のチャート壁を二段になって落ちる滝は,35m直瀑でした。
右:滝の落口の虚空。

P6240068g.jpg     P6240071g.jpg
左:水が涸れた谷をせっせと詰めると作業道へ飛び出す。遡行終了。ここからは読図で尾根向こうの悪所内(あくしょうち)集落を目指します。

右:尾根に上がり込み,悪所内方面を見下ろす。地図を読みながら山を下りるのも面白い遊びです。

因みに悪所内という聞きなれない地名ですが,この辺りは神代の時代,神武天皇が現在の日之影川に沿って北東へ向かいこの地を経由して大分県東部に向かい,そして本州方面へ向かわれた際の東征の道筋になっていたようです。なので神話にちなむ地名が残っており,例えば,傾山のことを四皇子峰(神武天皇がその4人の皇子たちとともに登山したことから),御泊(旧名・お泊。宿泊された場所),払鳥屋(旧名・祓度舎。祓いの儀式を行った場所),悪所内(旧名・悪所内。汚物を祓った場所)という具合で表記を変えつつも現代に地名が残されています。神話など所詮は絵空事ととらえる向きもあるでしょうが,その絵空事にちなんだ言葉が現代も公式に使われ続けていることを知るにつれ,一笑に付すことはできないものを感じてしまいます。

P6240084g.jpg     P6240086g.jpg
左:道端のツツジ。

右:そして締めは丸福。竹田と言えば・・・の丸福です。ここは鶏肉料理が有名で唐揚げやとり天が美味。素材が良いので調味料でごまかさずともガツガツいけます。

という感じでした。今日も無事に下山,梅雨入り前の快晴の下でたっぷりと良い時間を過ごせたことに感謝感謝です。

今日の沢は,たおやかな平流と中部の7mCS滝や上部の35m直瀑が強く印象に残る谷でした。しかし地図には載っていない作業道があちこちにあり,荒れた区間もありました。まあ,これだけ緩い谷に人手が入っていないほうが珍しいんですが・・・。

★いよいよ梅雨入りしそうなので予定は未定です。雨ならお盆の赤石沢に備えたボッカか,鉱物採集を考えています。
スポンサーサイト




沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<長淵川・右俣左沢 in 西山川 〔大分県佐伯市宇目〕 | HOME | 市房山縦走>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |