FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

2019 第29回 つなぎブロンズマラソン

さて今回は,『第29回つなぎブロンズマラソン』をお送りします・・・
が,デジカメ忘れで写真がないという失態をおかしましたので,文章のみでお送りします。

例年11月末の門司レトロマラソンから3月までがロードレース主体で,その間に10km,ハーフ,フルと走ってきました。今年はそれに5kmレースを加えるために急遽レースを探していたところ,この大会に出会い参加することに。

津奈木はほとんど馴染みのない土地だったので観光も兼ねて走ってきました。目標はキロ3”55で19”35辺りに設定。最初から飛ばしていく予定です。

10:15,B&G海洋センター体育館横からスタート。300m程走ってから左折して津奈木大橋の先までは登り。右折して下り茜橋を渡り左折。川沿いに上流へ。入りの1kmは3”46とインターバル並みのペース。今の自分からしたらペースは速いですがこのまま押し通すことに。川沿いを上流へ津奈木中学校が右手に見える辺りまで走り折り返し。来た道を戻ります。どうやら全体で10番手辺りを走っているよう。

復路の川沿いで3km,11”45。もう息も絶え絶えでとにかく「あと2km」と念じて走り続けます。曙橋を渡り右折して川沿いを海の方へ走ります。4km地点の給水所を過ぎると残り1km。心拍はとうに170を越えていますが最後まで粘るしかありません。海沿いから離れ運動場を回り込むように走り,最後は幅広の歩道でフィニッシュ!最後まで折れずに粘れました。

タイムは20分をちょっと切れた程度で目標には遠く及ばず。まだまだまだ高心拍領域でのスピード持続が課題です。順番はというと何と世代別で3位に入ることができました!

たまたまだとは思いますが,これには驚きました。学生時代からかけっこは後ろから数えた方が早く,何一つ良い思い出がなかった自分がまさか入賞できるとは夢にも思っていませんでした。まあ,一生に一度しかないでしょうから,今日はたっぷりと勝利の美酒に酔うことにしたいと思います。生まれて初めて立った表彰台から見えた風景を,一生忘れることはないでしょう。

★次は沢です。上の小屋谷支流の 『スゲ谷左俣』 をお送りします。
スポンサーサイト




ロードラン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<スゲ谷左俣 in 耳川 〔宮崎県椎葉村〕 | HOME | 栂谷・左俣 in 土呂久川 〔宮崎県高千穂町〕>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |