FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

第5回 西米良スカイトレイル

さて今回は 『第5回 西米良スカイトレイル』 の模様をお送りします。

気温も低くコンディションは上々。さてどうなることやら。

ではどうぞ。

PA270001g.jpg     PA270007g.jpg
左:今回は時間的に余裕がある到着。まずは受付から。そして8:00にスタート!
右:出だしの急坂をこなすと神社を通り,ここから山道へ。

PA270011g.jpg     PA270012g.jpg
左:山道が終わると少しロード。この竹林区間はいつきても美しい。
右:蛇行するロードと近道トレイルをつないで下っていくと竹原(たけわら)集落。

PA270014g.jpg     PA270016g.jpg
左:竹原集落を抜けると一致橋で一ツ瀬川を右岸に渡り,市房山の南尾根に取り付く。その途中から市房山を遠望する。また来ました,今日もよろしくお願いします。

右:そして鉄塔のコルから尾根道へ。ここでのタイムは予定より6分遅れ。トレイル区間で挽回していこう。

PA270020g.jpg     PA270022g.jpg
左:多くの植林帯と僅かに残るきれいな森を走り繋いでいく。

右:左側が伐採されている区間を抜けると,尾根筋に作業道がついている区間に入る。目指す市房山が間近に。

PA270023g.jpg     PA270026g.jpg
左:電波塔のあるピーク手前にある森。いつきてもいい森だと感じます。
右:そして舗装された林道からは作業道を走り,市房山へ取り付いていく。

小屋でのタイムは予定より15分遅れ。どうもうまくいかないな。これまでに3回も躓いているし,そのうち1回は頭から激しく転倒するし・・・転倒なんてここ10年くらい全くなかったのに,どうしたんだろう。

PA270028g.jpg     PA270030g.jpg
左:アセビ帯を登る。
右:途中の展望所から来し方を振り返る。

PA270032g.jpg     PA270034g.jpg
左:そして1週間ぶりの市房山頂。タイムは予定より18分遅れ。これは脚筋力も目標に対し不足しているなと感じ,後半に追い込んでもおそらく今日の状態だと躓くこと必至だし,ケガや疲労が溜まったら2週間後のレースに影響が出かねないので,今回はここまで,と決める。

右:下山はのんびりと。いつもはほとんど人に会うことのない市房にこんなに多くの人がいることを嬉しく感じる。

PA270035g.jpg     PA270037g.jpg
左:やっぱり秋はリンドウですね。いい色合いでした。
右:今回も作小屋泊。今日は勝利の美酒ではなく,反省の酒となりました。

という感じでした。

結果,6時間切をするには実力が足りませんでした。考えが甘かったですね。今一度,現状のトレーニングと走力の把握をおこない,次レースからに活かしていきたいと思います。昨年が自己ベスト連発でうまくいきすぎていた反面,今年はもがいていますが,これも成長のためには必要なことなのでしょう。

★次は沢で,『上の小屋谷・長谷』をお送りします。
スポンサーサイト




トレイルラン | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<栂谷・左俣 in 土呂久川 〔宮崎県高千穂町〕 | HOME | あと2日>>

この記事のコメント

お疲れ様でした
素晴らしい景色を
ありがとうございます
また市房に行きたくなりました
今度はULで(^ ^)
2週間後に向けてご養生下さい
お疲れ様でした。
2019-10-28 Mon 17:13 | URL | 福寿 #-[ 編集]
福寿さん,市房はやっぱり良かったです。何十回来ても飽きるということがなく,魅力的な山でした。

境谷をULで日帰りできれば,技術や体力的には九州外の沢にいっても十分通用すると思います。そういう意味でも境谷は全国の沢へ出るための登竜門ですね。
2019-10-28 Mon 21:26 | URL | インヤン #-[ 編集]
ご返信ありがとうございます
そうなんですね(^ ^)
前回が沢を最後間違い立石谷に入ってしまったので
是非、次回は源頭の二ツ岩を目にしたいです
楽しみです
ありがとうございます
これからも
楽しみに見せて頂きます。

2019-10-29 Tue 17:09 | URL | 福寿 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |