FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

スゲ谷左俣 in 耳川 〔宮崎県椎葉村〕

さて今回は 上の小屋谷の右岸支流であるスゲ谷の左俣をお送りします。

左俣は上の小屋谷から五勇山付近の石堂屋分岐点に詰め上げる沢で,上部の緩やかな屈曲部がずっと気になっていました。中俣は2002年に遡行していますので17年ぶりの再訪となります。今日も晩秋の渓を堪能できればと思います。

ではどうぞ。

PB110002g.jpg     PB110005g.jpg
左:上の小屋沢出合の広瀬橋。7年振りかな。
右:耳川沿いの紅葉。きれいですね。

PB110011g.jpg     PB110016g.jpg
左:まずは上ノ小屋林道を走る。足元には落ち葉の絨毯。この時期ならではです。

右:そしてスゲ谷出合。左から入ってくる谷です。今日もよろしくお願いします。

PB110020g.jpg     PB110029g.jpg
左:今朝がた寒冷前線の通過に伴い雨が降ったので渓はしっとりとぬれている。
右:ほどなく右俣が7m滝を懸けて出合う。

PB110032g.jpg     PB110041g.jpg
左:2m滝。

右:カツラの根元にあったマスタケ。これは食感が鳥のささ身そっくりでおいしいキノコです。

PB110044g.jpg     PB110048g.jpg
左:中俣(右)と左俣(左)の俣。ここから左に入ります。
右:力強く逞しい足元。長く生きるにはやはり足腰なんですね。

PB110052g.jpg     PB110055g.jpg
左:ちょっとしたゴルジュ帯を抜けると,
右:たおやかな渓相に。

PB110056g.jpg     PB110061g.jpg
左:チャートの岩壁にかかる10m斜滝。
右:そして上部の屈曲部にさしかかると・・・ありましたね,やっぱり。

PB110065g.jpg     PB110067g.jpg
左:う~ん,素晴らしい。水上越にも似た源流域。

右:ブナシメジ。店で買う栽培物とは異なるキノコの一つで,とても美味です。美味しいと思うのは人だけではないようで,このように適期を過ぎたブナシメジの中には何かの幼虫がたくさん潜んでモグモグキノコを食べています。

PB110076g.jpg     PB110080g.jpg
左:ここの源流域は素晴らしいの一言でした。
右:ひと登りで石堂屋分岐点。

PB110081g.jpg     PB110083g.jpg
左:今日はこれで遡行。ラグが浅く心配でしたが,なかなかグリップしてくれるので,今度は花崗岩で試してみたいと思います。遡行人さん,ありがとうございました。

右:帰りは石堂屋経由で。以前はヤブヤブの道でしたが,近年,整備されています。

PB110091g.jpg     PB110094g.jpg
左:アップダウンも少なく石堂屋。
右:下山尾根にある展望岩から霧立越を眺めます。

PB110098g.jpg     PB110106g.jpg
左:アカマツの巨木にも出会えました。

右:そして左上の道から車道へ降りてきました。1.5時間/5kmのトレランはここまで。ここからは4kmのロードです。

PB110109g.jpg     PB110112g.jpg
左:紅葉が見事ですね~。

右:いや~いい一日でした。沢にランにとセロトニンで出まくりだったと思います。今日に感謝です。

という感じでした。

今日は朝方,寒冷前線が通過したのでそこからの天候回復が遅れましたが,結果的に良い山行となりました。紅葉を愛でながらの沢とランは虫もおらず汗もあまりかかないので快適でした。

上の小屋谷にある支流枝沢は10本ですが,残りはスゲ谷右俣のみとなりました。機会見つけて遡行したいと思います。

★次も沢をお送りします。そろそろ沢納の時期ですが,もう少し遡行したいと思っています。
スポンサーサイト




沢(九州) | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<BLAコース調査 | HOME | 2019 第29回 つなぎブロンズマラソン>>

この記事のコメント

すっかり秋景色ですね。
靴がまずまず大丈夫だったようで一安心です。私もG.W.本番に使えることを願ってます。
2019-11-12 Tue 18:31 | URL | 屋久島遡行人 #-[ 編集]
晩秋の山は味わい深いですね。足元のカサカサと葉っぱの擦れる音が秋を感じさせてくれます。

靴は思ったよりもグリップが効いていました。あと2~3回地質の異なる場所で履いて試してみます。
2019-11-12 Tue 23:38 | URL | インヤン #-[ 編集]
石堂屋の登山道はちょうど1年前に整備に入りました。
このアカマツ覚えてます!
来月?ご一緒できるといいですが。。
2019-11-20 Wed 13:00 | URL | yo~ko #-[ 編集]
整備ありがとうございました。お陰で随分と楽に辿ることができました。

昔は高砂土からの激ヤブ道でしたが,新しい道は南に延びる尾根上についていました。尾根筋は二次林で昔の生活道のような感じで快適でした。
2019-11-21 Thu 00:36 | URL | インヤン #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |