FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

八幡平トレラン・観光

さて今回は八幡平のトレランと観光をお送りします。

2日振りの晴天ですので一日中動き回れればと思います。

ではどうぞ。

PA100655g.jpg     PA100657g.jpg
左:岩手山と夜明け。

右:昨日はガスで何にも見えなかった登山道入り口。奥の山が畚(もっこ)岳です。まずはここからの往復トレランからです。

PA100664g.jpg     PA100665g.jpg
左:昨日の畚岳山頂。

右:そして今日の山頂。昨日はわかりませんでしたが,確かに八幡平をぐるりと見渡せる展望地です。

PA100667g.jpg     PA100673g.jpg  
左:岩手山の横から昇陽を眺める。
右:大深沢の切れ込みと秋田駒ヶ岳(中央)。

PA100696g.jpg     PA100706g.jpg
左:次はここから八幡平の頂上周辺を走ります。
右:ドラゴンアイで有名な鏡沼。

PA100708g.jpg     PA100715g.jpg
左:対照的なオオシラビソ。

右:石畳の歩道を進むとあっと言う間に八幡平頂上。ここにもやっと来ることができました。

PA100723g.jpg     PA100724g.jpg
左:山頂を後にする頃には太陽もすっかり昇ってきた。
右:そしてガマ沼。運よく陽光が虹色になりました。

PA100725g.jpg     PA100738g.jpg
左:展望台から見下ろす八幡沼。今度はこの周囲を時計回りで走ります。
右:湿原の中の木道。いや~実に爽快で快適な朝ジョグです。

PA100742g.jpg     PA100743g.jpg
左:木道の一部は御覧の凍結していました。
右:対岸から凌雲荘(山小屋)を眺める。

PA100746g.jpg     PA100751g.jpg
左:見返り峠から畚岳(右手のコブ)から大深岳への尾根筋を眺める。

右:帰途,大深谷展望台からの眺め。昨日とは打って変わって素晴らしい眺め。中央に切れ込んでいるのが遡行した大深谷になります。こうやって見ても奥深い谷であることがわかります。

PA100755g.jpg     PA100765g.jpg
左:蒸ノ湯に戻り,
右:朝風呂に向かいます。

PA100773g.jpg     PA100777g.jpg
左:そして入浴。何という贅沢。
右:今日は雲一つない晴天で何も言うことはありません。

PA100782g.jpg     PA100784g.jpg
左:やっぱり晴れるとそれだけで幸せな気持ちになります。

右:アスピーテラインから蒸ノ湯を見下ろす。蒸ノ湯は八幡平最古の湯で,泉質の良さはもちろんのこと,その食事も最高のものでした。阿部さんという女将さんはかなりの料理人のようで,一皿一皿にこだわりがあり,また旬な食材を使っているのでどれも美味。秋田が全国に誇る名湯です。

PA100786g.jpg     PA100788g.jpg
左:横手市に移動し,有名なメロンパンを購入。普通のメロンパンとは違い,柔らかくてケーキみたいなお味でした。

右:お次は湯沢市にて本場の稲庭うどん。細麺ですがツルツルののど越しとこしのかたさ。さすがのお味でした。

PA100792g.jpg     PA100796g.jpg
左:そしてお次は,川原毛大湯滝。
右:ここにもようやく来ることができました。

PA100799g.jpg     PA100802g.jpg
左:温泉沢を渡り,
右:ブナの森を快適に歩いていきます。

PA100811g.jpg     PA100814g.jpg
左:そして10分ほどで到着。これが温泉通の間で高名な川原毛大湯滝。15mほどの滝から落ちるのは酸性のお湯というものです。

右:滝壺は丁度良い深さで流れもあるのでジャグジーみたいな感覚で天然の酸性泉に入れます。

PA100817g.jpg     PA100822g.jpg
左:何枚も写真を撮りしっかりと目に焼き付けておきます。

右:滝の横顔。これも秋田が全国にほこる野湯の一つでしょう。ふと霧島の石坂川を思い出しました。

PA100832g.jpg     PA100834g.jpg
左:ああ,やっぱり馬刺しを食べるんだ。これまで馬刺しは熊本と長野しか知りませんでしたが,秋田もなんですね。勉強になります。

右:今宵は大釜温泉に投宿。乳頭温泉の一角にある温泉で,小学校の建材を利用して建てられています。

という感じでした。何か慌ただしい一日でしたが,行きたかった所を全て回れて満足です。最終日の明日も夜明け前から動いていく予定です。

★次は田沢湖ハーフジョグと秘湯巡りになります。
スポンサーサイト




沢(本州) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<田沢湖ハーフ・観光 | HOME | 2019 大深沢❸ 下山 〔 八瀬森山荘~大深山荘~見返峠 〕>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |