FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

BLAコース調査

今回は悪天のため沢には行けなかったので,将来のコースの下見をお送りします。

BLAとは・・・Beyond-the-Limit Adventureの略で「限界を超える冒険」という意味合いで名付けました。九州の名だたる山塊を繋ぎながら走り抜けます。推定値で総距離230km,累積標高11,500m,所要時間6,360分(4日と10時間)の旅です。最速で2020年のGW,または2021年のGWに実施予定にしているので,今の内から入念な準備に入っています。

ではどうぞ。

PB240003g.jpg     PB240005g.jpg
左:九重で未踏コースである大船林道。今度コースを実際に走ってみよう。

右:湯布岳と鶴見岳が最後に越えるべき山々。町中のルートを調べ,温泉の入浴可能時間と自販機の位置をつぶさに調べていきます。ここまで来た時にいったいどれほどボロボロになっているのかを考えると・・・非常に興味がわいてきます。果たしてここまで来れるのだろうか?

PB240008g.jpg     PB240009g.jpg
左:疲れはわいた温泉郷で。豊礼の湯名物の青湯。シリカ成分のなせる色合いです。

右:これは今秋に訪れた岩手県の国見温泉。青湯に対して緑湯となっています。硫化水素イオンのなせる色合い。しかし,温泉道っていうのは実に奥が深いですね~。日本に生まれて心底良かったと思えます。

PB250013g.jpg     PB250016g.jpg
左:こんな曲がり角も逐一チェック。コースチェックの際には常に夜間走っていることを想定して地形の特徴を覚え込みます。

右:黒岩峠を越えると阿蘇入り。

PB250017g.jpg     PB250019g.jpg
左:予定では月廻り温泉で入浴と食事。ここは絶対に外せないので,時間内に到着できるようにコースプランを逆算して立てていかなければなりません。

右:銀杏の黄葉。秋もそろそろ終わりですね。

という感じでした。これでほとんどの区間の距離,累積標高,自販機の位置,コンビニの位置は確認できました。あとは装備チェックと本番を想定したトレーニングを重ねていきたいと思います。

BLAのコースはTJARの九州版みたいな位置づけで考えています。実際のTJARに出ることは仕事の都合上不可能に近いので,TJARのコースは個人山行として走ってみたいと考えています。

★次は天気が良ければ2019年度の沢納め,悪ければランをお送りします。
スポンサーサイト




トレイル&ロードラン | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<2019年度 沢納 宇土内谷・左俣 in 綱の瀬川 | HOME | スゲ谷左俣 in 耳川 〔宮崎県椎葉村〕>>

この記事のコメント

参考になりました!
2019-11-26 Tue 00:32 | URL | 梁川庸子 #GWMyNl/.[ 編集]
梁川さん,少しでも参考になれば幸いです。
2019-11-26 Tue 09:02 | URL | インヤン #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |