FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

登山道調査 in 日之影

さて今回は,鹿川周遊コースと日之影川周遊コースのコースの最終調査をお送りします。

まずは鹿川周遊コースで夜間走に備えたコース整備からお送りします。区間は釣鐘山~山師峠の間になります。
ではどうぞ。

P3230050h.jpg     P3230060h.jpg
左:今年完成予定の阿蘇大橋。徐々に橋脚ができつつある。

右:山師峠から尾根に入る。少し登ると左手に戸川岳を擁する本谷山南尾根が俯瞰できる。

P3230064h.jpg     P3230067h.jpg
左:釣鐘山と右手に烏帽子岳が見えた。ここからが下りの際にわかりづらいのでコース整備をしていく。

右:5時間程で整備終了。快適に辿れるようになりました。対岸の竹の畑山やだき山を眺める。

お次はひはろ越まで移動して丹助岳までの道を探ります。

P3230068h.jpg     P3230077h.jpg
左:ここから突入。

右:尾根筋まで出ると作業道あり。これを辿り再び斜面を登っていくと,丹助岳一周コースに出る。何かあっけなく道が繋がり嬉しいやら悲しいやら。

P3230085h.jpg     P3230087h.jpg
左:天狗岩から来るとこの下りが待っています。高さ10m,5,3のクライミングです。クライマーの端くれとしては固定ロープなんかは使いません。

右:そして丹助岳山頂。18年振り。頂上からは360度の大パノラマ。

P3230091h.jpg     P3230095h.jpg
左:まずはこれ。本谷山南尾根の全容。左下の川沿いの日之影橋から右端の本谷山まで距離約20km,累積標高約3,900m,5,3のクライミングを要求される九州屈指(私の中ではNo.1)の尾根になります。登山道は全体の2%ほどしかなく,コース上にはテープ類の全くない自然性の高い所を辿ることになります。

右:彩を添えるミツバツツジ。今年もこの花を見る季節を迎えることができ嬉しく思います。

P3230098h.jpg     P3230101h.jpg
左:お次はこれ。鹿川周遊コース。中央下の中川橋起点で,竹の畑山方面へ反時計回りに走り,最後は中川集落の近くの尾根経由で降りてくるコースになります。早く走りたくてうずうずしています。

右:艶やかなミツバツツジ。この花は水はけがよい場所であれば日陰・日向かまわずに咲いています。また耐寒性に優れー20℃くらいなら大丈夫です。花言葉は「自制心」,「節制」など。日本人の感性に寄り添うような花の一つだと思います。

P3230105h.jpg     P3230106h.jpg
左:山頂からは立派な道を走り,
右:15分程で広場へ。ここからはロードになるので靴を履き替えます。

P3230122h.jpg     P3230128h.jpg
左:山腹の作業道を繋いで下って来ました。左端には青雲峡が見えています。
右:見事なサクラ。

P3230132h.jpg     P3230137h.jpg
左:そしてここに降りてきます。ひはろ越から9,6km。これで日之影川周遊コースの調査が終わりました。あとは天気のいい時に一気に走る予定です。

ここからはひはろ越までロードの登り返し7km。精神的な練習です。

右:これまた見事なサクラ。いや~今日は本当にいい天気で良かったと思います。

P3230142h.jpg     P3230143h.jpg
左:夕暮れの戸川岳。かっこいいねえ。
右:毎週末走り込んでいるので脚の疲労耐性も上がってきている。よしよし。

そして最後に,日付は変わりますが,死ぬまでに一度は見ておきたかった花を紹介します。

P3300151h.jpg     P3300153h.jpg
左:これだけで何の花かわかる人は花のプロですね。

右:そうです,40~50年に一度しか花を咲かせないと言われるリュウゼツラン(竜舌蘭)になります。植物の勉強を始めた頃からず~っと見てみたいと思っていた花をようやく見ることができました。またとない機会をありがとう。

という感じでした。

最近は週末毎にはかったかのように天候不順になりますが,4月に入れば安定してくれることを祈るばかりです。

★次回は,いよいよ 『 鹿川周遊ラン 』 をお送りします。
スポンサーサイト




トレイル&ロードラン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<鹿川周遊ラン | HOME | 鹿川コース調査 ❸>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |