FC2ブログ

九州の溯渓

主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。

自宅発・南阿蘇外輪山縦走

さて今回は 『 自宅発・南阿蘇外輪山縦走 』 をお送りします。

3週間前に一度走りましたが,悪天のため途中で切り上げていたコースに再挑戦です。これまでやったことのない形態での山行を探していて思いついたものになります。

コースは,自宅~新阿蘇大橋~高森~高森峠~駒返峠~地蔵峠~俵山~萌里~自宅。家の玄関を出て走り回り,また帰って来るという形です。

距離86.13km 累積標高2,803m 16時間37分30秒。

ではどうぞ。

P3220001i.jpg     P3220002i.jpg
左:3:23発。まずは夜中のロードから。道端の菜の花が鮮やかです。
右:これはサクラ。今年は花の開花が例年より7日ほど早い感じです。

P3220007i.jpg     P3220016i.jpg
左:そして3月7日に開通したばかりの新阿蘇大橋。予定では長陽大橋を通るつもりでしたが,せっかくなのでこちらを通ることにしました。

右:橋を渡ったあとは旧道を進みます。次第に夜が明けて視界が利いてきました。天気は回復に向かっているので一安心です。

P3220021i.jpg     P3220023i.jpg
左:道すがら,右手に南阿蘇外輪山を望む。

右:今が満開のサクラ。これは実に立派な枝ぶりでした。いよいよ花のシーズン到来ですね。

P3220028i.jpg     P3220035i.jpg
左:途中,白川水源に立ち寄る。別に記録を狙っているわけではないので,楽しんで走ります。

右:そして高森駅。いつもは車でしか来ることがない土地にこうして走って来ると何か感慨深いものがこみ上げてきます。しっかり朝食を摂って英気を養います。

P3220038i.jpg     P3220039i.jpg
左:高森峠への登りでみかけたミツバツツジ。今季初。いや~もう咲いているとはやっぱり花が咲くのが早いですね。

右:来し方を振り返る。奥の俵山には夕方頃にいるかな。

P3220045i.jpg     P3220048i.jpg
左:サクラの名所の九十九曲り。
右:まだ四分咲き程度でしたが,千本桜とも呼ばれるだけのことはあります。

P3220053i.jpg     P3220055i.jpg
左:徐々に眺めが良くなってきて,

右:ようやく高森峠着。ここから南阿蘇外輪山に入ります。出発して約40km,5時間40分ほど。今は20km以上のロード練習をほとんどやっていないせいか,荷物があるせいか,30kmを過ぎると脚が重くなるのを感じます。GWの大峯に向けて30km程度のビルドアップやペースランを何回か走っておこう。

P3220059i.jpg     P3220062i.jpg
左:いや~久しぶりの眺め。高森峠から走るのは実に9年ぶりです。
右:おや?中坂峠には何やら真新しい施設ができ始めている。

P3220065i.jpg     P3220067i.jpg
左:どうやら太陽光発電の大規模施設のようです。2019年12月から工事が始まったようで,高森町と山都町の共同事業のようです。

右:緩やかな尾根筋を走ります。この辺りは展望が少ないのが残念です。もう少し右手の南郷谷が眺められると良いのですが。

P3220069i.jpg     P3220071i.jpg
左:崩土(くえんと)峠を通過。
右:お次は長谷峠。

P3220072i.jpg     P3220075i.jpg
左:森を抜けて草原を走ると,
右:清水峠へ。ここも懐かしい。

P3220077i.jpg     P3220080i.jpg
左:いつの間にか新しい看板があり,まじまじと眺めていきます。この南阿蘇外輪山のコースは大きな登りはないものの,細かいアップダウンが多いので,距離約30kmで,累積標高は約2,000mくらいになります。トレランの入門コースとしてはちょうど良い感じだと思います。

右:高森方面の最後の眺め。これから登る高千穂野(たかじょうや)を越えると,右手の南郷谷の景色が一変し,高森方面とはさよならです。

P3220085i.jpg     P3220087i.jpg
左:名物・激坂。
右:登りきると高千穂野。

P3220088i.jpg     P3220089i.jpg
左:切り分けられた快適な道を駆け抜けます。
右:下りの途中で俵山方面を眺めます。

P3220095i.jpg     P3220098i.jpg
左:この時期は森が透けているので走りやすく,快適快適。

右:そして駒返峠。ここも久しぶりです。古の時代から南郷谷と矢部(現・山都)とを結ぶ重要な交易路でした。

P3220102i.jpg     P3220103i.jpg
左:駒返峠から100m程登ると道は平坦になり行程がはかどります。
右:森を快適に走り,

P3220108i.jpg     P3220113i.jpg
左:少しずつ右に曲がりながら登ると,
右:南阿蘇外輪山の最高峰・大矢野岳に到着です。

P3220115i.jpg     P3220119i.jpg
左:大矢岳手前で森を抜けます。ここからは爽快な眺めを楽しみながら走れる区間です。

右:進行方向8km先に俵山がちょこんと山頂をのぞかせています。

P3220123i.jpg     P3220127i.jpg
左:少し下り地蔵峠。

右:来し方を一望していきます。天気は完全に回復した様子で,写真を撮る機会も増えてきます。

P3220128i.jpg     P3220131i.jpg
左:地蔵峠から少し走るとグリーンロードへ。いつも峠走でお世話になっている道です。麓の津森郵便局からここまで登ると18km(累積標高1,030m),往復で36kmの峠走の練習ができます。

右:道脇の印象的なブナ。

P3220133i.jpg     P3220136i.jpg
左:一部,植林帯を通ります。

右:中央火口丘群を眺める。いや~この眺めは阿蘇ならではでしょう。いつ見ても素晴らしい。

P3220144i.jpg     P3220147i.jpg
左:冠ヶ岳分岐を過ぎると,アップダウンが連続します。毎週末の山行の成果か,まだまだ普通に登れます。

右:そして護王峠着。いよいよラスボス,俵山までの登りです。と言っても標高差で200m程ですのでそんなに大したものではありませんが。

P3220156i.jpg     P3220159i.jpg
左:あんな奥からはるばる来たな~的な眺め。
右:そしてこれまた久々の俵山山頂。8年振りです。

P3220161i.jpg     P3220170i.jpg
左:山頂で寛いだら下山。かつて知ったる道を駆け下ります。

右:草原に出たところから赤丸の自宅を眺める。あと17km程。ゴールが見えました。夕日に照らされたこの景色は格別でした。

P3220173i.jpg     P3220174i.jpg
左:萌里を見下ろす。

右:あっという間に萌里。とうとうここまで来ました。残念ですが山はここでおしまい。あとはロード15kmです。

P3220177i.jpg     P3220186i.jpg
左:残照の俵山を振り返り見上げる。ありがとね,また来るよ。
右:このサクラもきれいだった。

P3220187i.jpg     P3220189i.jpg
左:予想通り息を飲む日没に出会えました。
右:この瞬間に立ち会えて今日は良き日だったと思わずにはいられません。

P3220194i.jpg     P3220196i.jpg
左:闇夜の菜の花と空港。
右:いつもの練習コースの信号。あと2km。ここまで来て完走の実感が湧いてきました。

という感じで,今日もたっぷりと走ることができ,実に楽しかった一日でした。感謝。

今までと同じことをやっていては進歩がないと思い,思いついた自宅発の山行でしたが,これはこれで面白く感じました。登山口まで車で行ってから走り始めるのと異なり,自宅から出発する点で,日常と非日常との境界がなく一つの線で山行をやっている感を強く感じることができました。帰って来るときもスーッと,自然に日常へ戻る感覚が良かったですね。

自宅発でできる山行は限られていますが,次回は自宅発・阿蘇外輪山一周を予定しています。2011年に立野起終点での1周は完走していますので,今度はさらなる進化版として自宅発で走りたいと考えています。距離は130km程度でしょうか・・・これまた面白い山行になりそうです。

★次回は 『 九重全山33峰縦走2021 』 をお送りできればと思っています。
スポンサーサイト




トレイル&ロードラン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<九重33峰全山縦走2021 | HOME | 五ヶ瀬川源流域周遊ラン>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |