FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

長淵川・右俣左沢 in 西山川 〔大分県佐伯市宇目〕

さて今回は 『長淵川・右俣左沢』 をお送りします。

先週遡行した西山川・左岸支流の下流に長淵川というのがあり,そこの支流になります。この辺り一帯は北東~南西方向でチャートが貫入しており,それが岩壁となって目を引く地域です。チャートは浸食には強いので,必ず滝があるだろうと見越しての開拓です。

ではどうぞ。

P6300001g.jpg     P6300003g.jpg
左:行きがけに大理石の谷を覗いてみる。この谷は石灰岩が火山の熱で大理石に変成しており真っ白。こんな谷は九州ではここだけでしょう。

右:今回は上から入渓地点まで下って登り返すコース取り。

P6300005g.jpg     P6300007g.jpg
左:歩きやすい尾根や,
右:沢を下っていく。

P6300009g.jpg     P6300011g.jpg
左:下部で作業道に降り立ち下流へ下る。
右:そしてここが入渓地の二俣。ここから遡行の始まりです。

P6300013g.jpg     P6300014g.jpg
左:梅雨時は,普段なら水量の少ない沢を登ってみるのも面白い。

右:衝立のような岩壁が見えてくると,まずこれの登場。20m斜滝。水線沿いにクライム。

P6300017g.jpg     P6300018g.jpg
左:登り切った先には素晴らしい光景が!

右:4m滝を越えると,すだれ状の流れが美しい30m滝(上部5mは下から不可視)。やっぱりありましたね,それもこんなに美しい滝が。

P6300023g.jpg     P6300028g.jpg
左:左岸は岩壁がそのまま岩尾根となっており迫力満点。小沢の割には造りが壮大で峻険。

右:左巻きで滝頭へ。前述の滝の上には2m,7m滝と連続し,ゴルジュを形成している。実にいいものを見させてもらいました。

P6300033g.jpg     P6300036g.jpg
左:滝上部は一変して平流に。
右:リラックスしながら遡行する。

P6300037g.jpg     P6300042g.jpg 
左:雨に濡れる森は晴れ日と違って艶やかです。

右:植林帯になると車道は間もなく。車道に出てからは1.5kmほど走れば帰着。短時間ながら印象的な沢との出会いに感謝です。

P6300043g.jpg     P6300048g.jpg
左:帰途は中生代・後期白亜紀(チューロニアン/9390~8980万年前)の地層にて化石採集。頁岩を割ると出てきました。これはイノセラムス(二枚貝の一種。恐竜とともに絶滅)。中生代の示準化石の一つです。1億年の時空を超えた出会いができるのが採集の醍醐味。

右:これはなんだろう?ウミユリの節足の一部かな?

P6300049g.jpg     P6300052g.jpg
左:いい状態で出てきたイノセラムス。

右:双子のやつ。2時間程でしたが,ハンマーで割る→欠片を調べる,の繰り返しでしたが,イノセラムスを結構見つけることができました。また直径2cmほどのアンモナイトも見つけました。ここはまだまだ採集できそうなので,楽しみの一つに追加です。

という感じでした。

梅雨時の沢と化石採集,さらに知見を拡げることができよい時間を過ごすことができました。これだけ山に入っていてもまだまだ知らないことばかりだな~と思わせられた一日でもありました。「少年老い易く学成り難し」,沢を含めた地球学は深遠です。

★次回も沢をお送りします。
スポンサーサイト




沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<小又川支流・江平谷(仮) in 小又川 〔大分県佐伯市〕 | HOME | 西山川・左岸支流 in 大分県佐伯市宇目>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |