FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

2019年度 沢納 宇土内谷・左俣 in 綱の瀬川

今年も沢納の時期になりました。締めは3月の沢開と同じく大崩山系の沢です。

ではどうぞ。

PC090093g.jpg     PC090095g.jpg
左:戸川岳と日之影川にかかる雲海。今日は良い天気になりそう。
右:宇土内登山口からアクセス。まずは林道ランから。

PC090099g.jpg     PC090101g.jpg
左:三段滝は徐々に氷結が進んでいます。
右:ちょっとした水たまりには氷が張っている。

PC090103g.jpg     PC090105g.jpg
左:そしてここから左俣へ入渓。今日もよろしくお願いします。
右:まずはこの4m滝から。

PC090106g.jpg     PC090107g.jpg
左:8m斜滝。爽快感あり。
右:この時期は南面の沢がお勧めです。

PC090109g.jpg     PC090113g.jpg
左:しばらく花崗岩のナメが続き,
右:1,300m付近から地質が変化。四万十層の砂岩・泥岩となります。

PC090116g.jpg     PC090129g.jpg
左:テン場によい台地。
右:一気に登りここへ詰め上がる。

PC090134g.jpg     PC090135g.jpg
左:尾根越しに傾山と九重連山を眺める。BLAが楽しみになってきました。

右:ブナの木もすっかり落葉。里ではイチョウ,山ではブナが葉を落としきるといよいよ本格的な冬の到来です。

PC090138g.jpg     PC090140g.jpg
左:上ワク,中ワクを前景に木山内岳と桑原山を眺める。4月に走ったUTSKOが思い出される。来年はUTSKOの外周160kmを走る予定です。

右:七日廻岩。巨大な岩塔で目を引く存在です。

PC090148g.jpg     PC090155g.jpg
左:この時期はどこでも歩けるので気ままにふらつく。
右:そろそろ帰ろうかな。またね。

PC090166g.jpg     PC090169g.jpg
左:今日一番の収穫。大崩は鉱物も豊富です。煙水晶のクラスター。
右:これも今の時期ならでは。釣鐘山の右側に沈む太陽。

という感じで今年も無事に沢納できました。

今年も色んな沢で経験を積ませてもらい自然に感謝です。また来年も,まだ見ぬ沢へ足を運んで色々と気づかせてもらえればと思っています。これからはロードレースに向けた練習やトレランが中心となります。予定では1月に伊万里ハーフ,2月に別大マラソンと人吉ハーフ,そして3月の東京マラソンが本命です。

★次回はどこかを走ろうかと考えています。
スポンサーサイト




沢(九州) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2020 御来光登山 in 久住山 | HOME | BLAコース調査>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |